Detour

しばし...昭和にとどまらせて下さい...

2016年09月

台風が来ています。
雨も激しくなりました。
今日は家でじっと過ごすのが良さそうです。

b0333361_11095317


この前主人と行った緑地公園はとても広くて
森の中に施設が点在している感じでした。
森に住む生き物たちの小さな博物館
わたしはそんなに興味がないのですが
主人はこういうところが大好き(笑)
DSC_2325

昔の電車が置かれていました。
主人まっしぐら(笑)
わたしも電車は嫌いではないんですけどね。
そこまで興味はないんです。

DSC_2311


中には入ってみると
昭和レトロな電車です。
ちょっとワクワク

男の子が窓を開けたり閉めたり
不思議そうに見ていますよ。
そう、今の電車って窓が開かないものがほとんどですからね。

DSC_2318

やっぱり電車の中には男の子が多いですね。

でも男の子だからって一概に電車や虫、動物が好きとは限りませんけどね。

何しろうちの息子君たちはその三つは全然興味がありません。

主人はどれも好きですし
わたしは女の人の中では虫も動物も好きな方に入ると思うのですが

だれが怖いと教えた訳でもないのに
息子たちは二人とも
虫や動物を見ると泣きながら逃げ回ってました(笑)
はりゃ~??みたいな感じでしたよ。
なぜでしょう??不思議。
どこからかそういうDNAが入り込んできたんでしょう。フフフ

もちろん電車は怖がりませんが(笑)
そんなに興味もなかったみたいです。

でも....
電車に乗ると...
こんな風に走ってましたね...

走る!
IMG_-4k4w35


走る!

DSC_2320

走る!

DSC_2312

子供って、みんな
なぜか、この細く長く続く通路を見ると
走り出したくなるんでしょうか?
もれなく全員走ってました(笑)

床が木でできています。
懐かしいですね。


小学校の低学年の頃だったと思うのですが
父も母も働いていて、日、祝日といっても仕事があって
どこにも遊びに連れていってもらえないことが
本当に不満になったことがありました。

それでわたしが何度も何度も泣いて訴えたら
突然、妙な家族旅行の計画がたてられました。
それは家族四人で電車に乗り
一時間くらい経ったところで
またそのままどこにも行かず
折り返して帰ってくる....
という...
なんとも...ただの鉄道オタクの人しか喜ばないであろうという計画です。

で、その計画はある日曜日に実行されました(笑)
わたしは家族で電車に乗れたというだけでも
かなり満足したのを覚えています(笑)

DSC_2321

その時乗った電車は、こんな感じの電車だった記憶があります。
父が窓の外を見ながら
「ゆりは近眼だから遠くをみなさい。そしたら良くなるから」
と言ったら、母が
「そうかな、そうすれば治るかな、治るねきっと」
と言っていたのを覚えています。

ま、治るどころか
どんどん悪くなったんですけどね(笑)

家族で出かけたほとんどない記憶の一つです。


冷房もなくてこんな扇風機が回っていましたね。

DSC_2316
扇風機がこっちを向いてくれるのを
待っていたものです。


夏に虫に食われた葉がレース模様見たい。

DSC_2340

台風が通り過ぎたら
秋晴れになりますね。
きっと。


よろしければクリックお願いいたします^^




にほんブログ村


ちょっと日は遅れましたが
近所のお菓子屋さんで月見団子を買ってきました。
小さい頃からいつも行っている町の和菓子屋さんです。
何回買ったか数えきれないですね(笑)


帰り道道端のお花というか雑草かな?を摘んできたので
小さなコップにさしました。

お気に入りのしまい込んであった食器を出してきました。

b0333361_23434778

和的な柄の食器で
「菊づくし」
というシリーズのものです。
今の季節にぴったり

なんとも可愛い絵付け...
日本のニッコーというメーカーのもので
人気があったと思うのですがなぜか結構前に廃盤になってしまってました。

b0333361_23434790
前、取り扱い店の方にお尋ねしたら
社長さんが変わってすべて考え方、方針が変わってしまったらしいです。
残念。
社長を恨みました(笑)
間違ってるよ、そのチョイス(笑)
b0333361_23434750
それならばもう少し買い揃えておくのでした。
中途半端な揃えになってしまったのです。

わたしにとってはお高いものですが
外国の高級ブランドのものよりは
ずーっと、ずーっとお安いです。
1000円代くらいからのものなので…
割れても涙ポロリ…ですみます。


和的で繊細さがあって…
嫌みのない可愛らしさ
普段使いにもできる高級感。

なぜか、なぜか、なぜか
わたしの好きなものは
廃盤になっていくことが多いです。

ずれてるんかな~ぁ....


よろしければクリックお願いいたします^^





にほんブログ村


秋雨が降っています。
ちょっと肌寒いくらいですね。
白っぽいお洋服が季節外れのような気がしてきました。

秋になったので、古い商家を改造した記念館にぶらりまた立ち寄りました。
季節ごとに訪れたいんです。
QmURpkL7g_tKj3L1474165361_1474165430
秋雨の季節は
アレルギー兄弟、長男君の方のぜんそくの季節だったことを思いだします。
小さいころはけっこうなものでしたが
有り難いことに中学を卒業する頃には治りました。

特に台風が来る時は緊張したものです(笑)


曇りで涼しいので、風鈴の音がなんとなく寂しい。
秋の風鈴は淋しすぎる...
P9140504
実家のおとなりの庭からドンドン伸びてくる逞しすぎるヤマゴボウも
こんな風に生けると秋の彩り...参考になります。

P9140492

こちらは赤ちゃんヤツデ

P9140493

地味なお花ほど飾る時、センスを問われますね。

お花を習わずともこうしてお勉強しよう。ふむふむ(笑)


黄色い菊の毬がたくさん並べられていました。
菊は日本の国花なのですね。
この年まで、知らなかったです。
そういえばそんな気もします...という程度でした。
P9140494


帰り道、どなたかのおうちのお庭にこんな可愛い実を発見。
なんていう木なのかな...
知りたくてたまらなくなりました。
わたしは木の実もと〜っても好きなので...

P9140508

ずっと前、若い頃、テレビを見ていたら
タモリさんが出ていて
『人間年をとってくると、若い頃興味がない人でも
なんとなく花が好きになってきて
そして次に木が好きになる。
そして道端に生えている木が何という木なのか知りたくなって、
道行く人に「この木何の木ですか?」って聞きたくなるほど気になってくるらしいです。
そうしたらその頃は、もう男も女もほとんど
あっちの方は(あっちってどっち??フフフ) ダメになってるらしいよ。』

って言ってたのをこの頃しみじみ思いだします。
あの時は全く実感湧かなかったです。

でも、確かに!
何はともわれ(笑)
花、木の順に好きになって
しかも木の名前が、知りたくて知りたくてたまらなくなってます。はい。
写真に収めて自分でインターネットで調べたりしてますし。
そしてこの前はエゴノキの名前を見つけましたしね。

そう、そういえば
わたしは女であることをこの頃ほとんど忘れてやしませんか?
フフフフフフ.....
「人間」ってくくりで自分の中に落ち着いている気がしてきました(笑)

じゃあ、次、盆栽いくでしょうか?
フフフフフフフ....

P9140634

この木何の木♪気になる木~♪
名前も知らない木ですから♪名前も知らない花が咲くでしょう~♪

っていう風にあっさり終われない自分がいます。
自然の流れなんでしょうかね(笑)


よろしければクリックお願いいたします^^


にほんブログ村


この前出かけた時、デパ地下の
「懐かし昭和のパンコーナー」みたいな所で買って参りました。
小さなワゴンに乗っかってるだけのコーナーなんですけれどね(笑)

「ホワイトサンド」です。
パッケージもレトロ可愛いでしょ。
前回ジャムサンド を買ってからすっかりファンになってしまって...
やっと次の味をゲットしましたよ。
P9170608
お皿も秋色のものを出してきました。
飴色です。
ちょと色むらがありますね。
もしかしたら昔々のB級品なのかのしれません。
リサイクルショップでとてもお安く買いました。
P9170617
これが面白いんです。
ノリタケってカタカナで書いてあるんですよ。
フフフ...偽物かな?
普通ノリタケのものはローマ字でNORITAKEって書かれてますよね。
P9170618
でもシリーズものみたいで
長~い時間かかりましたがあちこちで見かけて
少しづつ集まりました。

これはマグカップ
P9170619
ほらね。カタカナです。
P9170621
そしてアンバー色のリンゴちゃん
P9170614
透明なものも見かけますよね。
きっと普通に皆様のおうちにあったと思います。
わたしはこれはリンゴというより梨のイメージなので
秋に使うのが好きなんです。
P9170612
はい。こんな感じでフルーツを盛り付け
濃い目の珈琲をたっぷり入れました。
P9170625

サンドイッチ用の薄切りのパンに優しいホワイトクリームが
昔のこういうクリームはじ~んとくるほど甘かった気がするので(笑)
ちょっと怖かった(笑)のですが
これはとっても今風のほど良い甘さです。
P9170631
薄切りサンドが二組入っているので
おやつ用に一組は残しておきましょう。
フフ3時のお楽しみ。...か、お夜食?
太るよ( ̄ー ̄)ヘヘヘ
P9170632
まだ、ピーナッツ、チョコレート、カスタードクリームがありますからね。
楽しみです。


よろしければクリックお願いいたします^^



にほんブログ村

昨日、十五夜お月さまを見に夕方から出かけました。
雲がかかってはいましたが、なんとか見られそうな空だったので...

わたしは太陽よりお月さま好き派です(笑)

まだ明るかったのでお茶をしました。
母と行こうと思っていたホテルです。

入り口も緩いスロープになっていて車椅子で入れるし
玄関のアプローチまで介護タクシーさんに迎えに来てもらうことになっていて
この計画を母を楽しみにしていたのですが、
まさかこんなに急に亡くなってしまうとは思わなかったんです。

P9150542


和洋折衷のレトロな雰囲気のホテルです。
秋のステンドグラスの前に座りました。

P9150544


お目当ての和菓子の生菓子は残念ながら売り切れていて
ケーキと珈琲をお願いしました。

P9150551

ケーキは中の木の実のヌガーの部分に
地元の飴が使われていてあっさりとした甘さで、変に歯にくっつかず(笑)
とても美味しかったです。
珈琲も私好みの濃くて苦い珈琲で癒されました。


平日の夕方なのですいていて、とてもリラックスできました。
お月さまを待つ贅沢な時間です。

P9150555


6:00少し過ぎました。

秋の日はつるべ落とし
そろそろ出かけないと...
外に出ると、少し肌寒いし、もう暗い。
まだどこか夏の夕方の感覚が残っているので
ちょっと寂しくなってしまいました。

P9150558

お昼もほの暗い木陰が多いこの公園は
夕方ますます暗さが増して

P9150565

曇りっぽい空なのでお月さまが見られるかどうか...

DSC_2477

巣に戻るカラスの声がカァカァってとっても賑やかで
DSC_2481


あぁ、見えました。ほんの微かな光ですが
木々の間から

DSC_2479


公園を通り過ぎて
雲に隠されながらも...
十五夜お月さまを発見できました。

P9150568

少しすると雲が流れて
薄紙に包まれたような儚いお月さま。

_20160915_182111


ものの20分くらいで暗くなり
少しくっきりとしてきましたが
やはりすりガラスから見ているような十五夜お月さまでした。

それはそれで神秘的で歯がゆい感じが素敵でした。
一回一回の十五夜を楽しまなくては...

DSC_2493


家に帰って、昨日は一人のお夕飯だったので
月見うどんを作って食べましたよ。



よろしければクリックお願いいたします^^



にほんブログ村

今日は十五夜、仲秋の名月の日ですね。
わたしはお月さまが大好きなので
月齢はけっこうチェックしてる方かもしれません。

今日は晴れるかな?
前、雨の予報が出ていましたが
今日は晴れの予報に変っていました。
良かった。

今日は昨日市場に行って買ってきたお花を生けることにしました。
この壺なのか...花器なのか...
それとも両方なのかわかりませんが(笑)
...にお花をいけたいと思ったんです。
十五夜ですしね。それにちなんんで。


かなり立派な壺です。
応接間のボロボロな箱の中から出してきました。
高さが35cmくらいあります。大きいですよ。
綺麗です。

P9150510

ほとんど使われてません。
大事にしていたんだと思いますが
わたしが使わなければ次はリサイクルショップ行きになってしまいますから...

柄もとても凝っていて
色合いもスッキリ爽やかで
季節を問わず使えそうです。

P9150513

金彩の部分もお魚や鳥が描かれていて
見れば見るほど手がかかってます。

壺って悪い運気を吸い取ってくれるとも言われているらしいですね。
風水かな?
そういうのは全く詳しくはないんですけれど...。
どんどん出してゆこう。壺君。

P9150517

昨日買ってきたお花
百合、吾亦紅、名前はわからない緑の風船みたいなお花。あと白菊。

大きな花器にお水を入れたら
移動不可能に...重っ(笑)
この壺でお花を生けたり、水を替えたりするだけで
けっこう力が必要。
何歳まで使えるかな...フフフ

P9150518


大胆にえいっ!と挿してみましたよ。
ほとんど買ってきたまま挿しただけ...
本格的に習ったことがないので
逆になんでもありで自由にいけてま~す。

P9150529


今回はお花屋さんのおじちゃんじゃなく、
自分でお花を選びました。
百合はお月さまをイメージして優しい黄色。

P9150524

吾亦紅のシックな臙脂色というかダークパープルというか...
それでいどこか可愛らしいので大好きで
秋になると必ず買ってしまいます。

P9150527

この風船みたいなお花は外国のものだと思います。
これもお月さまをイメージしました。
満月...ぷっくり...みたいな感じです。

P9150528


これからはどんどん家にあるモノ
忘れ去られて?ん?大事にされすぎて?かな?
どんどん使っていきたいと思いますよ。

モノは時を彩るためにあるものかもしれませんからね。
そして時は流れて
決して戻ってはこないものなんですから...

P9150523


よろしければクリックお願いいたします^^



にほんブログ村

秋雨ですね。
昨日、今日と夏の暑さを忘れてしまうくらい涼しいです。

P8260379

広島が優勝しましたね。

25年ぶり...

DSC_2416

主人は半端ない広島ファンなので
あの時はテレビにくぎ付けでした。
結婚したときはすでに強烈な広島ファンでしたから
もう最低30年以上はファンですね。
いつからあの熱狂が始まったのかは知りませんけどね(笑)

DSC_2420


..若かりしある日、ベルサイユの薔薇バージョン..
結婚前、デートした時
オシャレもしてきたし、楽しみにしてました。
でも、
なぜかその日、会った時からソワソワソワソワしていて
話も上の空だし、目が泳いでいる感じなんです。
ん?なんか変...

_20160906_013130

「ちょっと、ゴメン、ちょっと...」
とか言いながらどこか行って戻ってきたり
そして、デパートのレストランに入って食事をしている時
チラチラチラチラ時計を気にしながら
完全に気持ちはここにあらず...
そしてとうとう意を決したように箸を置いて
「ごめん、ちょと、すぐ戻ってくるから...」
と言ってお食事の途中に出てってしまったんです。

はぁ?はぁ?はぁ?
意味不明。

何だか怪しくて
わたしもそ~っと後をつけていきましたよ。

_20160914_102237

原因を究明しなくやいけませんからね。フフフ
そしたらエレベーターの前の公衆電話で電話をかけていたんです。
わたしはそ~っと見守りましたよ.。

_20160914_101835

でも主人は何もしゃべっていなくて
黙って、真剣な顏をして
受話器を耳に当てているだけなんです。
しばし..数分間くらいそのまま...
と、突然おもむろに受話器をおき
くるっとこっちを向いて
晴れ晴れとした笑顔...
後ろに立ってるわたしを見つけて
悪びれる様子もなく
「あ~良かった!勝ったよ!頑張ってくれたなぁ!さぁ、食べよう!」
って言うんです。

広島球団の試合の途中経過を聞きに行ってたんですね。

_20160914_101741
30年前ですから、その頃スマホどころか携帯電話もなくて
野球の途中経過は電話の「カープ電話速報」
みたいなところに電話して聞くしかなかったんです。
もちろん何分かごとに更新される録音ですよ。
わたしはそんなものがあるって、その時初めて知りました。

しかも広島まで電話するんです。
あの頃、遠距離通話はものすごく高くて...
そういえばあの時主人は
100円玉を何枚も惜しげもなく投入してましたね。プン

勝利を知った後のお食事はご機嫌だったことはいうまでもありません。

家に帰って母にその日の出来事を話して
不満をぶつけました。

母は「いいじゃない。野球くらい。健康的で」
みたいなこと言って、意に介してくれなかったんですけれどね。

主人が一番わたしに気を使ってくれていた婚約前の時期でさえ、あの状態でしたから
結婚後なんて推して知るべし

主人は普段あまりメールなんてしないのですが
この25年ぶりの優勝カウントダウンで
若かりし頃の広島ファンの輪が突如復活。
こんなものが突然送られてきました。
「カープ優勝福袋」ですぅ。

_20160913_195810
フフフフフフ.....
還暦近い男の人が喜ぶものでしょうか???フフフ....
カープ坊やは可愛いですけどね。

確かこれを下さった方、私たちの結婚式の時
広島カープの応援歌をエレクトーンをひきながら歌ってた人ですよ(笑)
広島ファン、ブレ一切なし。

そしてうちの息子たちも
いつの間にか
長~い時間をかけて洗脳され
広島ファンになっていましたとさ。まる。


3:1で負けそうですけれど...
わたしは広島より夢中になれるものを探しますわ。フン

_20160906_012828
おしまい。


よろしければクリックお願いいたします^^




にほんブログ村

雨が降ったりやんだり...
雨がやんだばかりの晴れ間は
ムンムンして暑くてたまりませんね。

でも緑は雨に洗われて鮮やかに...
_20160913_101308
とにかくしつこく誘わないと主人は動きません。
体のためにもお散歩しなくては
主人の仕事は運動不足になりがちなデスクワークですから...
自然多い緑地へ...


紫陽花の花が立ち枯れていきます。
わたしはその様も大好き。
DSC_2330
もう少しするともっとお花の色が濃くなってますますシックになります。


紅葉の気配が...
紫色のお花が散っていました。藤のような花びらですが
何のお花かはわかりませんでした。

紅葉の時期が楽しみ
IMG_20160913_104208


公園でゲゲゲのポストを発見
深大寺の鬼太郎茶屋にもなかったのにこんなところにあったわ~👀
IMG_20160904_173435
近づいて見てみると...
なんとブックポスト
公園のベンチでお昼寝しつつ読めるようになってるんですね。
オシャレ...
DSC_2309
横にはもう一つこんなポストみたいなものが...
「森の虹」って素敵なパンフレットが入っています。
DSC_2307
わたしが子育てした場所は田舎だったので
当たり前に自然がいっぱいでしたが
ある意味、なんとも窮屈で狭い世界...という面がありました。

価値観が思いっきり一つなんです(笑)
それはそれでぶれがなくて良いっちゃ良いんですけどね。

都会に近くて、それで緑が多い
こんな場所で子育てしてみたかったなぁ...
なんて、
小さなお子さん連れのファミリーを見ながらそう思いましたよ。

まぁ、あの二人はそうそう育った環境が違っても
そんなに違う人間になったとは
思えませんけどねフフフ...

一人の人生に与えられる背景は一つ限り
お約束です。



水底ではなくて木底?にいる気分になります。
木の上の、上の、光がこぼれてくる部分から
神様が見守ってくれているように感じます。
IMG_20160913_104113

二人とも足が長いでしょ?ヘヘヘ
夕方に向かう森はちょっと寂しくて幽玄な感じに変っていきます。
IMG_20160913_113931

木々の間から
IMG_20160913_103907

木漏れ日が...
IMG_20160913_104354
真っ暗になってフクロウさんが鳴くまで
この森が暮れてゆく様を
ずっと見届けたくなります。



よろしければクリックお願いいたします^^


にほんブログ村

今を盛りにあちこちで咲いてますね。
キバナコスモス
このレトロでビビッドなオレンジのお花がこの頃大好きになりました。

かなり丈夫なお花なので道端のコンクリートからニョキっと出ていて
くっきりとしたオレンジのお花が風に揺れています。
このお花も電信柱の脇のコンクリートのところから出で
元気で咲いていたので、思わず摘んで連れ帰って来ました。
P9090441
そしたら家に持って帰るまで30分くらいの間に
クニャクニャになってしまって...
急いで水切したらしゃっきり元気になってくれました。
流石、元気者です(笑)


緑の中にあってもくっきり存在を主張してます。
咲いているとすぐにわかりますよね。
P9090443
つい最近まで、コスモスらしい儚さが感じられないこのお花のことを
好きでもなく、興味もなかったのですが
なぜか、急に、この昭和レトロなオレンジ色のお花に惹かれるようになりました。

元気を分けてくれるような気がするんです。
P9090452
ビタミンカラーのオレンジ色がマイブームなのかな...フフフ
わたしの愛する昭和レトロの代表的な色でもありますしね(笑)

可愛いつぼみ
P9090480
うっすらオレンジ色の花びらが透けて見えて
小さな中にぎゅっと元気を秘めている感じがたまりません。
BlogPaint

花言葉は
「野生的な美しさ・幼い恋心」
無邪気で奔放な感じがしますよ。
P9090456

子供の頃の
懐かしい秋の景色の片隅に
咲いていたような気がするお花です。
P9090435

いつか、幼い頃の、本当の自分に会えますように。


P9090460

お花それぞれ、色ごとに違った魅力があって
それに年々気づいて、認められるようになっていくのが嬉しいです。
年をとるのも悪くないなぁ...と思う瞬間。

でも、このお花はこんな風に自然の中で
風に揺られて咲いているのが
一番素敵ですね。
c0352413_20132480
コンクリートの上だったとはいえ
種が落ちた所で、頑張って咲ける実力を持ってるのに(笑)
勝手に摘んできてしまって
ごめん。

よろしければクリックお願いたします^^


にほんブログ村

ずっと行きたいな~と思っていた
小学校の裏側にあった小さな社に行きました。

学校の横にある竹やぶに囲まれた階段を下りて行くんです。

お昼でもなんとなく薄暗くてひんやりしています。
人通りが少なくてちょっと怖いくらい。
193c997e0e2301b23877591f1c2617f7
昔はこんなきれいな階段じゃなかったです。
子供たちがぴょんぴょん飛んで降りてました。
階段を降り切った所にあるはず...

同じ場所にちゃんと残っていましたよ。
...全体的に明るい印象になった気がします。
e40e6cc8b235e7d3dab1a9946e74529b
おまつりしてある部分も新しくなってますね。
よくは覚えてないけれどやっぱり印象が違います。
3a8a65a0ddfaa12e828093cc21b5586e
ここで学校帰りに
運動会の前とか、漢字テストの前とか、
上手くいくようにお参りしてました。

わたしはかけっこの前は必至でお祈りしてましたよ。
どんなにがんばっても遅いので
神様にお祈りするしかなかったんですもん。

でもお祈りしても
無理なものは無理だったですフフフ。

けっこう皆、立ち止まってお参りしていました。
自然にね。
62dafd7ff4ae5c5979294f8bb55e1bd8
今でも小学生の子たちはここで帰り道お参りしているのかな...?
それともこの道はなんとなく危ない道だから
通学路としては禁止されてしまっているかもしれません。

お賽銭箱
ちゃり~んって入れました。
これは昔のままの気がします
55f7134e73e4b94f9c94a83751a0c8af


階段を降り切った後は
今度はとにかく急な上り坂になっているんです。

小学生の頃はランドセルしょって駆け上がって家に帰りました。
この道を通るとかなりうちまで遠回りになるんですけれど
なぜか行きたくなるんです。
39752d8c9f20bec2953b8bd8e44d4728
今じゃとても登れませんね。



9月の明るいお昼なのに
竹やぶがざわざわして そわそわしてきて...
なんとなく怖いな...って思うんですよ。
今もね。
63a9ec6e20bd72dec84fc6638bfe02e9

そしてこの竹やぶを抜けると今度はお墓があって
ゲゲゲの鬼太郎の世界が待ってるんですよ。フフフ
9f9cbcc1cf0110eb1982df8c80c6a357
怖くなった時は歌を歌うと良いですよ。

小学校の校歌、歌えるかな?



何十年も歌ってないはずなのに
なぜかフルコーラスで歌えちゃうんだな~これが
不思議。

ハモニカとかピアニカで
何百回と吹いたり
歌ったりしたからかな...


よろしければクリックお願いたします^^


にほんブログ村


このページのトップヘ