母のタンスの中からこんな短冊が出てきました。
多分、どなたか父か母のお友達が描いて
くださったものだと思います。
朝顔...今の季節にピッタリです。

P6051965

ちゃんと和紙に包まれていたのですが包み紙はシミがけっこうあり
やはり中の色紙にも少しシミがでていました。
残念。
何年前のものかな...想像もつきませんが
多分一度も飾ってない感じです...
時の流れは残酷...え~ん
布も紙もシミだらけにしてしまう...
(お顏もね~^^;)

で、
わたしが玄関に飾りました。
ただ短冊かけがないので
おいただけなのですが...

それにしても綺麗...
朝顔の花びらの繊細さが伝わってきます。
こんな風に濃淡をつけて
お花を描いてみたいものです。

P6051967

今年の夏、ここで咲いていてもらおうとおもいます。



(笑)
和菓子ですフフフ

朝顔です。

P6051977

こちらもあまりにも綺麗...

P6051973

で、アップでもう一枚
真ん中には透明な寒天が...
そして葉も涼しげに透き通って

P6051979

割っていると優しい黄色の梅味の餡が

P6051982

爽やか~♪

朝顔の短冊を見ながら
描いてくださった方にお詫びしつつ
美味しくいただきましたよ。

 よろしければクリックお願いいたしまぁ~す^^