Detour

しばし...昭和にとどまらせて下さい...


母の急性期病院での記録の続きです。


前記事




主治医の脳外科の先生からお話を聞き
手術の承諾書にサインをして
一旦主人と実家に戻りました。


寝ずに運転してくれた主人は
疲れ果てて
睡眠をとらなくてはいけない状態。


実家に着くと
私たちが病院に着く前に
実家に戻された長男が
応接間のソファーに
うなだれて座っていました。
 

「俺が心配ばっかかけてたから
おばあちゃん倒れたんだ。」

と言ってまた涙を流していました。


長男くんが
進路に迷っていた時

母には
精神面でも経済面でも
助けられてきました。


母だけは
「人生長い。」と言い
俯瞰して
長男を支えてくれていました。


でも
母のことですから
「ただただ優しい
孫の味方のおばあちゃん」
という存在ではなかったです。


普段、口にはしませんでしたが
長男は自分の立場を理解していて
母に対して申し訳なさと
感謝の気持ちを持っていたのが
あの時の長男の姿から
しみじみ伝わってきました。


OI005352


長男の足元に
母がいつも肩からかけていた
水玉のポシェットと
スーパーの袋がおいてありました。

病院の方から
母の持ち物として
長男に渡されたものです。

スーパーの袋から
はみ出していている長ネギ

母が夕飯の買い物の会計を終えた後
倒れたんだという状況を
まざまざと物語っていて

否応なしに
その時の様子が
頭の中で
思い描かれては消え
思い描かれては消えを繰り返し
気分が悪くなりました。


料理が不得意な母でしたが
長男のために
夕飯を作ってあげようと
買い物して帰るところだったんですね。


「おばあちゃん、必ず元気になって
この家に戻って来るからね。
お前はお父さんと一緒に寝て。」

と長男に言い残し

自分で言った言葉に
自分自身が励まされつつ

わたしはすぐに病院に向かいました。


手術の間
何が起こっても良いように
必ず誰か家族が一人は
病院にいなければなりません。


外に出ると
真夏だったので
すっかり明るくなっていていました。

OI005351



クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ


12月になってしまった...

もうネズミ年もあと一ヶ月なのね...


12月のハームとモニーは
パンジー(+ビオラかな)です。

IMG_20201201_113624_159

ネズミさんたちはもうそろそろ退場の準備。


わたしも大の苦手のお掃除に
突入しなくては...orz




もう寒くなったのに
ハームとモニーはパンツ一丁(笑)
妖精だから
寒くないのよね。うん。

コロナにも絶対かかりませんよ。

IMG_20201201_113546_432

かわゆい(*^^*)


町やお店はクリスマスの雰囲気を盛り上げる
お花やデコレーションが楽しいです。

DSC_4781

12月中に
母の介護時代の急性期病院でのことを
書き終える予定なのですが
もたもたしていると
のろまなわたしは
来年に持ち越ししてしまいそうです。


師走...

走らなくては〜
膝、痛いけど〜

_20201201_180750

クリスマスはあっという間に
やって来るわ〜(^-^;


クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ





今日で11月も終わりです。
速いな~


朝起きたらものすごく寒くて
外に出てみると
春の終わりごろ玄関の前に植えた
マリーゴールドが寒さの限界に耐えながら
健気に咲いていました...

OI005346


咲いているものは
全て切ってきて
既に水漏れがする花器?シャモジたて?
みたいになものに(笑)



OI005339

寒い季節は
このボタンが留めてあるような裏側のデザインが好き。



お部屋が一挙に明るくなる(´∀`*)

OI005344


毛糸のカーディガンを着た人が花束を持ってるみたい。

そしたら部屋中がマリーゴールドの
良い香りに包まれて
幸せな気分になりました。

お部屋の中に切り花を飾ると
香りが本当に良くわかります。

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○


実はこの前次男君のお誕生日だったので
ラインを出したのですが
既読スルーされてしまった...(`-´メ) プンッ

OI005345

彼女さんができたから
ちょっと親は後回し...
ってことで
スルーしたのならまだ許せるのだけれど
(99.99%いない)

そうでなく

ただ
面倒くさいからって
スルーされたとしたら
余計腹が立つんですけど。


あれこれ
甘えられる部分は甘えるくせに....(`-´メ) プンッ
そういう時だけ
向こうから電話がくるんだもん(笑)



いつか
彼女さんができたら
「この子は小さい時自分がムーミンだと言い張っていて
本当は密かにスナフキンに憧れていたんですよ。」


ってばらして
恥ずかしがらせてやろうと思うわ。



クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ

義父の命日に近くなったので
お墓参りに行ってきました。

お天気が良くて良かったです。
OI005216

コロナのこともあるので
それぞれ皆、別々に

...というかわたしたち
義兄さんになぜか「縁を切る」って言われているので
敢えて近寄りませんの。




お寺は義実家より
少し県の外れにあるので
自宅から車で二時間弱

IMG_20201129_105038_578

お義母さんの暴走強い希望により
お墓も新たに作り、派手にお葬式もし
最高の戒名を付けて
お金をかけて供養したお義父さん...


しかも
お義母さんは義兄にも誰にも相談せず
全て自分一人の判断で
取り仕切ってしまった...
(義兄は毎日仕事のため義実家に来ているのに
何も知らないというのも理解に苦しむ...)

それが
もめ事の全ての始まり。


お金がふんだんにあれば
もちろん何をやってもかまわないと思うんですが


お義母さんは自分の経済的現状を話すと
義父の供養にお金をかけることを
反対されるのがわかっていて
全てに無関心な義兄さんにも
他の誰にも相談せず
強行したんだと思うな...


葬儀の後
義母の
「わたしはすっからかんになりました。」
宣言で
皆、凍りつきましたの。


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚



うちに咲いていた野菊も小さな花束にして
持ってゆきました。

OIP00257

お義父さん、安らかにお眠りください。
息子たちを見守ってくださいね。


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚


お寺の掲示板に
こんな言葉が...
IMG_20201124_144230_807

「あんな人も こんな人もいる 世の中です」

ほんと、その通り。



だからどうしたら良いの?
と聞きたい...



とにかく私たちは
老後
息子たちに迷惑かけちゃいけないね。
金銭面...特に...

IMG_20201124_144029_858


金銭感覚は
本当に人それぞれだと痛感する
秋の終わりの
小春日和...



クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ

母が倒れた日のことを
ブログに書き始めたら

なぜか急性期病院にいた時のことは
年内に書き終えたい気持ちになりました。


ブログに書き留めると
過去の出来事して
自分の心の中での位置が定まり
すっきりする気がするので...


思いつくままぼちぼちと
書いてゆきます。




・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


母の病院にたどり着いて
救急の入り口から走って病棟まで行きました。


担当の脳外科の医師からお話がありました。

出血は大量だったけれど
現在は何とか一旦自然に収まっている状態。


ただこのままだと
再出血することが予想され
そうなるともうどうすることもできないので
やはり根本的に出血している部位を
治療する手術が必要だと言われました。


先生は40歳くらい..?
とても静かにお話される方で
ほっそりとした体型で
白い繊細な指が印象に残っています。


もちろん初対面の方でしたが
どこかで会ったことがあるような...
無性にそんな気がする先生でした。


色々説明を受けましたが
何もわからない私は
「母の病状、年齢、を鑑みて
先生の一番良いと思われる方法をお願いします。」

安心してお任せできました。


思えばここまでの車中で
母が亡くなったという連絡が来ても
全くおかしくはない状態だったです。

OI004647


ICUで横たわっている母は
いつもとほとんど変わらず
うとうと眠りかけているだけのようでした。


ほんの少し
相づちをうったり
言葉を発することは
できたのです。


わたしが
「お母さん、わかる?
わたしだよ。ゆりえだよ。来たよ。」

と耳元で声をかけると

母は
「あー、来たんか。」


目を閉じたままでしたが
返事をしてくれました。


「絶対良くなるからね。絶対。絶対。」


励ましの言葉をかけた時 

急にやるせなさが押し寄せてきて
頭が真っ白になり
自分を見失い
大声を出してしまいそうでした。


そしたらまた母は

「うん。」


深く頷き

わたしは我に返りました。


OI005075


その様子は
気丈でしっかり者の
いつも通りの母だったのです。




クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ


亜土ちゃんの可愛すぎるコップです^^♪

懐かしい亜土ちゃん。
OI005336

外側もぐるりとイラストに囲まれています。
OI005337

中までビッシリ亜土ちゃんワールド(^∇^)
OI005338

メラミン素材でできているから
割れにくくて安全です。

こういうコップって
子供さん用とお思いでしょう?


いやいやいや〜
高齢になって施設に入る時
必要なのですよ(笑)

母が施設にお世話になる時
「100均にありますから
買って来て下さい。」
と言われ
探して買った覚えがあります。


わたしがその時になったら
これでお願いいたします(^.^)

ただ持ち手がついていないので
不便かしら?



水森亜土展に行った時
買いました。
8BC5-620
(画像お借りしました)


亜土ちゃんは日本橋の生まれで
あの女子校名門御三家の中の
桜蔭のご出身だそう。
お母様も妹さんも桜蔭の
桜蔭ご一家。

頭が良いのですよ〜(^_^)v
確かにセクシーな女の子を描いた作品でも
品がありますね。


コロナのため会期は秋に変更になり
10月の終わり頃行ってきました。
(残念ながら今はもう終了しています。)


わたしくらいの年齢の
元、乙女たちが
いらっしゃってました(笑)

皆さん、目がハートになりながら
見てらっしゃいましたよ❤️
もちろんわたしも。



亜土ちゃんは永遠。
わたしは小学校から中学校の頃まで
かなりたくさんグッズを持ってました。
女の子なら一つは持っていたと思うな。



あとキーホルダーも買いました
まだビニールに包まれてままです。


あの時は
今よりもっと膝が痛かったから

このポーズに憧れて
買ったのですよ(笑)
OI005343

頑張って体操して
必ずやこのポーズを取れるように
なりますわね。


あと、ポストカードなんかもいくつか...
また、別にご紹介できたらな。




庭の小菊をたくさん切ってきて
花束みたいに挿してみました。

OI005340

あ〜可愛い(*^^*)

忘れていた何かを
思い出す〜(笑)



クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ



何となく思い出したくなかった
母が倒れた日のことを
書き留めておきます

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


母が倒れたのはお盆休みでした。

スーパーでお買い物の最中
突然倒れました。

OI003966


たまたま
まだ学生だった長男が
実家に母の手伝いがてら
遊びに行っていたので

救急車から最初に連絡を受けたのは
長男でした。
病院にかけつけ、当直医から
「最重症のくも膜下出血でもう助からない。」
と言われ
わたしに電話をかけてきました。


夜の7:00頃
ちょうど主人も次男も
一緒にいる時で

長男が泣きじゃくりながら話すので
最初、何を言っているのか
全くわからず

状況をやっと把握した時

「おばあちゃん、絶対死んだりしないから
おまえしっかりしなさい。」

と怒鳴っているわたしがいました。


もう最終の新幹線に間に合わない時間で
主人が運転して
実家のある町へ向かいました。

車で7時間はかかります。


虫の知らせというのか
その日のお昼
車で買い物に出かけた時
ガソリンがそう減っているわけではなかったのに
目の前にあったガソリンスタンドで
ガソリンを満タンにしました。

行きたかったお店が混んでいたので
ただ時間を潰すためでした。


その時、すでに

母の所に駆けつけることが
決まっていたのだと感じました。


OI003788


実家が遠いことが
いつも苦痛でしたが
この時ほど
恨みに思ったことは
なかったです。



母は重篤な容態だということを
頭では理解できていました。

でも不思議と
「母は死ぬはずない。」

信じていて


驚くほど冷静に
状況に向き合えていたのが
不思議です。


明け方
やっと実家の隣の県にさしかかった頃
薄明かるくなった空に
月が浮かんでいた姿を
今でもはっきりと
思い出します。

image
(画像お借りしました)


あの時の月は
静かで、遠くて、

見守られているというより
何かを...
見定められているような...

冷たい光を
放っているように思えました。




クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ

11月も終わり頃になって
昔〜々着ていたジャンパースカートが
出てきました。


これはわたし的には
秋のチェックです。

OI005265

母のオレンジのカーディガンが
合う(^^)



それにしても
いつのもの、笑?

お丈は結構短いのですが
このままミニとして着ていました。
それは今は200%無理なので(^_^;)
チュニックとして
パンツと合わせます。


あともう少しだけ
11月は残っているから
秋のラストスパートとして
このチェックを楽しんで

迷わず
来年の秋へ持ち越し...♪

好きなものは
ずっ〜と好き。
何年前のものでも
気にしないです。


このチェックの色合い
どこかで見たと思ったら

OI005333



寒さに一部紅葉していた
菊の葉の色に似てる^^

OI005335


こんなサイト見つけたよ。

 

お誕生日で家族のオリジナルチェックが作れます。


ゆりえファミリーのチェック

ん?やや派手め?
ダウンロード (1)


今日、11月22日は
良い夫婦の日なのね。

わたしの膝が痛くなって
何にも、な〜んにも
家のことをしてくれなかった主人が
布団干し
手伝ってくれました。


良い夫婦に向かって
一歩前進?か?



クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ


稲荷神社を出て門前通りへ

風情あるお店が並びます。
OI005328


神社の真横
お稲荷さんをお祀りするためのグッズ?専門店
ちょっと立ち寄らせていただきましたが
きつねさんだらけ、鳥居だらけ
神秘的で独特の雰囲気で
圧巻でした。
DSC_4519

そしてなんともレトロなお饅頭屋さん
ワクワク(☆゚∀゚)
IMG_20201116_200313_813

この煙がたまらん。
DSC_4517

歴史あるお店で
Point Blur_20201121_082437


店主様でなんと十六代目
(十七代目だったかもしれない。曖昧でごんめなさい。)
IMG_20201121_081429_461

右端にちらっと写っている
元気なおばあちゃんとお話しできて
楽しかった^^

ずっと美味しいお饅頭を
作ってくださいね。



クルミ饅頭をいただきました。
その場でパクっと食べてしまった。
蒸かし立てで
とっても美味しかったです。
DSC_4515


で、
またまた
すぐそばの子ぎつね寿司へも突撃
DSC_4324

ここもかなり古くからあるお店。


お稲荷さんをテイクアウトして
車の中で主人と二人でパクパク(⌒∇⌒)ムシャムシャ


油揚げの色の黒さにちょっとビックリ。
黒糖を使っているのかもしれないです。

中にクルミが入っているので
ごはんとオヤツの二つの要素を兼ね備えているのです。
IMG_20201121_075841_237

お味も見た目通り
結構濃いのですが
濃いんだけれど美味しい
美味しいんだけれど濃い
というぎりぎりの線を
きっちり攻めきれているのが流石です。


秋は暮れるのが早いのです。
そう寒くなくて良かった^^

DSC_4323

「また来年も来たいね」
と言いながら
いなり寿司の美味しさをかみしめつつ
帰りました。


よろしければクリックお願いいたしま~す。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
にほんブログ村


菊祭りに行ってきました。
稲荷神社の菊祭りです。

OI005250

とっても良いお天気でしたが
着くのが少々遅くなってしまい

秋の日は釣瓶落とし...

黄昏始めてしまいそう。

OI005268


とにかく、菊、菊、菊

OI005295


OI005262

一面に菊。

OI005303


OI005251


今年は開花が遅れぎみで
今が一番綺麗らしい^^

OI005291

咲き誇る菊に囲まれ
狐さんもご満悦(^^)

OI005267


ん?
なんとも分かりやす〜い演出。

「菊」で書かれた「菊」
OI005266

そして
狐さん
OI005270

接近すると
かなり迫力はありますのよ。ホホホ...

OI005276


たった一組
七五三の家族連れ

Point Blur_20201120_082900

袴姿がかわゆい。
「ソフトクリーム買って、ソフトクリーム買って」
って
そればかりか叫んでました(笑)



見事に丹精された菊が
そこここに

OI005257

OI005256



そして菊人形

実は主人
菊人形が幼い頃のトラウマで
超苦手...らしい...

OI005253

幼い頃、着物の菊が枯れて
ぼろぼろになった菊人形を見てから
怖くてたまらないそう(^_^;)


うーん、想像すると
確かに怖い??

IMG_20201120_071551_420


でも今回、こうやって
一生懸命菊人形を作っている姿を
見ることができ

IMG_20201120_071920_187

少し考え方変わったみたい。


近くに菊畑があって
菊好きのおじいちゃんたちが
一年間かけて
大切に育てた菊たち。


そして飾り付けするおばあちゃんたち

IMG_20201120_071620_447


枯れた菊人形だって
楽しめてこそ一人前じゃないか...
という境地に...(-.-)



菊に彩られた別世界を楽しめました^^

OI005289

本当に綺麗で見応えたっぷり。



もう夕方近いので
参道のお店は閉まり始めていて

OI005322



お腹が空いたので
何か食べたい(笑)


狐さん
また、来年。
OI005323

神社の前にあるお店で
何か買って帰りましょう♪



クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ


このページのトップヘ