Detour

しばし...昭和にとどまらせて下さい...


実家に戻った時
心配事が発覚(-_-;)


どこかほんの小さくですが
水漏れの疑いがあるのです。


P4123823
 


水道の元栓を開けてもらう時
指摘を受けました。


地震後に最低限の
ケアと点検をしてもらった屋根は
雨漏りは大丈夫そうでした。
(見える所のみだけど…)


う~~ん
(~_~;)





去年の夏
シルバー人材センターさんに
「とにかく短く選定お願いします。」

お願いしたら


P4134041


玄関前の南天は
本当にバッサリ短くなってます(゜゜)




四月の帰省は
親戚関係の用事一つとお花見にてめでたく終了
とは
ならなかったわね…orz


地震に関する実家の記録










P4134095~2

 
地震の揺れによる室内の乱れなんて
吹っ飛ぶ

水漏れ…

地震の影響もあるんだろうね。


室内の割れた食器とか
そんなものは
わたしが片付けりゃ良いんですから。
(それも嫌なんだけど
無料でなんとかなるんよ)


P4123918


お花見はウキウキ、そしてちょっぴりしんみり
楽しかった。




水漏れ発覚により

今後実家をどうするか…
という原点に引き戻されたのですよ。


P4123919


お友達に言われた

「古い家を維持していくのは大変よ。 
お金もすごくかかるしね。」

という言葉が心に突き刺さるわ~


何しろ自宅だって築30年以上 
手入れが必要


実家築55年以上と自宅築30年以上

両方くたびれまくってるし




梅雨になる前に
実家にもう一度帰ろうと思う。


P4113769
 

久々実家で淹れたコーヒー

かなり長くコロナの味覚臭覚の異常は残っていたけれど


この時飲んだコーヒーが
香りも味もして


いつのまにか治っていたんだなぁ
って感じた。


やっぱり実家は
ゆっくり自分と向き合える。





よろしければクリックお願いいたします
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ

 
昭和99年 桜の記録③


自宅に戻る日の朝 
犀川の下流の方を歩きました。


P4134129


今回の滞在は
またしても短すぎましたが
用事は済ませることができました。



P4134124
 

街中の有名な名所は
行けませんでしたが

満足感に満たされました。



川べりは両サイド桜並木で
「犀星の道」
と言う名前がついているのを
初めて知りました(笑)


P4134100



下流の桜の方が
散り始めている率が高かったです。

やはり気温が違うのかな?



P4134133



P4134131



春を楽しむ(*´∀`*)


P4134106




室生犀星の碑に着きました。


P4134159~2


桜の花びらが舞い始めていて


P4134163~3



秋に訪れた時は紅葉が可愛いくて 
空気が澄んでいました。







ここには
形のまま落ちている桜のお花がたくさん


P4134177


何個か拾って
押し花にしました。

うまくできるかな?


P4134175


花びらではなく
お花の形のまま落ちているものがあるのを
前から不思議に思っていたのですが


調べてみたら
多くはスズメさんが犯人らしいです。


202103160315_box_img1_A



スズメが花ごと食いちぎって、
花のつけ根に入っている蜜を
吸っているらしいのです。



202103160315_box_img2_A

(画像お借りしました)

ま、
わたしも小学生の頃
ツツジのお花の蜜吸ってたから
スズメさんに文句は言えない(^^)



P4134141




下流は流れがゆっくりで
水の色はエメラルドグリーンです。



P4134140





P4134138




P4134178






向こうに犀川大橋が見えてきました。


P4134183


けっこう歩きましたね。


P4134187


そのままバス停でバスに乗り
駅に向かいました。




桜の記録の最後に
今年撮った桜の写真で
一番好きな写真


P4134179


犀川大橋の色に似た
グリーンの水の流れを背景に撮った
下流の桜です。


今年はお花見しながら
桜に感謝の気持ちが湧いてきました。


年齢ですかね(・。・)?


でもね、ホント
咲いている桜に

「ありがとう」

って言葉が出てしまう
アラ還なのですよ。



クリックしていただけると嬉しいです♪

 
昭和99年 桜の記録③


ご近所桜がメインの
今回の春でしたが

主計町の暗がり坂の桜も見られました。

花びらが散り始めていて
小さな花吹雪の中
暗がり坂を登りました。



P4123961~2



本当にお昼でも薄暗い坂で
風情があります。


P4123963


秘密めいてますね…


お茶屋さん?から
お囃子の音も聞こえる中の花吹雪で
薄暗い坂を登る…


この
またとない雰囲気を伝えたいと
実は動画も撮ったのですが
下手くそ過ぎて…

悔しいです(~_~)




紫陽花の頃の暗がり坂の記事です






坂を登った所にある
久保市乙剣宮で

乙女桜色まん丸ウサギのお守りを
いただきました。

P4123986

やはりいくつになってもピンク色って可愛くて好き。

いや、桜色と言いましょ^^




白鳥路の桜


P4123947~2


特別観光地でもないので
静かだし桜の木もたくさんはないです。


蛍を見た小川に
花びらが流れていて


P4123932


P4123933


桜の終わりは
日本人にとって
春の終わりを意味するのかな…?



P4144193~2


「行く春」
という和菓子です


P4144195


綺麗で
散りゆく桜が寂しくて


これを食べてしまったら
昭和99年の春は終わってしまうような気がして


なかなか食べられませんでした(笑)





クリックしていただけると嬉しいです♪


昭和99年4月 桜の記録②
(令和6年とも言いますわね^^)


実家で満開の桜を見た記録を
残しておきます。



団地の桜

小、中学生の時の同級生が
たくさん住んでいた団地の桜並木


これは朝6時くらいのお写真

P4123801~2


お昼は桜ピンクが青空に映えます。
 
20240412_134224~2


学校から帰って
団地の中の公園に行けば
誰かがいて遊べました(^^)
 



あの頃も
桜は咲いていたのでしょうが
それは記憶にありません。


20240412_061956~2


母は
「お花見はあの公園と団地の並木で満足」
なんて言って
スーパーの買い物ついでに
この辺りをぐるっと見渡して
お花見を終わりにしていたんです。


市内の有名なお花見処に
出かけることなんてしない人でした。

なんでだろ~??
いったい何の我慢?節約?

未だにわかりません(笑)


そんなでしたから
家族でお花見に行った
記憶がないんですね。


けれど、
馴染のご近所の桜たちが咲いているのを見ると

むしろ
つっかけ履いて普段着のままの母の春を
感じられて嬉しくもあります。



母が倒れた時
運び込まれた病院の中庭に咲く
枝垂れ桜

20240412_135226~2


ちょっと隠れた場所に咲いている桜ですが
桜の木の存在ってなぜか忘れません。


 
そして
近所のおうちの桜の木

20240412_060716~3


こんなに大きな桜の木あったっけ??


わたしが小学校の1、2年生だった頃

既に
お家自体はあったと思うのですが

まだお庭も作られてなく
塀もなく


広い空き地みたいな空間に
この大きな石が二つ
ポツンとあったんです。


20240413_072351~2
 

本当はよそ様の敷地なので
入ってはいけなかったのでしょうが
 

右側の石に
「滑り台の石」
って名前をつけて

お友達と
勝手に石の上に乗っかって
遊んでいました。


「どこかで春が」 
とか、学校で習ったばかりの童謡を
大声で歌いながら
石の滑り台滑ってました(笑)


わたしの春の思い出の場所。
ただ石の上で遊んでいただけなのですが
すごく楽しかった。
 

その場所を
桜が彩ってくれてました。


このあたりは空き地も多く
裏手には田んぼや畑や
肥溜めまであって
(今じゃ信じられないよね)


よそのおうちの石の上で遊んでいても
誰にも叱られなかった
呑気な時代でした。


一番近くにあるのに
一番遠い思い出の
桜の木ですね。
 


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚



和菓子です。

P4144191~2


おぼろ桜


P4144196

中は白餡

P4144197~2


来年もこの桜たちに
会いたいです。


クリックしていただけると嬉しいです♪


昭和99年 桜の記録①


今度実家に戻る時は
長めに滞在して

地震後の実家の片付けをしようと
思っていたのですが


訳あってほんの2日ほどですが
実家に戻りました。


夏になる前
もう少ししてから帰るつもりだったので
迷いましたが


「桜が満開」

の知らせに
自分の中で何かが弾けて
戻ることにしました。


帰省したのは
ほんの2日ほど
実家のある町には珍しく
お天気はずっと晴れで
幸せでした。




昼からは用事があったので
朝早く起きて
川辺りの桜を見に行きました。



ここは去年の秋、帰省した時
紅葉していた桜並木です。






その時

「桜が咲く頃来て
満開の姿を見たいな…」
という願いが

奇しくも叶いました。


P4123844


今年は桜の開花が遅れたので
見られたのです。


P4123875


母を介護していた頃来て
座ったベンチだと思う


P4123889

わたしの中で
ちょっと寂しいイメージの場所でしたが
何とも温かな
ピンクに彩られています。




お散歩中のおじいさんが
声をかけてくださいました。

P4123899

「いいねぇ〜」
って

本当に

いいねぇ~
としか
言いようがありません。



この川べりの緑地は
街の中で一番の桜の名所
というわけではないし


もしかしたら
全国何処にでもある
風景なのかもしれないけれど


P4123867


小学校の頃
遊びに来た頃のある
懐かしい場所で


その頃は
河川改修もされてない
もっと自然?というか
ありのままの雰囲気でした。


新しく市の施設ができたり
きちんと安全に整備されたりして


当然ながら昔とは
変わっている部分もたくさんあります。



P4123908


それから母の介護に
戻っていた時
自転車を漕いで
気分転換に来た場所でもあり


その時は余裕もなく
桜並木であることも
はっきりと
認識していませんでした。



P4134069


時の流れと
川の流れと
満開の桜が感慨深くて

P4134097


この景色に辿り着くために
今まで生きてきたのかなぁ

とすら感じた

アラ還の春でした…





クリックしていただけると嬉しいです♪


鎌倉を訪れたら
雪ノ下教会に立ち寄ります。


桜の季節
段葛は人ていっぱいでした。

P4103703~2



シンプルで美しい教会

ご聖堂は
ピンク色…というか桜色の光に
包まれています。



いつもこの暖かな空気に癒されます。


P4103746


お祈りさせていただこうと
扉を開けたタイミングで

突然、オルガンが鳴り始めました。


P4103743~2


オルガニストの方が
練習され始めた所で

本当にタイミングピッタリで
びっくりでした。


美しい調べ

無心に練習されています。


P4103748~2



確か同じシチュエーションの記事を
アップした覚えがあったので調べてみたら
なんと2017年の秋






もはや6年半ほど前になるんですね。

その時、小学校1年生の子が
卒業しちゃいました。

速すぎますね…(*_*)


オルガニストの方も
写真の後ろ姿だけですが
違う方のように思います。



わたしだけのために
演奏していただいてるかのような
贅沢な時間でした。


絶えざる御助けの聖母

20240410_104630~2


ビザンチン様式の絵画法で描かれたこの聖母は
15世紀中頃に
オスマン・トルコのイスラム教支配からクレタ島に逃れた
無名の画家の手によるもの。

聖母マリアのにまっすぐにこちらを見つめるまなざしに心惹かれます。


そして
かろうじてイエスの足にぶら下がっているサンダルは、私たちの魂の象徴。

危うくも繋ぎ止められています。



小さなオメダイをいただきました。

P4154201~2


そっとお財布の中のポケットに
入れましたよ^^


ウ~ン、何か〜、
置き場が違う気がするよ〜(;・∀・)
カエルさんじゃないのよね〜、汗


P4103751~2


教会の外のタイル画も
満開の桜に包まれています。


P4103755


斜め前は鳩サブレーのお店豊島屋さん
赤い目の鳩さんも桜パワーで
可愛さパワーアップしていますね。


P4103758~2

麗らかな春の日

やはり、春は良いなぁ
桜は良いなぁ




クリックしていただけると嬉しいです♪



鶴岡八幡宮の境内に
旗上弁財天があります。

P4103713

池の橋を渡って入ります。

何度か訪れたことはありますが
こじんまりとした落ち着く弁財天様です。



桜は葉桜気味

P4103711


裏手にまわると赤い柵に囲まれて
政子石があります。

P4103734



この石は
源頼朝が北条政子の安産祈願を願った石で
後世の人々が「政子石」と呼び
子宝や安産や恋愛成就、夫婦円満
を願うパワースポットらしいです。


ウ~ン
わたしに関係あるとすれば
夫婦円満だけ?

恋愛成就は息子たちのために
お願いするばかり…


いや、これからわたしにだって
何が起こるかわかりませんから(-д☆)キラッ


アラカンになったからこそ
男女問わず、年齢問わず
この世に存在する
素敵な人と巡り合いたいです。


安産は無理ですけど(笑)




こんな貼り紙

政子石守

ほぉ〜〜〜なるほど

P4103735~2


1500円で
お高め…

お値段の部分に
何か訂正のバンソウコウみたいのが…


どう考えても
値下げはしてないよね〜(^_^;)


前、いくらだったのかが
気になる超俗人のわたし(p_-)


でもせっかくだから
お守り的には予算オーバーだけれど(笑)
一ついただきました。


P4103729~2


政子のようなパワーが欲しい。

そして

強い意志
と石をかけて。

わたしに足りないもの
それは自分のやりたいことを実行する
強い意志(笑)



綺麗な桜と紅葉と
そして政子石の模様が彫られていて


薄いので一瞬
プラスチック?
かと思いきや

確か
天然石赤メノウ
って
貼り紙の下に
小さく書いてあったはず(笑)




八重桜が咲き始めていました。

P4103717


まだ蕾もたくさん

P4103718~2


桜は終わっても
春のお花祭りは
続きます…。




クリックしていただけると嬉しいです♪


春の嵐が過ぎ去り

東京の桜は
もう散ってしまったのかな?

どうしても
華やかな桜並木が見たくて

神社本庁を離脱した(*´艸`*)ホホホ…
鶴岡八幡宮へ… 


鎌倉の桜は
東京より少し遅いらしいんです。



ついでがあったとは言え
かなり無理ある計画だったけれど

強行しました\(^o^)/


コロナ病み上がりのわたしの何処に
このパワーが残っていたのでしょうか??


あと、何回、桜が見られるでしょうか?
そんな年齢にさしかかりました。

悔いのないように
しなくては(笑)




狛犬さん
コロナの頃はおっきなマスクしてましたね。

マスクも外れ
晴やか


P4103690

  
そして満開の桜を楽しむ
人、人、人

P4103740


季節的には
七五三ではないと思うのですが
お着物を着た子供の姿がチラホラ


P4103705

桜と着物
良いですね^^


皆、桜に夢中
日本人の血が騒ぐのですよ。

P4103694


少し散り始めてもいます。
桜の絨毯も…

P4103698


桜のトンネル

遠くから見ても
華やかで春爛漫です。

P4103742



P4103702


大好きな旗上弁財天と雪ノ下教会と
にも立ち寄りました。


P4103700~2

お写真、また次にアップいたしますね。




そして鶴岡八幡宮にお参りをして


P4103721~2



ここでも可愛いお着物姿、

P4103705


頑張って見に来た
今日の桜を忘れないように
桜色のお守りを選んで
いただいて来ました。


P4103764~2

心身の健康のお守りです。


帰り道、まだ用事が残っていたので
すごく疲れましたが

気持ちは元気になりました。


やはり
心の声には
素直にならないといけないな。

(*^^*)



クリックしていただけると嬉しいです♪


三月も最後の週になってしまいました。

やっとのブログ更新...orz...


行ったり来たりがやたら多い
今日この頃なのですが

都心の方に出かけた時は
どこか一か所
自分が行きたいと思う場所に
足を運ぶことに決めてます。

そうしないと
ただ、
出かけてへとへとになった記憶しか
残らないのですよ(;´・ω・)



とは言え
お天気とか諸事情で
実行できない時も多いのですが…




この前は
すごく気になっていた
国会議事堂見学
してきました( *´艸`)


20240314_135154~2


地下鉄千代田線
国会議事堂前駅で下車しました。

「国会議事堂前」
そして次の駅は
「霞が関」

この日本ド真ん中感に震える
(;'∀')...ホホホ
正真正銘の田舎者なんですの。



まず、
国会議事堂見学のための入り口をさがすのに迷う(笑)


20240314_140339


所々に立っている守衛さんがとても親切に教えてくだる
...にも拘わらず
ウロウロ


名前等書いて申し込みを済ませます。

20240314_140811~3


わたしの回は15時からでした。

集合時間までにけっこう時間があり
待合所のような所が用意されていて
そこで待ちます。

中にお土産物屋さんもあり
お土産物好きなわたしは
目を皿にして見たのですが👀


欲しいものが無かった...


わたしって
典型的な政治に興味のないおばさんなんなんだなぁ~
って妙に実感したわ。


20240314_140815


歴史的な建物は大好き。

せめて
日本の政治が行われてきた舞台は
肌で感じたいのです。

死ぬまでには一度来てみたかったんだぁ~
(ちなみに見学は全て無料)





地図があって敷地の広大さを感じられます。


20240314_141943


地図左端の国立国会図書館にも
行ってみたいのです。
新しい目標ができました。




時間になったら見学者は
新しい広々としたホールに集められます。


P3143494~2



貴重なものがたくさん展示されています。


今は存在しない「貴族院」の看板。


P3143500~2

 イニシエを感じる…




そして議員さんの椅子。


P3143497~3


議員さん気分で
座ってお写真も撮れるのですよ。


この信号機みたいなボタン
押したくなりますわね^^

P3143498



そして天皇陛下の御椅子。

立派です。


P3143499~2

素晴らしいですね^^



それでスタンプもあって
順番をついて押したのですが


P3143501


わたしの、一番綺麗に押せてたんだよ~
っていう
謎のマウント写真(*´∀`*)




二列に並んで
国会議事堂内を回ります。

「参議院議場」

ご覧あれ~
国会中継の時の
あの景色ですよ~


20240314_150533

なんか、この景色
感動しちゃった(笑)


白いカーテンの後ろは
天皇陛下の御椅子が置かれています。


P3143517~3


これもテレビで見覚えのある場所ですよね。


「次〜、〇〇君」
ってアナウンスする
司会の方がいらっしゃる席




こちらのくり抜かれたようなお席は貴族席

わ~オペラの特等席みたいですね。

ほとんど使われていないそう。


P3143521~2





後ろ側の白いカーテンの奥は
天皇陛下、皇后陛下が見えた時のためのお席


P3143520~2


でも
こちらは一度も使われていないそう...


そうなんだ...
意外なような、そうでもないような...
不思議な感覚に陥ります。



天井は素晴らしいステンドクラス。

P3143504





国会議事堂が建てられた時
全て日本製の粋を集めて造られたのですが
ステンドクラスだけは輸入されたそう。



P3143505


美しいです。






こちらは確か
「中央玄関」

白いドーム状の美しい空間です。

20240314_152700


こちらもほとんど使われることはなく
扉が開かれるのは年に数回。

衆議院と参議院の選挙後の初登院の他、
天皇陛下や外国の来賓客が訪れる時に
限られているそう。




そしてこちらは
「御休処」

天皇陛下がお休みになるお部屋です。


開会式の当日、
陛下は議事堂にお着きになると、
まずこちらにお入りになります。


20240314_152918~2




そしてこの御休所は、
当時の建築、工芸の粋(すい)を結集し、
議事堂の中で
最も華麗な造りとなっています。




P3143532


天井、壁の美しさ


P3143533



P3143536



緻密な彫りが施された家具


P3143539



入り口の大理石も
一個の大きな石をくり抜かれたものが使われていて


P3143540



なんとこの広大な国会議事堂の建築費用の一割が
このお部屋に使われていると
案内の方が教えてくださいました。



P3143535



これ以上ないほどの豪華を尽くした御休処ですが


一人椅子に座られて
時間を待つ、天皇陛下の
孤独と重責はいかばかりか…

等と考えてしまう…






廊下の美しいモザイクタイル



P3143542





そしてこちらは
皇族の方々のためのお部屋

20240314_152749


シャンデリアが美しいですね~


P3143527



このお部屋の廊下を隔てた向かい側に
皇族の方専用のお手洗いがあるそうで
この建物が建てられた当時の水洗トイレとのことですが


皇族の方々が滞在されたとしても
短い時間なので
そのお手洗いは使用されてない
とのことでした。




そして「中央広間」


P3143557


議事堂で一番高い中央塔の真下にあり、
2階から6階までの吹き抜けになっています。


天井までの高さは32.62メートル
これは、法隆寺の五重の塔がちょうど入る高さ。



P3143559


美しくもあり雄々しくもあり
迫力満点です。



素晴らしいステンドクラスと
大理石の彫刻

P3143561


四隅には
四季を表した油絵もあったらしいのですが

この時はよくわかりませんでした。
残念。


P3143551


この広間は
もう一度じっくり訪れてみたい気がしています。


P3143550



いくつかの銅像が置かれていて


こちらは
板垣退助氏の像

P3143555


建物全体
見応えがあり
心に残る見学となりました。

皆様も是非^^



 1時間ほどの見学が終わると
正面玄関の方で
解散となりました。


20240314_154819


県の木々が植えられている
前庭を歩いて
帰りの途につきます。


P3143569

早咲きの桜?でしょうか?


春の陽射しを感じながら
ゆっくりと
桜田門駅に向かいました。

20240314_160100




由緒ある建物である国会議事堂を見学し
気分よく自宅に戻ってきたのは良いのですが


次の日くらいから具合が悪くなり....


一週間ほど悪寒、発熱、喉の痛み、咳で
寝込みました...

ちょっと普通の風とは違ってる気がしたな(-_-;)
キツさが。


お布団に入っても寒気が止まらなくて


母が
「そんな時は古いカシミアのセーターを着て寝るんだよ。」
と言っていたのを思い出し


P3243652~2

昭和な形の母のカーディガンを引っ張り出し、
パジャマの上に着て
眠り続けました。


お医者さんにも行かず
ロキソニン飲んで寝てるだけでしたが
元気になってきました(*^^)v


でも、

コーヒーの香りもほとんどしないし
味も何だか変


これってコロナの
味覚臭覚障害なのでしょうか....????
 

やっぱり
コロナだったのかなぁ??



よろしければクリックお願いいたしま~す。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
にほんブログ村



巣鴨に立ち寄ってきました。


P2263289



店頭のお飾りは梅を通り越して
桜の勢い~♪


P2263275



とげぬき地蔵様にお参りする前に
腹ごしらえ(笑)


「ときわ食堂」

けっこう有名なレトロ食堂らしいです。


P2263286



11時半頃なのですが
皆どんどん入ってゆく


P2263284~2



わたしも混む前に突入。


20240226_113027


メニューも見ずに
店員さんが第一声でおすすめしてくれた
ギンダラの煮つけ定食を注文いたしました。


20240226_113335~2



お魚本体もお味付も
本当に美味しかった。

油の乗り具合、甘辛さ
最高~ッス(*^^)v


多分今まで食べたお魚の煮つけの中で
一番美味しかった~♪


P2263282


で、
お会計の時、意外に高くてビックリしたのですよ(笑)


20240226_114504~2


でも、本当に美味しいかったから後悔はない( ー`дー´)キリッ(笑)





お腹もいっぱいになった所で
地蔵様へ


P2263280


ここ最近あまり良いことがないゆりえ一家の
棘が抜けますように
お祈りいたしました(*^。^*)


P2263295


そして
境内のこちらで
「御影」
というお守り?なのか?を頂きました。

P2263297


御守りに
虫封
ってあるのが懐かしい。


P3043469


P3043465~2


こちらが↓
御影


P3043466~2


確かお財布に優しい200円のお納め


中には小さな薄い和紙に印刷されたご本尊様

P3043467~2


これをね
痛い所に貼ったり
お水で飲んだりするらしいんです。


昔ながらですね。
飲むのは少し勇気いりますか?(笑)
わたしは平気ですが…フフフ



この頃神社のお守りって
わりとお高いものが多いし
お守りの袋屋さんみたいな業者さんから
仕入れていることもあるようなので
(確かに全然違う神社なのに
全く同じお守り袋のこと多いですよね)

こういうレトロでオリジナルな仕様は
貴重だし大好きです^^




洗い観音様


P2263293


お水をかけて
不具合のある体の部分を布で拭くとご利益があるのですが
拭いているうちに全身どこもかしこも
何~となく元気じゃないと気付く(笑)




外は少しだけ肌寒いけれど
確実に春。


P2263302


おじいちゃんが輪になってひなたぼっこ
わたしもあのくらいの年齢になったら
(そう遠いお話じゃないわね、笑)
ここにずっと座っていたい。


P2263305



おとなりの会館で
たくさんのひな祭りこけしが飾られているのを
楽しませていただく。


IMG_20240226_190754_879~2


こういうの
良いよね。
保管や片づけも簡単だし。

IMG_20240226_190754_787


本物の「和」も感じられるから。
女の子のお孫ちゃんがいたら
プレゼントしたいな〜(遠い目)



帰り道お約束の塩大福を買います。


P2263311

本当に美味しいんですよ。
お安いしね(*´∀`*)
近かったら週1で買いに来るのになぁ


このお店のこの看板が大好き

P2263312~2


駅に向かう帰り道

巣鴨商店街の入り口にある

真性寺

参道がピンク色に染まっていました。


P2263313


多分このお寺の一番華やかな時に
巡り会えたのでしょう^^
お参りしなくちゃ。



啓翁桜です。

P2263316


中に入らせていただき


P2263318


家族の健康を
お参りして


P2263319~2


一足早く咲くピンクの花びらに囲まれ
うっとりほっこりしました。


P2263317


やっぱいいわ
巣鴨

落ち着く(*^^*)

本物のおばあちゃんにはなれてないけれど
年齢はおばあちゃんだからね~


しっくりくる(笑)







よろしければクリックお願いいたします
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ

このページのトップヘ