はじめて料理旅館のランチをいただくことができました。

ず~っと前からあることは知っていましたが
一度も行ったことはなく...
今回の実家への帰省で機会があり
行くことになりました。

とっても暑い日
澄み渡る夏の青空、バスの中からパシャリ

IMG_20170721_203615_297

ずっとこの町の住人だった母も、多分行かずじまいだった所かも。
わたしももう今度いつ行けるか...
一期一会感半端ないよ(笑)
たくさんお写真撮ってきましたぁ~。

実家だったのでちゃんとした靴がほとんどなくて...
いつ買ったかも忘れてしまったのですが
こんな可愛いミハマのリボンの靴が
なぜか下駄箱にあったので
年を忘れて履いてきました(笑)

P5271563

懐かし可愛い靴、昭和の思い出の靴。フフフ。
でも、今でも同じものが売ってます。
坂の上だと聞いていたのでヒールも低くてちょうどいいです。

料理旅館ですからお泊りもできますが、
もちろん近いので泊まりません(笑)(^-^;タカイカラネ~
一番お手頃なランチだけですフフフ...
それでも、わたしにはよっぽどのことがないと
行かないお値段ですからネ~♪

「山乃尾」というお店。
この看板までもきつい上り坂です。

IMG_20170721_203433_932

そしてここからもまた上ります。
雪深い日は大変かもです。

IMG_20170721_203905_588

この門のあたりは数年前、放送されていた昼ドラの
「花嫁のれん」の舞台になった所だそう。
旅館の中はセットらしいです。
お元気だったころの野際陽子さん
暖簾を守る女将の貫禄抜群ですネ。
素敵な女優さんでした。

_20170721_213723

(画像お借りしました。)

趣のある門が見えてきました。

IMG_20170712_004153_709
ゆっくり坂をのぼって
やっと入り口近くへ

P5271547

母も一緒に連れてきてあげたかったけれど
足が悪くなってからでは無理でしたね。ここは。

山乃尾
山の尾っぽの方にあるという意味だそう。

IMG_20170712_004043_625


中に通していただき...
P5271546

大広間?カナでランチをいただきました。
個室もお願いすることはできますが個室料金がかかります。
一度は行ってみたい気もしますが
そこまでは無理なので(笑)

IMG_20170712_004616_830

このお部屋からもお庭が見えて
雰囲気は十分楽しめます。

IMG_20170712_004458_492
豪華なランチ
小さな15個の漆器のお皿に
一つ一つ丁寧に作られたお料理が並びます。
IMG_20170712_003446_251

そしてお味噌汁と治部煮
器も素敵です。
P5271506

ご飯は新生姜としらすの炊き込みご飯で。
P5271512

この治部煮はわたしが知ってる治部煮と
全然違う~(^^)オイシ
治部煮はそれぞれのおうち、お店で全然違うんですね。実感しました。

IMG_20170712_003904_781
でも、どれが一番っていうものではないですね。

綺麗で旬の食材を使ったお料理の数々
P5271503
百合根の梅肉添え
P5271500
麩の田楽
P5271502
太きゅうりのあんかけ
P5271511
デザートのゼリー
P5271515
和菓子で閉めたかったナ(笑)
とっても美味しくいただきました。

お食事を終えた後は
日本庭園をお散歩しました。

お部屋はすべて離れになっています。
P5271527
仲居さんが大忙しでお庭を行ったり来たり
P5271536
静かで贅沢な時間が過ごせそうですね。
一度で良いから泊まってみたいものです。
IMG_20170721_204044_731
湧き水
P5271531
高台にあるので見晴らしがとても良いです。
坂を登った甲斐があります。

IMG_20170721_204210_632

しばらく街を見下ろしてぼんやりしました。
IMG_20170721_204349_142
瓦がキラキラ

P5271518

近くて遠い
憧れのお店に行くことができました。
「いつか」が一つ叶いましたよ。

P5271544
今度はいつ来られるかしら...?
IMG_20170712_004815_896

坂が登れるうちに
もう一度来られますように(笑)


よろしければクリックお願いいたしまぁ~す^^