Detour

しばし...昭和にとどまらせて下さい...


マリア様をいくつか集めている中の一つです。

クリスチャンではないのですがミッションスクールに通ったことがあるので
お祈りしたくなるとマリア様の像を前にするのが落ち着くのです。


これはかなり古い物だと思います。
薄っすらとしたシルエットが上品で
自分の中でより一層マリア様の優しいイメージが膨らんできます。

今一番わたしの心にしっくりくるマリア様かな...


PC233482

和的な面立ちですね。
わたしは和の感られるマリア様が親しみ深くて好きなのです。


PC233483

日本人のシスターが作られたものだと思います。


わかりますか?「トラピスト」
カタカナで書かれているのが時代を感じさせます。


PC233477


今もトラピスト修道院のシスターがマリア像を作っておられます。
きっとずっと前のシスターが作られたものでしょう。

今は英語でTrappisstと彫られています。

トラピスト修道院のシスターが作られたものは
いくつかの時代のものを持っています。
どれも好き。


後ろ姿が柔らかで優しです。

PC233485

10~11cmの小さなマリア様。

どんなシスターが作られたのでしょうか?
わたしの元に来るまでに誰がどんなお祈りしたのでしょうか?


その人達と繋がれる気がします。


よろしければクリックお願いいたします。
↓ ↓ ↓


にほんブログ村

素朴で和的なマリア様です。

一人で大きなロザリオをかけてお祈りしている姿が
静かで穏やかで、けれどどこか秘めたたくましさもあり
好きです。

PB261644


18cmくらいの大きさ。
裏にTrappistとあります。

修道院のシスターが作られたものだと思います。

素焼きですがちょっとツルツルした仕上げ。


PB261636


けっこう前のものなのかな。

日本的美人...
お友達や知り合いの中に一人こんな感じの綺麗な子がいますよね。
きっと

PB261645


私とはかけはなれています。
当たり前??(笑)


今度生まれてくるとしたら
こんな風な女の人に生まれたいですね。


そしたら憧れの人に熱烈好きになってもらえて
結婚できるかもしれません。
そんな気がします(爆笑)


よろしければ応援クリックお願いいたします
↓ ↓ ↓


にほんブログ村


街中にあるパン屋さんへ久しぶりに行きました。

昔、「○○ベーカリー」って名前がついていて新鮮でした。


ここはわたしが確か小学生の頃からありました。
家の近くにも支店があった気がしますが...もうありません。
それとも違うお店だったかな?



初めてクロワッサンとかデニッシュを食べて
何て美味しいものがあるんだろう...って
感動したのを覚えています。


お値段お高めのパン屋さんで小学生の憧れでした。


店内はクリスマス
昭和レトロなクリスマスツリーの飾りつけが...



PC122377


昭和レトロな最高級の飾りつけです(笑)
こんなツリーが一番好き。
今時のオシャレなツリーも良いけれど
変な顏したモールのサンタさんがついていたり
色んな色のライトがピカピカして
雪を表す脱脂綿がのっけてあったり...



袋は紙ではありませんが、模様はレトロ


PC122422


今は発酵バターを使ったもっと美味しいクロワッサンなんかがあるでしょうけれど
昔はこれが究極の味でしたね。


クロワッサンとタマゴドーナツを買いました。
美味しいです。普通に(笑)


PC132428



今のわたしは贅沢になりすぎているのかもしれません。


かつてメガネ屋さんだった所です。

看板がなんとも言えずレトロ

P8303079


商品棚です。


P8303082


ステンドグラスがメガネの模様になっています。
ほらね↓

wzqyVDnmPxiAqm91450616931_1450616955


さりげなくてモダンで素敵です。



昔はほとんどの町のお店がそうでしたが
家の前はお店で後ろは住居。

お店の奥を覗くと生活感が垣間見えたものです。

P8303077



そんなお店の構造上からも
坪庭や裏庭があるおうちが多かったです。


P8303073

ちょっとじめっとした空間でしたが
これがないと息がつまる感じがしますね。


どこのお店にもこんな熊手が飾られていた気がします。


D4Udjh5nrVN7wV51450616742_1450616835



母も商売をしていましたが
こんな風な飾り物はほとんどしない人でした。

昔は町のお店がたくさんあって
そのお店の子供は
「パーマ屋さんちの子」とか「畳屋さんちの子」とか呼ばれていました。

皆小さいながらも看板しょっていたんですね。


わたしも幼稚園の頃までは
母が自宅の前でも洋裁店を出していたことがあって
「洋服屋の子」と呼ばれていたと思います。

母が大人用の生地の残りで仕立ててくれた服を着ていました。

看板しょわされていたんでしょうかね(笑)


にほんブログ村


ずっと応接間にあった時計です。

動いているのを見た時がありません。
物心ついてから止まったまま

飾りとして置かれていました。


b0333361_23113366


空の雲のような綺麗なデザインです。


文字盤
SEIKOUSHA

セイコーの時計ですね。


b0333361_23113349



ラインのような模様。
これももちろん石でできてます。
どうやって作ったのでしょうか?


b0333361_23113362



裏に結婚記念のお品として
送っていただいた父のお友達の名が...
もう故人の方がほとんどかもしれません。


時の流れを感じますね。
でも石の部分は全く痛むことなく堂々としています。


BlogPaint



実は父と母の結婚記念日をこれで最近始めて知ったんです。

母は自分の結婚記念日なんて一切口に出したことがありませんでした。
正直、仲の良い二人とは言い難かったですね(笑)


それも今となっては昭和を生きた二人の夫婦の形だったと思えます。



それにしても重い重い時計です。


クリックお願いいたします
↓ ↓ ↓


にほんブログ村

母は病気で倒れてから体が不自由になりました。

自分でできることがほんの少しになり
認知能力も落ちてしまいました。

倒れる瞬間まで元気に買い物していたのです。
突然でした。


車椅子の生活になった今も母はとてもチャーミングです。

今の状態の母を見て
わたしは初めて

「母は綺麗だな。女の人は綺麗な方がいいな。」

と思いました。



Bme7kpCR05Hkr7D1450438327_1450438445


なぜかはわかりません。

元気な時の母の方が綺麗だったに違いないのですが...
その時はそう感じませんでした。

今の不自由で不完全になってしまった母に接して、

しみじみそう思います。



にほんブログ村


わたしの母は洋裁をしていました。
若い頃独立して小さな洋裁店を40年近く営んでいました。

お針子さんが数人だけの、大通りから一本入ったところにある
目立たない小さなお店でした。

もう20年以上前に閉めてしまいましたがまだ建物は残っていました。


BlogPaint




この建物の一階の前の部分を借りていたんです。
白いカーテンがかかっているところがそうです。



P6131068




一階の奥と二階は大家さんが住んでいました。



こちらの大家さんとの共通の玄関から入って
すぐ右に木の扉があってお店と通じています。


BlogPaint



この扉を開けてすぐ右に行くんです。
お客様以外はこちらから出入りしていました。


BlogPaint



間借りのお店でお手洗いも水道も大家さん家のをお借りしていたので
母はいつもずいぶん気を使っていました。


小さなお店でしたがやはり経営するのは大変で
母は一年365日仕事でした。

あの時代、母は曲りなりににも女経営者で
小さな成功はしていたと思うのですが

わたしには、
自分が働いていて、しかも洋裁店を経営しているということは
人にあまり言わないようにいつも言っていました。

悪いことをしているどころか
立派だったと思うのですが...。

でもなぜか肩身が狭い感じを漂わせていました。


今では立派なキャリアウーマンとして認められると思うのですが
時代なのでしょうね。

あの頃は、女のひとは家にいるべきという風潮でした。


母は早く生まれすぎました。

今の時代を生きさせてあげたかったです。





にほんブログ村

間違いなく昔、食べたことあります。
デパ地下で見つけました。

懐かしいお菓子のワゴンのコーナーです。
コーヒーサンドを見つけた所です。


ちょっとブームなんでしょうか?
けっこう人気があって夕方遅くなると売り切れてます。

レジのお姉さんが「わたしもつい買っちゃう。」
って言ってました。


PC082331


このピンク...
不自然さが昭和レトロです(笑)

ウエハスとカステラの間に薄くクリームがはさまってます。

PC082336


食べるとこれが結構美味しいんです。

そんなに甘くなくウエハスとカステラの食感が絶妙で
味のバランスも良いんですよ。

売り切れてしまうのがわかります。


牛乳と一緒に食べるのが昭和の子供のおやつなんですよね。



にほんブログ村

もうすぐクリスマス
教会を訪れたくなります。

街中にある「カトリック教会」
ずっと前からあります。


20代の頃ここで結婚式をしたいと思っていたんですけどね。

教会でウエディングドレスの式に憧れてました。


わたしがお年頃の頃は
地方都市では教会の結婚式はまだ珍しかったです。

お式は神前でお着物というのが一般的でした。



PC122395



マリア様お久しぶりです。
あの頃もここにこうしていらっしゃいました。



PC122403


優雅で上品なお姿。


PC122400


わたしも男の子を二人産みました。
こんなに優しく接したことはなかったかもです...(笑)

なぜかいつも余裕がなくて、怒ってばかりいたような記憶が...
悔やまれますね。
今思えばあんなに可愛かったのに。


教会に隣接した幼稚園
ここに子供を入れる予定だったんです。
しかも子供は女の子のつもりでしたね(笑)



PC122405


人生全て予定外でした。

そんなものなんでしょうけれど...




にほんブログ村続きを読む


懐かしい菓子パンを見つけました。

食べたことあったような...なかったような...

「コーヒースナック☕」

デパ地下に懐かし食べ物コーナーみたいなワゴンがあるんです。



c0352413_00350287



包装のデザインがレトロ


c0352413_00353176


中にホワイトクリームが入っています。

食べてみると甘くて...
こんなに甘かったかな...?


覚えている昔の味って、記憶の中で変わってしまうのかもしれませんね。


昔は美味しい物って少なかったです。
甘い=美味しい、だった頃がありました。

記憶の中で反芻するだけの方が良いのかもしれませんね。


にほんブログ村

このページのトップヘ