Detour

しばし...昭和にとどまらせて下さい...


今朝起きてみたら
膝の手術をした妹から
ラインが来ていて
「痛みもだいぶ引いてリハビリ病棟に移りました。」
とのことでした^^ヨカッタ


久しぶりに晴れていて
気持ちが上がる~♪

庭に出てみると
赤の八重咲のシュウメイギクが満開でした。
雑草に勝ってるわ。

OI004916

むか~し昔
ホームセンターでたった一株買ったもの。
今は庭のいたる所で咲いとります。



シュウメイギクを花束みたいに活けてみたくて
たっぷり摘んでドサッといつものように入れました。

Point Blur_20201018_122159

朝の光の中で綺麗だな~



前は白のシュウメイギクが一番好きで
どんどん増え続けるこの赤を
植えたことを後悔したりしてたけれど...


フッリフリ(#^^#)カワユイカワユイ
OI004915

今はこのお花も大好き。


今年は秋晴れが少ないな...
これからに期待しよう。


生命力の強い
シュウメイギクの可憐なお花に癒されています。

OI004917


年を取るとあちこち具合が悪くなるけれど
まぁ、好きなものはどんどん増えるし、
許せんことはだんだん減って来たし(笑)

諦めとともに
楽しめることは増えたってことかな...(*´ω`*)...タブン...



クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ

10月16日は
わたしの父と母の結婚記念日。


この前、曇りの日でしたが
秋バラの美しい公園で撮ったお写真を
アップいたします。

OI004906

秋バラは花数も少なく
お花の大きさも小さい気がするけれど
花持ちは良いようです。

OI004903


父も母も二人とも亡くなって
それなりの時間が経ちました。

生前、大変仲が悪かった二人ですが(笑)

今となっては
良い思い出だけが残って...ま...
...せんわね(^.^)ホホホホ...

ただ
記憶にぼんやり霞みがかかってきた
気もします。

OI004911

父が7〜8年間、闘病していた時も
母は一人で面倒をみてくれていました。
遠くにいる娘に
面倒をかけるのを嫌う人でしたから
たまに電話で愚痴を聞くくらいでした。


父が亡くなって
母が自由になれたのは
ほんの2、3年。

今度は母が突然倒れてしまいました。


OI004905

時々
仲が悪かった夫婦でも
どちらかが亡くなった後は、気落ちして
「あー、お父さんがいてくれたらー」
なんて言いながら涙する...
という話を耳にしますが

母は一切そういうこともなく(笑)

OI004899

やっと責任を果たした
解放感半端ない感じ?か?


もし父と母が別れてしまっていたら...

(母は経済的に完全に自立していたから
可能だったと思うけれど)

昭和の時代の価値観で
娘たちの将来に与える影響も
心配したでしょうし

今思えば

一人になってしまった父の
長きにわたる闘病生活は
全てわたしが引き受けることになったと思う...


OI004909


介護の大変さが身にしみた今
厳しかった母の
先を見据えた大きな(男性的な?)優しさを
感じずにはいられません。

OI004895

幼い頃から三姉妹の長女として
独立して働き
苦労してきた母は
先に起こるであろう苦労が
わかり過ぎたのかもしれませんね。

OI004900

今になって
二人に
聞いてみたいことがたくさんありますが
もう叶いません。


うちは息子たちだから
過去の両親のあれこれなんて
全然興味ないかもしれないけれど

話しておきたいことは
いくつかあるな〜なんて
思いましたよ。




クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ

萩のお花が満開。

もう終わりに近そうで
地面にたくさん細かな花びらが散っていました。

華やかな紫色
OI004670


清楚な白
OI004671


゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

数件先の奥さんが先月の中頃に
亡くなられていたことを
回覧で知りました。

ご家族だけで
見送られたそうです。


まだ60代後半。
闘病中であることは
知っていたけれど
亡くなられる少し前まで
ご主人様とお散歩されている姿を
お見かけしていました。
娘さんご夫婦も近くにお住まいだったから
心強かったと思う。

「娘は手放しちゃだめよ」
って
娘さんのいるご近所さんに
いつもおっしゃっていたらしい...

娘が遠くに行ってしまったわたしの母は
晩年、確かに大変すぎたし...


息子たちの教育費でお金を使いすぎ
老後の貯金に危うさを感じている...
そして
娘がいないわたしたちは
どうなるん?
かしら?
('_'?)


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚


シュウメイギクも満開^^

可愛いピンク色
OI004767
まん丸な蕾もまだまだたくさん。

大好きな白
OI004884

花束みたいです。




急に亡くなられたので
びっくりしたけれど
入院生活がかなり短かかったことは
良かったんじゃないかな...
わたしならそうありたいです。




わたしのシュウメイギクのイメージは
寂しげで
一輪挿しが似合いそうな
こんな感じなのだけれど

OI004876

いやいや
どんなお花も(人間も?)
色んな顔があっても良いよね〜(笑)


今度お庭に咲いているのを
たくさん摘んできて
花瓶に花束みたいに
どっさり活けてみたいです。



クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ

十月桜が咲いていました。

あまり見かけたことがありません。
珍しいのかな?


春の桜と違って華やかさはなく
ちょっと寂しく儚い感じ。

花付きが悪いせい?

OI004773

花言葉は
「神秘な心」「寛容」
とありました。

OI004750

妹の手術が終わり
2日経ってラインを出しても
既読もつかず
えっ?何かあったのでは?
と心配になり
病院に電話してしまいました。

看護師さんに
様子を教えていただければ
と思ったのですが
教えてもらえず
後で妹からラインがありました。

術後の痛みがひどかったらしいですorz

OI004774

直接の面会は一切できないので
今、入院している人達は孤独です。

携帯電話ができて
本当に良かった。


昔、次男君の出産のため
わたしが3ヶ月以上入院していた時は
公衆電話まで歩いていくことも
許されてなかったので
テレビを見ることしかできず
本当に孤独でした。


バラの実

OI004747

コロナの様子をみて
実家にも一度戻りたい。


妹が歩けるようになったら
生家の辺りを
二人で散歩したいのです。



クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ

もう季節が終わりのカンナ
色褪せていますが堂々と咲いてます。
OI004848

涼しいを通り越してすっかり寒くなりました。


この薄手のオレンジ色のカーディガンは母のもので
秋の初めの頃着ていた覚えがあります。


随分前に実家から持ってきていたのですが
わたしが着たのは今年初めて。
OI004845

自分では絶対買わない色だし
着てみたら大きすぎて
ちょっとサイズ違うな~と思ったのですが

秋を感じさせる色なので
9月、10月に合うのです。

でも、もう寒くなりすぎたから
毛糸ふわふわのものを
出してこなくちゃ。



手持ちのくすんだオレンジ色の
レースのインナーの上に羽織って
これまた手持ちの
モスグリーンのパンツに合わせると
良いかんじでした。

なにより季節にピッタリ^^
Point Blur_20201008_174343

いままで眼中になかった(笑)
くすんだ濃いめのオレンジが
好きになりました。


好きな色も形もどんどん増えていく^^


いつか
色も形も何~も気にしないで
どんどん重ね着をし
その上、首に柄のスカーフまで巻いている
田舎のおばあちゃんみたいに
なっているかもしれない(笑)

OI004846

ま、それもKENZOみたいでいっかな~^^



クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ


葡萄の旬の季節に
少し遅れてしまったけれど

ガラスの葡萄柄の器です。


キャンディ入れ?
昭和の時代の
庶民の(笑)ボンボニエールかしら?

ボンボニエール...良い響き♪

OI004854

キラキラ綺麗。

確か実家の棚にあったものだと思う...
違ったかな_(^^;)ゞ

色んなことを忘れがちな今日この頃。



葡萄柄の器に葡萄を入れてみた...
OI004852
やっぱ、合うな(笑)


宝石箱や〜^^
皮ごと食べられる葡萄です。

OI004851

はみ出た分は私が食べて
あとは冷蔵庫へ...

OI004850

昭和の頃食べたぶどうと言えば
デラウェアくらいしか思い浮かばないし

種があって食べにくかったけれど
この葡萄たちは
種もないし、皮ごと食べられる。
なんだか不思議。

その上とっても甘いの(о´∀`о)アマ〜イ

ボンボニエールに入れるのが
ピッタリです。




よろしければクリックお願いいたしま~す。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
にほんブログ村


主人が
「やっぱり〜、一年に一回
群生している彼岸花が見たいな〜」
と言い出し
インターネットで
彼岸花の名所の公園を見つけ
出かけました。

OI004823

もう、真っ赤です(笑)

OI004824

ここまでびっしり咲いていると
赤い絨毯。 


でもよく見ると
そろそろお花も終わりかけのものも多い...
OI004826

彼岸花は花びらが散らず
色褪せてきます。

グレーヘアーの女の人みたい...

OI004819

ん...?わたし世代か...?

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜


妹が膝の手術をすることになりました。

わたしが膝を痛める
半年くらい前から悪かったらしいのですが
良くならず...


母はそう年齢がいかないうちから
変形性膝関節症でした。
ただサポーターをしたり
ひどい時はシルバーカーを押したりして
最後まで手術はせず
過ごしていました。


わたしは母の介護の時、膝を痛めたうえ
軽度の指関節の病気もあります。
変形性膝関節症になりやすい??か?
一進一退の状態だし...
(;゜∇゜)



妹の病院はコロナで
お見舞いできる人の制限があります。

でも
妹は娘と住んでいるので
安心かな。

OI004818

妹は伯母の葬儀の後
膝の痛みが突然悪化したらしく
最後に会った時は
びっこを引いていました。

それでも頑張って仕事は続けていたのですが
生活に支障が出始めたようで...orz


ずっと疎遠だった妹ですが
手術となると
やはり心配です。


自然にゆっくりと
妹との関係が
幼い頃に
戻ってゆく気がします...

OI004832



ここの公園は去年訪ねた彼岸花の名所に比べ
かなり人工的(笑)



それはそれで
ほのぼのしています。

OI004833

花壇みたい。
OI004820


家族連れ、ワンコ連れの真っ赤なお散歩道
OI004817

私たちのことを
母も草葉の陰から
心配しているな...きっと

OI004816

わたしも手術の時間はお祈りしようと思う。

OI004811

きっと大丈夫。



クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ



コスモスが咲いています。
もうそろそろ盛りを過ぎているのかしら...


可憐な姿
OI004715


黄色とオレンジのコスモスは
まだ元気でした。

OI004677

秋も蝶々の季節です。

OI004680

実はコスモスを見ると
思い出すことがあります。
OI004698

それは亡くなったRちゃんの
お父様に送ったコスモスの絵

早、2年前のことになります。



Rちゃんのお父様は
Rちゃんの闘病中から
面倒をみてあげる人がいなくなってしまい
施設に入られました。


一度だけRちゃんの亡き後
ご主人様とお話した時
この絵のことをお聞きしたら
「あ〜、義父の部屋に飾ってあります。」
と、おっしゃっていたけれど...

OI004716

結局、あのコスモスの絵は
わたしがのろのろしてたから
たった一回の秋しか
Rちゃんのお父様と一緒に過ごせなかった。

また、一人ぼっちになってしまったね。

もしかしたら
ご主人様は今後
処分に困られるかもしれない。

それならわたしが再び引き取ろうか...


こうなってみると
母があんなにも好きだった絵だったのだから
わたしが手元においておくべきだったのか...?

わたしの手で
最後は処分すべきだったのかな...



なんて
どーしよーもないことを
あーでもない、こーでもないと
考えてしまいましたよ...( ´_ゝ`)




クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ

十月のハームとモニーは
フクシアです。

OI004804

「フクシア」ってちょっと意外でした。
苗は春に売ってますよね。

わたしは一時フクシアに凝って
いろんな種類を次から次へ育てていたことがありました。

そして全て枯らしました...orz

フクシアは外国では大きな木になっているものもあるらしいのですが
暑さにも寒さにも弱いので(笑)
夏と冬が越せないのです。


でも本当に可愛いのですよ。
ゆらゆら揺れるイヤリングみたい。
OI004806

赤と白のフクシアの苗
確かサントリーの苗にあったわね。(笑)




お庭に出るとキンモクセイの良い香りが...
OI004794


主人に「キンモクセイの香りがしたでしょ?」
って聞いても
「気がつかなかった」
って言うので

OI004795


一枝切ってきて
お部屋に置きました。
OI004807

レトロなお人形さんも
香りを楽しむトロンとしたお顔に見えてきます^^


小さな一枝でも良く香ります。

やっと主人もわかりました。

どうやら...
秋の花粉症が始まっていて
鼻がつまっているみたいだわ(笑)



クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ

今年初めて
彼岸花を撮ることができました。
お彼岸も過ぎてしまったけれど。

OI004779


うーん、さすがの存在感。
OI004782

彼岸花が
お庭に植えられているお家はほぼないので
(なんとなく、わかるわ〜、笑)

やはりお寺とか
それなりの場所に行かないと
出会えないのです。

OI004790


白は白で
冷たい炎のようでゾクゾクするわね...
OI004776

主人は彼岸花が大好きなのですが
白や黄色は何か...違う
って感じるらしい...( ̄ー ̄)


今年こそ巾着田に行くつもりだったのですが
コロナのためにお花が切り取られてしまったとのこと。
な、ん、で???

なんで切るの(`´)
立ち入り禁止じゃだめなんか??

OI004781

膝のこともあって
そう動けなかったし

本当にこの年になると
「来年」って
あてにならないな
ってしみじみ思う。


わたしも主人も
川縁に人知れず群生している彼岸花が
最高に好きなのですが...


こんな風に
お家で大切にされていて
OI004803

ちょこんと顔を出している
彼岸花たちもすごく可愛いな
って
思いましたよ(*^^*)



クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ

このページのトップヘ