Detour

しばし...昭和にとどまらせて下さい...

雨があがりました。
まだ、少し台風のなごりがあるのかな...曇っています。
P8230046


実家から生地をいくつか持ってきました。
母の残した生地の中から、わたしが練習用に出来そうなものを選んできたんです。
母得意の風呂敷包みを真似して持ってきましたよ。
なんだか風呂敷包みにすると
中身はなんであれ優雅な雰囲気になる気がする(笑)
DSC_2168
これは綿素材のものや薄手の生地です。
P8230032
左上の赤と緑の鮮やかなチェックは
母が自分のワンピースを作って着ていた記憶があります。
上の段真ん中の青系統の花柄は
わたしのスカートを作ってくれたもの。
懐かしい...確か大学生の時です。
どちらも端切れなので小さいです。
何か作れるくらい大きさがあるのかな...?わからん...
今度先生に聞いてみようと思います。
あとのものは適当に選びました。

こちらはウールのもの秋冬用に持ってきました。
真ん中の茶色の無地はけっこうな大きさがあるのですが
あとの二つは中途半端な大きさの端切れです。
う~ん...何とかなるのかな?フフフ...
まぁ、いいです。実家の風呂敷包みの中に置いておいても
どうしようもありませんから。
P8230034
あと、これまた中途半端な大きさのレースです。
お花が真ん中にある、可愛いまあるい柄
P8230039
茶色の大きな生地で作ったワンピースか何かの
部分的な飾りにできないかな...?
夢は広がる...夢です。夢。
こんなこと考えるだけでも楽しい。
それだけでも良かったな。
P8230043


こんな紫色の花柄の小さなジャージー素材の生地
こんな風に合わすと素敵。
ポケットとかに使えないのか?
素人なので余計に夢が広がる、広がる、ルルルルル.....(^-^)
P8230042

他にもうんと小さな端切れもいくつか持ってきました。
初心者はまず、小物にチャレンジするのが良いかも。
手縫いもできるしね。
目がしょぼしょぼしそう...
無理せず続けられたらいいな。


お手入れ不足で悲惨な自宅の庭。
秋明菊の蕾が...
まだ固い蕾ですが、もうそんなに待たずとも咲くでしょう。
早いね。早すぎる。
P8230045
母がいなくなってしまってから随分時間が流れた気がするのですが
本当はまだそんなに日数は経っていないのにね。

今年の夏は
特に早く過ぎ去ってしまいそうです。


よろしければクリックお願いたします^^


にほんブログ村

オリンピックがもう終わってしまいましたね、
運動神経がゼロのわたしには
オリンピックの選手の皆さんは神様のような存在です。
毎日、素晴らしい活躍に感嘆し、感動をいただきました。

新体操のフェアリージャパンのリボンの大技が残念ながら決まりませんでした。
この日に向けて5人でどんなに努力を重ねてきたのかと思うと胸が痛みました。
どちらかと言うとわたしは
残念だった人たちのことの方が
ずっと心に残ります。

わたしが新体操に興味を持ったのは1988年のソウルオリンピックの時からです。
1988年は昭和63年
もう昭和の終わりの年でしたね。
長い昭和の時代、最後のオリンピックでした。

たまたま見ていたテレビで
「妖精たちの故郷、ブルガリア」
というNHKの番組で新体操のブルガリアチームの特集番組を目にしました。

その時、メインに特集されていた「ビアンカ・パノバ選手」に魅了されたんです。
(画像お借りしました)
まさに白い妖精です。
o0373039413279571381
今の新体操の雰囲気と違いますね。
ユニフォームも清楚で今の新体操のきらびやかなレオタードとは全く違います。
わたしはこの頃の新体操が大好なのですが...

ソウルオリンピック金メダルの最有力候補でしたが
クラブの大技を予選で失敗してしまい、逃してしまいました。
決勝でその技を成功させて完璧な演技をした動画がありました。

画質は悪いですが清楚な美しさと
全てをかけた演技への気迫はじゅうぶん伝わってきます。
透明感とはこのことでしょう。
これ以上透明感を感じさせる人に会ったことはありません。

「妖精たちのふるさとブルガリア」は
番組のVHSビデオ(古っ)で録画したものを持っていたので、
もう何十年ぶりに出してきて見てみました。
忘れていた遠い感動。
その時のままよみがえりました。
ネシュカコーチとパノバの厳しくも温かい魂の交流が描かれています。
(画像お借りしました)
11887250_1693730670856935_2076481026_n

パノバの朝ごはんです。
(番組より画像お借りしました)
はちみつをかけたクルミとチーズ50g、コーヒー一杯
これで午前中いっぱい過酷な練習します。
わたしなんて一日、なん~にも食べなくても良い、と思ってしまいますよ(笑)
_20160821_001502
かみしめるようにチーズを食べるパノバ選手の表情が印象的でした。
体重制限に耐えられなくて脱落する選手も数多いそうです。
そうでしょうね。
練習するという前の体づくりでさえ血の滲む努力です。
_20160821_001425


番組の中で心に残ったパノバの言葉を自分のためにアップしておきます。
今も同じように感動しました。
_20160821_001136

_20160817_094923


_20160821_001100

_20160821_001227
華奢で儚げな妖精に努力と涙の本当の意味を教えてもらいましたよ。


あと、その時以上に感動した言葉
「ネシュカコーチから何を学びましたか?」
と問いかけられた時のパノバの答えです。
_20160816_175916
50代になった今こそこの言葉が重いです。
...ちょっと遅すぎるかもしれませんが
これから死ぬまでの自分の座右の銘にしたいと思いますよ(笑)

今はインターネットで何でも情報が得られますが
あの頃は新体操の情報なんて何もなく
「スポーツアイ」という雑誌を買ったりして見ていました。
もう、その雑誌もずいぶん前に廃刊になったようですね。

パノバ選手の現在を調べてみました。
引退後結婚し、男の子が二人いるそうです。(そこだけ同じ。笑)
ベルギーで指導者をしているそうです。

2009年秋、母国の人気番組'Dancing Stars'に招かれ、出演。
久々に母国の人々に姿を見せ、
 決勝では視聴者の票を最も集め優勝したそうです。
いつまでも皆の心に残る選手なのでしょう。

そのダンスの動画もたくさんありましたが、
儚い妖精とは雰囲気が全く変わっていて
貫禄ある美魔女という感じでしたね。
そりゃあ時は流れますよ(笑)

これは指導者としてのパノバのお姿
多分40代だと思いますが、
スタイルのよさは全く変わっていません。

ずっと新体操にかかわる仕事をしているパノバ。
原点はソウルオリンピックの頃の
ひたむきに努力するパノバなのだと思います。

昭和最後のオリンピックで
わたしが出会った
忘れえぬ白い妖精でした。


よろしければクリックお願いたします^^


にほんブログ村

わたしが大好きなピンク色の大きなガラス鉢です。
直径25cmくらいあるんです。

昭和レトロなお品です。
もうつぶれそうな食器屋さんだなぁ~と思いつつ4枚買いました。
やっぱりもうそのお店はありません。残念。
P8202103
大きいのでピンクの蓮のお花のイメージだと感じています。
P8202099
置いてあるだけで幸せな気分にしてくれます。
そのぐらい好き。

もうお盆休みも終わりです。
どうせ家族は午前中いっぱい寝ているので
今日は朝昼兼用で昭和レトロな器を使って
ゆっくりごはんを用意しよう。
P8202112
フルーツを盛り付けてみました。
グレープフルーツ二色とオレンジとブルーベリー
P8200001
器の色と形にぴったりで可愛く盛りつけられました。
P8200005
これは直径30cmくらいある大きな昭和レトロなガラスの大皿
何枚かあるうちの一つです。
重い。重いです。何歳まで持てるでしょうか?(笑)
P8200009
小菊がいっぱいあるような模様が可愛くて大好き。
P8200011
サラダをたっぷり盛り付けました。
いろんな野菜を入れすぎて逆に彩りがイマイチですね(笑)
P8200024
パンの取り皿も昭和レトロなバラ模様
裏には何のメーカーも書いてありません。
完全なノンブランド。
P8200015
でも絵の色も金の縁取りもレトロな雰囲気がとても良いです。
P8200016
切って盛り付けただけなので(笑)あっという間にできました。
P8200027
それにしても呼んでも返事はするのですが
なかなか下に降りてきません...
皆さん、ねぇ、いったいいつまで寝ているつもり?
P8200004
みんな夜はいつまでもいつまでも起きています。
主人も息子君たち二人も
フクロウみたいな人たちですよ(笑)


よろしければクリックお願いたします^^



にほんブログ村

自宅に戻ってきて何だか疲れが溜まっているのを感じました。
やらなきゃいけないことがありすぎなので、
気持ちの切り替えが下手くそなわたしは
いつもそのことが頭を離れず負担です。

自宅は車がないと、どこにいくにも不便な場所にあります。
仕方なく、下手くそながら生活のために運転をしていたのですが
実家の母のところに行ったり来たりしている間に車検が切れ、
乗れないことがほとんどなので
それを機会に売ってしまいました。
ゆえに自宅に帰ってきたらわたしの行動は自転車がメインになってしまいます。

今日も炎天下の中夕飯の買い出しに自転車ででかけました。
道端の草花がちょっとだけ秋を感じさせますね。
IMG_20160819_180138
そんなにお店は遠くはないのですが
登り坂、下り坂のうえに重い荷物で疲れてしまい
家に戻って横になってしまいました。情けない~

せっかく材料を調達したにもかかわらず
体調不良のため、お夕飯は家族みんなが好きなラーメン屋さんへ...
のどかな田んぼの中にあるラーメン屋さんです。
c0352413_20132480
素材もお店の作りも自然派
店主さんのこだわりが感じられるお店です。
c0352413_20442077
今回はタンメンをいただきましたが
この写真はわたしが大好きなこのお店のつけ麺。
今日はやってませんでした。なぜに?

オキアミなどで取った独特の汁につけて食べます。
麺の上にのっているのはポップコーンじゃありませんよ。
蕎麦の実のポップコーン仕様です。

チャーシューとにら玉子焼きが嬉しい
c0352413_20124781
夏には必ずいただきますが
今日はがっかり
普通のラーメンは息子たち向きのがっつり系のお味と量なので
わたしはあまり食べる気がしないんです。
c0352413_20123868
外にはあけびの棚が
c0352413_20144055
まだ時を待たなければならない青い実です。
c0352413_20141443
夏休みなので、お店に来た子供たちのために
昔遊びの竹馬が...
c0352413_20151521
向こうに見える田んぼが少し黄色になっています。
もう夏も終わりに近づいているのね。


あれ...

息子たちじゃなくて...


主人が...

c0352413_20173705
フフフ...昭和生まれの竹馬世代なのね。


よろしければクリックお願いたします^^


にほんブログ村

もうお盆も過ぎました。
いくつか用事をすませることができましたが
まだまだ計り知れない量のやるべきことが残っています。

でも、それにかかりきりになると
自分の負担になってしまうので、すべてに逆効果なんです。
できるだけ楽しみを見つけつつ、こなしていきたいと思っています。
自分優先(笑)

いったんまた自宅に戻ることにしました。
今回は主人の車で来ているので交通費節約できますからね。

二階にある母の残した生地の風呂敷包み部門(笑)
あちこちにあった残り生地の風呂敷包みを
二階の特大ダンボールにわたしが集結させたものです。
P8182052
これも、ごく一部です。
多分、ややお値段のはる売れ残り(笑)の生地は
母の仕事部屋のガラスケースの中に入っていて
そうではないものや、もっともとっと古いものは
得意の風呂敷包みで適当にあちこちに置かれていたのではないのかと思うのですが...
この中からわたしの洋裁の練習用の生地をいくつか探し出して持ち帰りたいんです。

ちらりと見える昭和レトロなポップな生地たち
さぁ、長い眠りから目を覚まして
P8182042
水玉、花柄、レース...
色も柄も、残っている生地の量も様々
わたしの大好きな水玉もあります。
P8182037
ペイズリー、縞、、小花柄
P8182044
どこかで見たことのある生地...
母が仕立てている時にでも見ていたのかな?
多分年配のお客様のための柄ですね。
いや、それとも母が自分のために仕立てて着ていたのかな?
P8182045

これはわたしの服を仕立ててくれた余り切れです。
10代の終わりから20代の初めの頃のもの
まだ二つともとってありますよ。
もちろん、今は着てませんけど(笑)
いつかアップします。
P8182049
これは間違いなく母が着ていた服の余り切れです。
紫や鮮やかな青、そしてオレンジの華やかな柄
たしかワンピースだったと思います。
これを見つけたとき、しばらく時間が止まりました。
P8182048
母はわたしと違って鮮やかな柄に負けない雰囲気を持っていましたから
とてもよく似合っていました。

わたしに作ってくれるものはこんな感じの花柄でしたね。
P8182046
それにしても、
すっかり忘れていたはずの洋服を
ほんの小さな余り切れをみただけで思い出せる。
そしてその時の周りの雰囲気や、抱いていた感情まで
蘇ってくるのは不思議で、驚きでもありました。

女の人にとって着るものというのは
とても深い部分に
ずっと静かに潜んでいて、
無意識の中で
思い出を彩っているものなのでしょうか...
P9090532
まぁ、ただ、わたしが
母の仕事が洋裁店だから...だけかもしれませんね。


よろしければクリックお願いいたします^^


にほんブログ村

祖母のお墓参りに行きました。
わたしの母方のおばあちゃんのお墓です。

実家からそんなには離れていない山の方にあるのですが
それこそ何十年も行けてませんでした。
P6250017
でもこれから先はわたしくらいしか行ける人はいないかもしれませんからね。
今回は主人が運転してくれてお墓のすぐ近くまで行けました。
歩くとなるとかなりあるように思います。
P6250050
祖母はとても大人しい人で
和裁をしていました。
静かで、優しくて
はがゆくなるくらい控えめなおばあちゃんでした。

広い墓地ですが場所はすぐわかりました。
とても小さなお墓です。
こんなに小さかったかな...
少し寂しくなるほど小さなお墓でした。


東京にいる母のすぐ下の妹の名前の書いたお札がありました。
草が綺麗に刈り取られていました、
連絡はありませんでしたが、お掃除してくれたのかもしれませんね。
P6250013


自分の実家の近くにお嫁に行った人は毎年訪れることができるのでしょうね。
わたしは電話はしょっちゅうかけあっていましたが
主人の仕事も忙しく、いつもいろいろ重なって
実際、実家には10年に一回くらいしか帰れていませんでした。
みんなからもちょっとびっくりされてました。
今、思えばもっと帰るべきだったなぁ~って思います。


帰り道、実家のすぐ近くの空き地を草刈りをしている同級生に出会いました。
小、中、高と同じ学校だった子です。
全く変わっていなくて、すぐにわかりました。
それこそ30年以上...ぶりくらいでしたが...
色白で、綺麗なお肌も、おっとりしたしゃべり方も昔のままで、
とっても嬉しかったです。

お母さまが4年前に亡くなられたとのことでした。
彼女の実家はうちから目と鼻の先のところにあるのですが
彼女のお母さまはお茶の先生で
わたしは長~く、大胆不敵にさぼりつつ、お茶を習いに行ってました。
P8280667
品のある、いつまでも綺麗だったお茶の先生に
二度とお逢いできないのは、残念の極みなのですが
彼女の穏やかで芯の通った物腰の中に
確かにお母さまの存在を感じました。

あの頃はぼんやりとしかわかりませんでしたが
本当の品のある方だっのだと
今更ですが、実感しました。


家に帰って夏のお菓子「ささげ餅」を食べました。
お盆を過ぎるともうそろそろこのお菓子も終わりです。
P8162010

母が来客時、リンゴや梨をむいてお出しする用の(笑)
昭和レトロなガラスの器にのせました。
P8162013
もう8月も半分以上過ぎてしまいましたね。
小学生の頃はたまりにたまった絵日記や宿題に泣きそうになっていた頃です。
P8162017
わたしには母方のおばあちゃんの
すでに長らく空き家になっている荒れ果てた家を
なんとかしなくてはならないという宿題も残っています。
P6250009
思い出がたくさん詰まった祖母の家ですが
もうご近所から苦情がきてしまうような状態です。

母にどうしたいのかと
聞くこともできなくなってしまいました。


よろしければクリックお願いいたします^^


にほんブログ村

今回は実家に主人の運転で戻ってきましたが
次男君も連れてきました。
ただ次男君は学校の試験が待ち受けているので
いちおう勉強道具を持ってきました。

実家には勉強机がないので急きょ応接間の一部に勉強コーナーを作りましたよ。
机は父の書斎から持ってきましたが
蛍光灯はこんな昭和レトロなものがありました。

高校生の頃、こんなデスクライトで勉強しませんでしたか?
わたしの場合、勉強しているふりでしたけどね(笑)
P8151981
もう一つグリーンのものもあるのですが
かなり壊れています。
今度アップしますね。

この赤い電気の傘が可愛いんです。
昭和レトロなものはオレンジやグリーンが多くて、それも大好きなんですけど
赤もいいです。
あったかい感じがして...
それとも人間、還暦に向かってドンドン赤に惹かれていくものなの?(笑)
P8151986

今、話題のシャープ製ですね。
わたしはシャープの電化製品が好きで、結構使っていたので残念です。

時計機能もついていてアラームもついてます。
すべて元気に動きますよ。

P8151987
時計の文字も赤です。
アラームの音はブーって凄い耳障りなブザーの音がしますよ。
すぐに目が覚めそうな嫌な音です。
でも、そこも好きですよ(笑)
P8151990
なぜかグリーンのランプがつきます。
これって何のためのものだっけ?
まぁ、ちょことグリーンが光って可愛いです。
P8151991

夜、電気をつけるとこんな風になります。
うっとりしますね。眠くなってきます(笑)
高校生の頃を思い出しますよ。
雑念にとらわれずもっともっと勉強しとくんでした。
今更...
P8162001

即席勉強コーナーです。
P8162004
さぁ、次男君勉強してくれたまえ。

よろしければクリックお願いいたします^^


にほんブログ村

少し久しぶりに実家に戻ってきました。
雨が降っています。
車の窓から街並みが見えてきたら、すごくホッとしました。
街の持っている空気感があるんですね。
P8151966
今回は車で来たのですが
車やバスに長時間揺られるとその後、頭痛と吐き気がするようになりました。
今回も少しキツイです...
体は年齢に正直ですね。わたしの場合ですけどね(笑)
愚痴のようですが認めざるおえません。
その上で楽しんだり、がんばったりしないと...


ここは母の仕事部屋
もともとは祖母が使っていた四畳半くらいの狭い部屋です。
お店を閉めた後、自宅に持ってきたお店の名残の品々がぎっしり。

荷物だらけで全体を撮ることができませんが
右側には作業台やミシンもあるんです。
お店をやめた後もここで少しだけ洋裁をしていたようです。
P8151970
売れ残りの生地...
ほんの一部です(笑)
なにしろ40年も商売をしていたのですから
売れ残りもいっぱいあるんですよ(笑)
P8151979
この山のように残った生地をどうするか...
これもわたしに残された使命ですな。
母はこの生地やその他もろもろの荷物をどうするか、
いつも悩んでましたから(笑)
P8151975

母はよくメジャーをこんな風に首にかけて仕事をしていました。
P8151978
子供心になんとなく
カッコいいな~って思ってましたよ。

今、思い出しても
仕事をしている母は、凛として近寄りがたくて
ちょっと怖くて、素敵でした。

こんな思い出を子供に残せるなんて良いと思うのですが...
時代もあってか母はそんなに自分の人生を肯定している様子はなかったです。
なぜでしょう。淋しいですね。

しかし...わたしは息子たちに
ぐうたらで気分屋のお母さんの姿しか残せてませんからねぇ。
息子たちは女の人ってこんなものだと思っているのかな?
まぁ、女の人には多くを期待しないかもです。
それも意外と良いかもね~ハハハ....(笑)


よろしければクリックお願いいたします^^


にほんブログ村

お盆ですね。
うちも家族全員揃っています。
全員ということは少ないので
家事の量が半端なく多く感じてしまう(笑)

あちこちで花火大会や夏祭りが開催されてますね。
主人が人混みが嫌いなので
かといって一人で夜出かけるのもちょっと...
で、もう何十年も行ってません。
夜店に行って写真を撮ってみたいんですけどね。
P7012254

夏休みのお昼と言えばうちは定番カレーです。
豚肉、玉ねぎ、ニンジン、ジャガイモによる
ハウスのカレーですよフフフ...

昭和レトロな食器に盛り付けましょう。

昭和レトロなぽってり厚いストーンウェアです。
色があまり上手く写っていませんが
とっても穏やかなクリーム色なんです。
P8141930
これは5枚あって、食器棚のこやしになっていた方からゆずっていただきました。
ノリタケのものです。
P8141932
裏側は濃いオークでわたしの大好きな色です。


あとサラダ用に左側の小さめのガラス皿を...左側の小さいものを使いましょう。
大きいものはずっと前から持っていたのですが
小さい方はリサイクルショップの最終処分のコーナーに置かれていたんです。
そこでこのお皿を含めいくつか買いました。
だって、もう、今売れなかったらお店の人に本当に処分されてしまいそうでしたから...
6点ほど買って300円くらいでした。
うちで食器として活躍してもらわないと...
P8141939
じゃ~ん。あたりまえすぎる昼ごはん。ヘヘヘ
P8141949

食べる、食べる、食べる息子君たち
お行儀が良いとは言い難い...
行儀は良くないけれど、食欲は満点。

いつもは写真なんか撮ろうとすると
怒って撮らせてくれないけど、
食べるのに夢中で全く気がつかないよ(笑)
隙をねらって記念の一枚パシャリ(^^)ヘヘ
IMG_sz3xq9
親の目から見たら、性格が全然違う二人なのですが
よその方から見ればとっても似ている二人かもしれない。
二人とも理系なので話も合うみたい。
会えば二人でよくしゃべってます。
IMG_20160809_133552
年がわりと離れている二人ですが
このくらい大きくなるとあまりそれを感じさせませんね。
いつまでも仲良くしてね(笑)

そして
母の夏休みの味
グリコ、じゃなくてハウスのカレーを覚えておいてくれたまえ。
(どっちでも同じか?)
P1011307


よろしければクリックお願いたします^^


にほんブログ村

先日久々デパートに行った時、ふと見ると...
「不二家レストラン」を見つけました。

え?こんな所にあったっけ?
いや、確かなかったはず。
ちょっとオシャレなイタリアンレストランだったような気が...
違ったかな?
う~ん、何だろ~
これって赤ちゃん返り...じゃなくて昭和返り??

赤いオーバーオールのペコちゃん健在!
IMG_20160812_132151
昭和トラディショナルなお姿のパフェ❤オンパレード
思わず入って食べようかと思いましたが
用事を済ませた後で両手に荷物いっぱい
そのうえヘトヘトだったからまた今度。
IMG_20160812_132302
待っててペコちゃん。
必ず来るからね(笑)

それにしてもデパートに行かなくなりました。
前はデパートに行かなくてどこに行く?って感じで
ウインドウショッピングするのが日常生活の一部のようになっていたのですが...
全体的に生活が変わりつつあります。


家にあった箱の和菓子。
とても素敵な絵がふたにかけられています。
和菓子は季節が彩られていて本当に心が和みます。
P8121858
...で...開けてみると...
いつの間にか全然なくなってる...え?え?
一個しかないじゃん。
P8121864
.....まぁ、うちの一家の、箱のお菓子あるあるなんですけでどね。
油断していると一個も食べられませんから。
一家全員お菓子好き。

最後の一個は「ふふふ」ってお菓子。
なんだかこっちもフフフ...って感じですよ。
P8121862


早速昭和レトロなガラスの器にのっけて食べちゃいましょう。
そうしないとこれも無くなってしまいますから。
P8131916
葉っぱの形の昭和レトロなガラスの小鉢
夏にぴったりです。
P8131887

多分何かの景品だったと思われるペイネのグラス
ロマンチックです。
恋人同士
ペイネの絵は外国のものですが、どこかしら懐かしくて好きです。
昭和の人の思い描く外国...って気がするんです。

薄いグリーンの液体はマスカットジュース...じゃなくて
そば茶です(笑)
家族には不評なんですけどね。
P8131889
ぷるんとしたゼリーを食べながら
ちょっと眠くなってきました。
夏はだるくてお昼寝したくなります。
P8131907
うと、うと、うと。。。。
ペイネの恋人同士みたいな素敵な夢を見られると良いんですけど
わたしの見る夢って...
だいたいが悪夢です(笑)


よろしければクリックお願いたします^^


にほんブログ村

このページのトップヘ