Detour

しばし...昭和にとどまらせて下さい...

2016年10月

自由が丘の帰りは、おみやげを買いに
駅近くの「モンブラン」へ
昔々からある超有名なお店です。 
IMG_20161017_173402
パンケーキを食べて
そんなに時間が経っていなかったので
お腹はすいてなかったのですが
そこは別腹だし〜 
やっぱり、中でお茶してみたい(笑)

有名店だし、お店の前は何回となく
通っていたのですが
入るのは...もしかして...初めてかなぁ...
 大学生の頃は、落ち着いた雰囲気が
近寄りがたかったのかも。

ショーウィンド越しから見える
お店から出ていらしたおじ様二人が
なんとも気品高いわぁ
IMG_20161017_180749
やっぱり入って雰囲気を楽しもうフフフ
 
中は大きな東郷青児の壁絵が
圧巻です。
IMG_20161017_173626
なんともたおやか
IMG_20161017_173846
普遍的な女性の美しさ
IMG_20161017_174116
時代も流行も関係ない...
って思わせてくれます。


ティールームにも東郷青児の絵が何枚も
ハイソな昭和の雰囲気です(笑)

平日かつ雨の日なのにティールームは
ほぼ満席
びっくりです。さすが老舗。
そして年齢層はやや高め。
IMG_20161017_181349
「和くり」という季節限定の
小さなお菓子をいただきました。
IMG_20161017_175716
しっとり、秋のお味です。

横のお席では
おばあ様たちがお孫さんのお話で
大盛り上がり中
Point Blur_20161019_224735
自由が丘にきて感じたのは
ご高齢の方が多いこと。
いろんなお店をご存知の様子。
時間帯もあるのでしょうが
ちょっと意外でした。

 さて
おみやげは何にしようかな〜
全てが美しく、美味しそう。
味は安心、信頼感100%って感じかする(笑) 
_20161019_212046
ここは店名にもなっている
モンブランかな??
IMG_20161017_175921
綺麗✨
IMG_20161017_171622
いやいやでも
お持ち帰りしやすいのにしよう。
モンブランの形が崩れてると凹むもんね。

前、テレビで放送していた
わたしの愛するゆーみんも大好きな
有名なクッキーの詰め合わせ
「ティーコンフェクト」にしてみましょ〜
長く、ちょっとずつ、楽しめるしね。
隠しとけるしねフフフ
_20161019_212447

こんな優雅な紙袋にいれていただきました。
電車の中で
わたしの膝の上にある
この袋をジーっと見つめている
上品なおばあさまがいましたよ。
_20161019_215743
きっと
このお店のお菓子を
ず〜っと食べてらっしゃる方なんでしょうね。
長く愛されているって
本当に素晴らしい事だなって
感じましたよ。

 
よろしければクリックお願いいたします^^
↓ 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ

雨が降っていましたが少しだけ
自由が丘をぶらぶら〜♪

自由が丘は細い路地がくねくね。
小さくて可愛いお店がたくさんあります。

たしかこのあたり?に
「ナンシー」
というお洋服やさんがあったような...
う〜ん、当然だけどない(笑)
お友達が好きでよく一緒に見ました。
IMG_20161017_180337
ニュートラで大人っぽい子のお好みだったので
シンプルでオーソドックスな感じのものが
多いお店でした。
だからまだあるかな〜
なんて思ったんですけどね。

こうして見ても
お洋服屋さんって変わりました。
なんせ30年もの年月を生き抜く
ファッションのお店は少いかもです。
ただ、一軒、
横浜元町にもあるコミアというお店は
ありましたよ。
日本製の自社製のものがメインのお店です。
年齢層高めのお店の気がしていましたが
今、見るとシンプルでとても素敵。
(年相応になっただけ?フフフ)
IMG_20161017_175441
母も洋裁店を40年も経営していたので
大変だったと思います。
いつもデパートをパトロールして(笑)
流行をチェックしていましたから👀


グリーンに囲まれたカフェ、かな?
素敵ですね。
私の中の自由が丘のイメージは
こんな感じなんです。
IMG_20161017_171349
カフェもわたしが覚えているものは
もうなかった気がするなぁ。

本当に久しぶりに自由が丘にきて感じた事は
ママさんが多いことです。
可愛い子供服や雑貨のお店が
たくさんありますからね。
IMG_20161017_172827
そしてちょっとビックリしたのは
雨でも赤ちゃんをベビーカーに乗せて
一緒にお出かけしてるのを
たくさん見かけたことです。
こんな風にベビーカーに
可愛い雨避けをスッポリかけてるんです。
_20161017_140932
昭和なわたしの雨の日の子育ては
寝んねこ半纏でおんぶするか
家の中でくすぶってましたから(笑)

あ〜
「亀屋萬年堂 総本店」です。
すっかり綺麗に変身しましたね。
見違えました。
IMG_20161017_172446
王選手が
「ナボナはお菓子のホームラン王です。」
って言ってたのを
若いママさんたちはご存知か〜ぃ??

よろしければクリックお願いいたします^^

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

雨が降っている日でしたが
自由が丘に出かけることにしました。
 
今度いつ出てこられるか
わかりませんからね 。
DSC_3157

大学生の時に
お友だち4人と良く行っていたお店に
どうしても 行ってみたくなったんです。

お店の名前を覚えていたので
インターネットで検索してみたら
まだあることがわかりました。

「花きゃべつ」というパンケーキのお店です。
スマホで道を調べながら
すぐに着くことができました。
便利ですね。
IMG_20161017_183219
インターネットで見た写真通りでしたが
わたしたちが行っていた頃のお店とは
場所も少し移動したと思いますし
雰囲気も全く違います。

今はビルの一階に入っているお店ですが
前はほぼ全面ガラス張りの
小さな一戸建てのお店でした。
IMG_20161017_183449
夕方になると中から明かりが漏れて
お店全体が大きなランプのように
見えた覚えがあります。
メルヘンチックでファンタジー
別世界に入っていくような気がしましたよ。
私達にとって、特別なお店でした。

今のお店は
ハロウィンの飾り付けが可愛いですね。
ポップでアメリカンな感じかな。
_20161017_195426

メニューも昔と全然違って種類も豊富です。
_20161017_200350
前はデザート系のものしかなかった
ような気がするけれど...

お腹がすいていたので
ベーコンエッグ付きパンケーキセットに

とても可愛いお店ですが
全てに昔の面影は全くありません。
そりゃそうです。
軽く30年以上は経ってますもん(笑)
_20161017_200935

パンケーキが来ましたよ。
とっても美味しそう(^o^)
IMG_20161017_181645
パンケーキはフカフカというより
もっちりとしていて、食べごたえがあり
とっても美味しかったです。 
_20161017_195851
メイプルシロップと蜂蜜も両方ついてきて
いろんなお味で楽しめました。
IMG_20161017_182151
パンケーキのお味は
昔よりずっと美味しかったように思います。
前はもっとホットケーキっぽかったような...

生クリームが添えられているものが多くて
生クリームが苦手なお友達が
わたしのお皿に全部のせてくれて
パンケーキが真っ白になったりしてましたっけ
(本当はダイエットを気にしていたのかもフフフ)

窓の外には可愛い女の子が二人
大学生かな?
_20161017_190401
懐かしいね。
私達の頃はハマトラ全盛期だったなー

お店の玄関に創業37年て書いてありました。
とすると私達は
本当に初期の頃のお客さん(笑)

お店もお味も進化して
当たり前だね。

でも、一つだけ、多分、
変わっていないであろうものを発見👀

このステンレスのシュガーポット
年期がかなりはいってます!!
多分、多分ですが
あの当時から使われているものでは?
IMG_20161017_172047

なんだか...わたしに
語りかけているような...フフフ
IMG_20161017_190812
長い時の流れをヒシヒシと感じつつ...

またいつか
来れる日がきますように。

よろしければクリックお願いいたします^ ^ 
↓ 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

今日10月16日は父と母の結婚記念日です。

そんなことは今まで一切、ただの一度も、話題には出たことはなかったので...(笑)
母は父との結婚をなかったことにしようとしていたんでしょうかね?(爆笑)
この時計の裏側を見て最近知ったんです。

BlogPaint

応接間に飾ってあった時計で
父と母の結婚結婚記念に父の友人から頂いたものらしいです。

動かないし、重いし、石だし(笑)どうやっていつ捨てていいかもわからない...
そこで近所の時計屋さんに持っていったら
意外と簡単に直りました。
新しいデジタル時計になり時を刻み始めました。

PA131620



父と母の結婚記念日を祝して?もう二人ともいないですけど...かな?
動き出した時計とともに写真も飾ってみました。
PA131635


この菊はわたしの生家のすぐ横の道路脇に咲いていたもの。
父と母が結婚して住み始めた家でもあります。

PA131636


そしてこの結婚写真....
わたしが実家の二階の片づけをしていて出てきました。

ただの一度も見たことがなくて
そして
「結婚写真見せて」
ってわたしが何度か母に頼んだことがあったのですが
「そんなものない。」
っていや~な顔をしてきっぱり拒否していたので
てっきり、捨ててしまったか、撮らなかったのか...
どちらかだと思っていました。

PA131638
あったんです。
着物ダンスの下の段に
着物の間に挟まれていました。

正直すごく驚いたんです。
......えっ..あった...
しかも意外と大事そうにしまわれているじゃないか...

わたしが今まで片づけをしていて発掘した
一番のびっくりだったかもです(笑)


なにしろお世辞にも仲の良い二人とは言えませんでしたからねフフフ
どう考えも合わない二人ですワ。
でも母は持ち前の生真面目さ、粘り強さで
最後までちゃんと最低限、妻としての勤めを果たしていました。

平成の世代ならこうはいかなかったと思います。
が、
それが良かったのか悪かったのかは微妙....フフフ

PA131641
秋の真っただ中に結婚したんですね。
その日は秋晴れだったかしら?

なにはともあれ
父と母が結婚しなければわたしという人間はいなかったわけですからね。

母はとてもしっかりした人でしたが
家族に縛られた人生でもあり
人一倍寂しがり屋でもありました。

天国では父と(お互い望めば、ですけどね。笑)
自由に過ごしてほしいと思います。

わたしの大好きな木の実と
母の処分したお洋服についていたボタンも一緒に飾ってみました。

PA131644

わたしも少しずつ自由に過ごしていきたいと思いますよ。

よろしければクリックお願いいたします^^


にほんブログ村

街の中の公園でもドングリがいっぱいウキウキ

山の中ではないからまだ緑色のものが多いです。
可愛い。


PA091486


風の強い日が多かったせいかたくさん落ちています。
ドングリごろごろ

PA091478

必死でドングリを拾う少年
お母さんが「もう帰ろう。そんなの珍しくもないよ。」
って言ってます。
うん。そう。わたしもこういう時はそう言ってたかもね(笑)
お夕飯の用意もあるしね。

PA091469

本当に可愛い。たまらん。

PA091706

来年もまたこの木の下はドングリがいっぱい落ちてるかもしれないけれど
でも、もうこのドングリと同じものではないよね。


PA091468
ドングリ拾いのぼうやも後一年経てば
ずいぶん変わっているでしょう。もうドングリに興味がなくなってしまうかもね...

これからはもっともっと一年一年を大切に過ごしたいです。



実家に戻って二階に上がると
ここは
風呂敷包みごろごろ....
母はとにかくなんでも風呂敷に包んであちこちに置いてありました。
ちよっと包み直したりしてここに集めています。
実はこれはまだまだほんの一部

PA081339


まだまだ包めるように風呂敷自体もた~くさんストックされてます。
風呂敷ごろごろ....

10fe8174-s

もう100枚単位であるよ...

be990eff-s

おかあさん、いったいこれ以上何を包もうと思っていたのかな....


でも風呂敷ってとても優しい。
必要なものも、そうでないものも、いろんな形のものも、重いものも、軽いものも
包みこんで優しい形にしてくれる。

PA081346

風呂敷は母の「いつか」を包みこんで
そっと隠してくれてます。


よろしければクリックお願いたします^^




にほんブログ村

久しぶりの秋晴れです。

PA141659

自宅も実家もお片づけしなくてはいけないものでいっぱい(笑)

母の秋晴れの日
お出か用のお洋服です。
パンツの上に羽織りもののように着ていたものだと思います。

PA041032

これも母が自分のお店で仕立てたもの。
とっても綺麗な色、柄でわたしも好きなのですが
肩パットが入っていたりして
形もサイズも大幅にリフォームしなくちゃいけないので...
このままでも活用できないかな...と思い
オーダーのものも引き取ってくれるリサイクルショップに
持って行ってみようと思っています。
まぁ、でも期待はしてません。
引き取ってもらえない可能性が高いです。

PA041037


実はこのスカーフ...
つぎはぎして何枚かの生地で作られています。

PA041039


前アップしたわたしのお見合い写真のスカートの生地
このスカートはもちろんお客様に仕立てた残りの生地で
母がわたしに仕立ててくれたものですが
そのスカートを仕立てた残りの生地で
また母が自分のロングスカーフを作ったんですね...

7cc70d0c-s

母はこの生地が大好きでしたから。

では、お母さん、お気に入りだった靴を履いて
お出かけして下さい。

PA111567

母はもちろん洋服の数ほどではありませんが
靴も大量に持っていました(笑)
靴は意外と簡単に処分できます。
まだぜんぜん履けそうな、ほんの数足だけ残しました。

PA111564

多分これらもそう遠からず処分することになると思います。

一度に処分することができないんです...
どこからか
「もったいない捨てないで」
って母の声が聞こえてくるような気がしてハハハ
これでもかなり大胆に処分しているつもりなんですけどねフフ

自宅の庭の秋明菊が満開

PA141655

基本わたしはもったいない病の母の娘なんですね。
いや、
もうそれが私、で何か?
って開き直りつつあります(笑)



よろしければクリックお願いたします^^



にほんブログ村

少し前の事ですが...
秋晴れの日

いつもの道を歩いていると
駐車場の植え込みの中に何やらカワユイ物体が...。



近づいてみると...
マイメロディのマスコットちゃんじゃないですか♥
可愛い女の子が落としたのね。
きっとその子は泣いているよ。
c0352413_01243738

誰かがここに緊急避難させたのね。
踏まれたりしたら大変だもの。うん。うん。
PA070959
本当に可愛い目をしてる...
昔からサンリオのキャラクターの中でも
マイメロディーは大好き。

昔、昔、わたしがお勤めしている時の事。
今の時代じゃ、もう、そんな風なお仕事なんて、
ないのかもしれないけれど
完全「腰かけ」なお仕事で
お茶くみ、雑用、コピー取り
やりがいは全くないけれど、大変楽~♪
それでもって、短い間で退職するのが当然という微妙な立場。
これが意外と辛い~

わたしは仕事は一年で必ず辞めて実家に帰り結婚するという約束を
親と交わしていたからね。
昭和の時代、地方出身の長女には良くあったことだったけど。

でも、どんなに勉強ができる女の子でも
大学を県外に出してもらえない子だってたくさんいたから...
わたしはたいして勉強もできないのに
親に希望を聞いてもらえてここまで自由にできたんだから
仕方がないと言えば、仕方がないのさ(笑)
20080626215124
(画像お借りしました)

その時、職場の男の人から
「君らはマスコットちゃんみたいな存在だから。」
って言われて....
なんだか軽~くバカにされた感じがしたけれど(笑)

こんなに可愛いくて癒される存在って意味なら、意外と褒め言葉だったんかな?
なんて考え直したりしてフフフ...
PA070968

帰り道、マイメロディちゃんはいなくなっていました。
持ち主さんが迎えに来てくれたんだね。
それとも...
誰かに連れ去られてしまったのかな?

いずれにしても
大切にされてますように。



よろしければクリックお願いいたします^^



にほんブログ村

すっかり秋ですが綺麗な秋晴れの日はとっても少ないです。

この日も雨は降っていませんでしたが
曇りで肌寒かったです。

落ち葉が綺麗に掃き集められています。

PA091514

あ~綺麗にして下さる方があるからこそ...美しい公園。
自宅の庭の荒れ放題なのを忘れたいフフフ
_20161011_205531

向こうの方でイベントをしています。
PA091508


障子紙をイメージしたような和的な雰囲気のオブジェがたくさん

PA091489


若い恋人同士が
「流れ星がたくさん落っこちているみたいだね...」って
ロマンチックな会話をしながら歩いてます。

わたしには金平糖にしか見えませんけどねヘヘ

PA091491

夜になったら中に明かりが灯るんですね。
ますますロマンチックです。


こんな大きな宇宙基地みたいなものもありました。
子供たちがよじ登っていましたよ。

PA091497

実家の片づけばかりしていると
息が詰まってきてしまうし
でも冬になる前に二階の片づけを進めたいし...

お友達は実家の片づけを
大切そうなものがある所だけ、ささっと自分で片づけて
あとはほとんど全て業者さんに頼んで一任し
済ませてしまったと言っていました。
彼女はホコリにアレルギーがあって
とても古いものを片づけることができないそう。
「もしかするとあの中にお宝があったかも...」なんて笑っていました。

PA091505

そういう方法だってありです。
彼女のご両親に対する愛情はとても深く
必死で残された荷物と格闘すれば良いというわけでもありませんからね。

わたしはもう少し頑張って自分の手で
母の残した大量の荷物を片づけたいと思っています。
懐かしむだけではなく
とても教えられることが多いんです。

楽しみを挟みつつ...
無理せずにやれるところまでやってみます。

PA091503

コリウスの葉がとっても綺麗な赤です。
紅葉の季節も間近です。
今年は寒さが早いので紅葉の始まりも早いかもしれません。
紅葉も楽しみたい。

冬が来る前にしなくちゃいけないことが
い~っぱい(笑)


よろしければクリックお願いいたします^^



にほんブログ村

山野草にますます目が行く今日この頃
昭和系日本人のお決まりのコースなのかしら(笑)

そろそろ盆栽なんか始めちゃったりして...フフ
でも今は若い方にも外国の方にも
密かな盆栽ブームらしいです。

P9090565

近所のお菓子屋さんの窓ガラスに毎年貼られている手書きのポスター
「秋の山野草展」

BlogPaint

毎年気になっていたのですが
なかなか行けませんでした。
第43回...ずっと続いている会なんですね。

今年はなんとか行けそうです。
見たい...山野草。
華やかさはありませんが
儚い可憐さがますます好きになってきてます。

会場も昔々からあるおなじみのホールです。

PA071260

ありました。手書きのお習字の看板が...

BlogPaint

会場はあまり人がいなくて
身内の人たちで作品を見せ合っている感じの
アットホームな雰囲気...

沢山の山野草が展示されていました。
秋の野原みたいです。

PA091446


そしてかなり...かなり...
年齢層高めです(笑)
わたし最年少かしら?フフフ

PA091391

でもこんな風に年を重ねたご夫婦が
二人で山野草を楽しむ姿はとても素敵。
おうちに丹精している鉢がありそうですね。

何と言ってもわたしの父と母は
二人で出かけるところを見たことありませんでしたから。
こういうお二人を見かけるとじっと見つめてしまう...



お写真大歓迎と言って下さったので
ここは心おきなくパシャパシャ
この丹精込めた可愛い山野草の数々をお伝えせねば。

PA091407


白ホトトギス
白は白でも透明感のある白なんですよ。

PA091408


万両
こんなに小さな木なのに沢山の実を生らせるのは難しいらしいです。

PA091449


粉雪が降っているみたいな白いお花。

PA091389


紅チガヤ
かわいい形
でも野原に咲いていたら見逃してしまいそうです。

PA091395

接近して写しているので大きく見えるかもしれませんが
いずれも小さいお花です。

大文字草

PA091374



ミカエリソウ
本当に振り返ってみたくなるしなやかな美しさ

PA091455





PA091458



シクラメン・フェデリ・フォリウム
透き通るような儚さ
とっも綺麗です。

PA091422

二色ありました。
こちらは白です。
この微妙な色の違い、よく見ないと気がつかないくらいです。
良く見るシクラメンのように華やかではありませんが
吸い込まれるような美しさ...

PA091423

じーっと見入っていると
バンダナを巻いたおじいさんが近づいてきて
説明してくれました。

これは原種のシクラメン
秋咲きシクラメンでお花が先に咲いて葉っぱは後から出てくるそうです。
よく園芸店で売られているシクラメンは
春咲きシクラメンで葉が先に出てきて後からお花が咲くらしいんです。

PA091426

確かに葉っぱがありませんね。

後からわかったのですが、あのおじいさんは「先生」らしいです。
他の方からそう呼ばれていました。
山野草を愛していらっしゃる雰囲気がひしひしと伝わってきましたよ。


ヤブキタチャ
聞いたことある名前です(笑)

PA091432



マユミ
赤い実はよくありますが、下の写真の白い実は珍しいそう。

PA091427

先生が教えてくださいました。
知らないことだらけで新鮮です。

PA091419


マユハケオモト
本当にお化粧に使う刷毛みたいですね。
初めて見ました。

PA091382


ツリバナ
赤い実の中からオレンジ色の種?が飛び出して
弾けた様子が踊っているようでとても可愛いです。

PA091386


他にもたくさんお写真撮らせていただいたものがあったのですが
なんだかうまく雰囲気を伝えられないのでボツにしました。
バラやヒマワリのような存在感のあるお花と違って
写真に表現するのは難しいなぁと感じました。
わたしのような未熟者には特に(笑)


寄せ植えが綺麗。
ちょっと作ってみたいんですねぇ。
苔玉とか流行っていた頃は
ほとんど興味なかたんですけれど
ここ数年で興味が沸いてきたんです...

PA091379

でも全ての鉢がとても小さいので
本当に水やりが大変だと思います。
一日二回くらいあげないとだめなんじゃないかな...
夏なんかはもっとかも??

数々の鉢植えを枯らしてきて
家族から「ドライフラワー作家」と呼ばれていたわたしには
ちょっと無理かな(笑)

でも頭の片隅に
しっかりとこの世界はインプットしておいて
いつか小さな可憐なお花を咲かせてみたいと思いますよ。


よろしければクリックお願いいたします^^


にほんブログ村

  実家の私のクローゼットの奥の奥から
トゥシューズが出てきました。

古いものだし、使い込まれたものです。
わたしのものじゃないんです。
わたしはバレエは習ってなかったですからね。
大学時代、寮で一緒だった子のものです。
だから...ゆうに30年以上前のものですね。

PA071325

これは彼女のお部屋に遊びに行った時
この古いトゥシューズがあって.
わたしが「トゥシューズ一度でいいから履いてみたい。」
って言ったら履かせてくれたんです。
そしたら彼女が「トゥで立ってみる?」って無茶なこと言って(笑)
手をつないでくれたんだけれど、到底無理で二人で笑っちゃいました。
人生の中で一番履き心地の悪い靴でしたよ。

PA071327

そして「もう使い込んで古いから捨てようとと思ってる。」
って彼女が言ったので
「じゃあ、記念にちょうだい。」
って言ったら
「じゃあサインするね。」って言って
裏に自分の名前を書いてくれたんです。
わかりますか?

PA071331

「Satomi with Love 」


....懐かしい...
あの時サインしてくれた彼女の横顔とペンを持つ姿を
昨日のことのように思い出します。

その時は二人とも、寮を出る日がそう遠くない時期だったし
彼女も小さい頃から習っていた大好きなバレエから、一旦は完全に離れて
お仕事に就くことが決まっていたので
彼女のバレエに対する熱い想いが伝わってきて
何だか切ない気持ちで一杯でした。

彼女の努力の跡...

PA071330


今回わたしの実家の片づけとともに処分しようかな...とも思ったのですが...

去年、寮の仲間に
それこそ15年ぶりくらいに会う機会があって
その時彼女に会えたのです。
ご主人を事故で亡くされたとのこと(涙)
本当にいろいろあった波乱の人生のようでしたが
あの頃と変わらぬバレリーナのような姿勢の良さ、
明るさで嬉しくなりました。

その時、彼女の一人娘さんが一緒にみえていて

その娘さんが本当に彼女にすべてがそっくりで...
こんなに自分に似ている娘を持つってどんな気分かな?...って思うほど(笑)

そしてもちろん娘さんもバレエを習っていて
本格的にその道に進みたいという希望があるそうなんです。

puffer (28)

(画像お借りしました)

う~ん
いつ彼女に会えるかわからないけれど
一目でいいから娘さんにこのシューズを見せてあげたいな...
そんな気持ちになっちゃいました。

昭和の女の子にとってバレリーナは永遠の憧れですからね。フフフ

幼い頃テレビドラマの「赤い靴」
バレリーナを目指す女の子のお話し。
夢中になって見てました。
主題歌です。↓
 

主人公小田切美保がバレリーナだった母の後を継ぎ、
「和泉バレエ団」に入団してライバルの甲斐鏡子としのぎを削り合い、
先輩の稲村節子のいじめを受けながらも、
プリマドンナを目指して日々頑張っていく物語。
ウィキペディアより

(以下画像お借りしました)
akaikutu04
yukimiho01   akaikutu07 
この番組が大好きで毎週すごく楽しみにしてたし
妹と二人でこの曲に合わせて
狂ったように(笑)踊ってました。 



彼女の娘さんも大変な道だけれど頑張ってもらいたいな...
お母さんの分も思いっきりバレエを楽しんでもらいたいです。
娘さんにとってバレエが素敵なものとなりますように。

img15



よろしければクリックお願いいたします^^



にほんブログ村

このページのトップヘ