Detour

しばし...昭和にとどまらせて下さい...

2017年04月

自宅に戻ってきて主人が早速
「蕎麦屋に行こう!」って誘ってくれました(笑)

出不精の主人ですが、お蕎麦屋さんには積極的。
...ってかそれしかない。ダヨネ~

前、冬に行った時店休日でフラれてしまったお蕎麦屋さんにリベンジです。

なんとも懐かしい昭和な雰囲気の建物。
昔の小学校みたいですね。
山の中なので桜が満開です。

P3050967
温かな日差しの中満開。
幸せです。
P3050964
全面窓のお店の中
このお店を教えてくれた人に
「お店とお庭と周りの景色一体で、くつろげる良い雰囲気よ。」
って聞いてはいたのですが
本当に田舎の親戚の(お金持ちの、笑)おうちにお邪魔したみたいです。
P3050926
野菜天ぷらそばをお願いしました。
DSC_0176
景色を見ながらお蕎麦を楽しみました。
とっても美味しかったです。

食べ終わった後、お庭をお散歩。
お庭から見たお店です。
こんなおうちに住んでみたい...。
P3050938
池にはお約束の錦鯉。フフフ。
「写真を撮りたいから手を叩いて鯉を集めて。」
って主人にお願いしたら
「エサも持ってないのに、そんなことしたら騙したみたいでかわいそうだろ。」
.....って、ほほぉ~
鯉には優しい主人。筋金入りのカープファン。
P3050937
お庭には水仙がたくさん咲いてます。
風に揺れてます。
P3050974
いろんな種類の水仙が。
口紅水仙。
昔は口紅水仙がくどく感じて、好きじゃなかったのですが
今はおめかしした女の人みたいで可愛いく感じる。
P3050980
八重咲き
P3050979
何の芽かな~。
「春の野は 小さな芽たち 大賑わい」
ってわたしが小学校の時作った初俳句です(笑)
先生に褒められたのでまだ覚えてる。フフフ
P3050949
まだ透き通る緑の赤ちゃんの芽です。
P3050930
カタクリ...
また出会えました。今年二度目。
P3050940

こんな素敵なカタクリの説明を見つけました。

0402
4月2日の誕生花
カタクリ
 花言葉:初思い

もののふの八十乙女らが汲みまがふ 寺井の上の堅香子(かたかご)の花<大伴家持>
大伴氏は、大君の近衛隊長の家系でした。
万葉の時代片栗はカタカゴ、と言う、ゆかしい名前で呼ばれていたのです。
早春をひっそりと彩るこの花は一年の内、10ヶ月は地中に!
開花した後、地上から消えてしまうと言う不思議な存在。
しかも、8年も地中で育たないと花を付けないそうです。なんと…。

だから...このお花も、もう8年も咲くのを地中で待っていたのね...
P3050943
花言葉の一つ
「淋しさに耐える」に
納得です。
儚さの中に強さも感じる。

シイタケの畑が...
P3050983
にょきっとシイタケさん。
可愛いね。
P3050988
真冬、お邪魔した時、
寒風吹きすさぶ中ご高齢の方がゲートボールをされていた場所。
春景色です。
今日はいらっしゃらないみたい。
P3050992
「やっぱり春はいいなぁ~。」って主人が呟いてました。
ほんといい。
IMG_20170415_225743_397
山の中の春爛漫に心から癒された一日でした。


 よろしければクリックお願いいたしまぁ~す^^


自宅に戻りました。
まだやることはたくさん残っていたのですが
いろんな意味で戻らなくては...(笑)

まだつくしが少し、スギナにならずに待っていてくれましたよ。
可愛い。つくし大好き。

P3030904

チョーリップはわたしがいない間に終わってしまいましたが
スノードロップはまだ少し残っていました。

P3030892


五十肩とおぼしき症状が良くなりません。
悪くはならないのですが
腕を曲げる方向によっては飛び上がるほど痛い...

パソコンで調べてみると
痛くて動かせずあまり放置しておくと
固まってしまい動きが悪くなってしまう...
って書いてある...
痛くなってから早、5か月以上経っているし
その間、痛い方向にはほとんど動かしていないし
固まっちゃうの?
リハビリの必要はあるのかなぁ?
って不安になり
とうとう整形外科へ...

P3030900

レントゲンを撮っていただきました。

やはり五十肩のようなものらしく(断定はできないみたい)
様子をみるしかないみたい。
ヒアルロン酸の注射をすすめられましたが
注射嫌いなので(笑)
もう少し様子を見ることに...


痛くない方向は動かすようにして
肩を温めて、汗をかくような運動も良いらしい。
でも、痛いのに無理やり動かすのは禁物らしいんです。

自宅の庭の紫のモクレンも咲いていました。
白モクレンと少し花期がずれるんですね。
白モクレンの方が早いんです。

P3030915



自分のお庭の木は
小さな木でも花付きが良くない木でも
なんだか可愛いな~フフフ

P3030916


まだ蕾あります。
大きくてエネルギーを蓄えている感じが
頼もしいです。

P3030912

藤のお花も今年は蕾がほんの少しだけつきました。

P3030908
今まで介護や片づけで無理のある動きが多かったです。
昔と同じ感覚で動けいちゃいけないんですね。
その時すぐじゃなくても、じわ~っと後から
傷んでるのを思いしらされるんです(笑)

これから少しづつ自分に合った運動を
取り入れた生活しなくちゃ。


 よろしければクリックお願いいたしまぁ~す^^



春はお花の季節。
桜だけじゃありませんよね(笑)

雪柳...光が降り注いで、風に吹かれてゆらゆら揺れてます...真っ白な波のよう..

P2290845

赤レンガの前の桜
どこかノスタルジック。
P2290852

結婚式の前撮りのカップルが桜の木の下で。。。
二人で桜を見上げるポーズが素敵ですね。

BlogPaint
外人さんの観光客の団体さんに取り囲まれて
写真攻めにされてました...フフフ
Oh!Beautiful! みたいな(笑)
ワールドワイドな祝福の嵐。 
日本のお着物は綺麗だし、
打ち掛けはよりいっそう豪華ですからね。
いつまでもお幸せに。 

実家に戻ってきたら必ず父と祖父にゆかりの神社(,,,って自分で勝手に決めている、笑)
にお参りに行きます。
P2290864

お灯明をともさせていただきました。

P2290860
今回は自分の事だけをお願いしましたよ。
初めてかも ...

バスの窓からの見えていた
紫モクレンの見事な 木
テクテク歩いて 行ってみました。
大きなお花。
白とは違った魅力がありますね。
逞しさを感じます。 
P2290854
青空の下満開。
P2290856
多分、わたしが小さい頃からあった木ですね。
でも、こんなに気になって近くまできたのは始めて。 
P2290857
自分の身近な場所を
もう一度見直して
昭和レトロな思い出を確認しながら
ゆっくりと前に
進んでいこう。 

わたしには
そんなちょっと?か?後ろ向きな(笑)
ノロノロした歩み方が
自分らしくて
合っている気がしましたよ。

 よろしければクリックお願いいたしまぁ~す^^



桜の季節
必ず夜桜も楽しみたいものです。
太陽の下とは違う妖艶な姿をみせてくれますからね。
P2290873
今年も一人で来ました。
一人でも楽しめる人であることも目標ですが
 誰かときてお店に入りたい気分にもなる夜桜です
こんなレトロなお茶屋さんで
天ぷらうどん&お花見だんごをガッツリ食べたくもあり(笑) 
DSC_0164
こんな看板を見ると花見酒を飲みたくもなりますねフフフ 
P2270709
 お月さまも顔を見せてくれた春の宵
P2290877

ずっと会えない懐かしい人に
一度だけ会えるとしたら
夜桜を見ながらがいいなぁ...なんて考えました。

DSC_0161

桜の咲く川べりを
ゆっくり歩きながらお話ししたいですね。
久しぶりに会うと顔を合せるのも何となく照れくさいですし
淡いピンク色のベールがかかって
お互い少しは若く見えるでしょうし(笑)

P2290866

ここまで生きてくればいろんなことがあったでしょうから(笑)
話したいことだけを話してもらって
もちろんわたしもそうすることにして...

夜桜の華やぎで
きっと素直に気持ちが話せそうです。


この歳になると
会いたい人には会っておかねば...
言えなかったお礼や言葉は伝えておかねば...
聞きたくても聞けなかったことを聞いておかねば...
ってつくづく思いますね。

夜桜ならば
お別れする時も、ぼんぼりに見送られて
淋しさも半減しますしね。
BlogPaint

父にも母にも
もっともっと聞きたいことがあったのにって、って思った
今年の夜桜でした。



 よろしければクリックお願いいたしまぁ~す^^




レストランを出た後
ゆっくりと
いつも必ずお散歩する静かな公園を歩きました。
ここも桜は咲いていますが、日がさんさんと降り注ぐというより
木陰の多い静かな散歩道です。
一番好きな公園かもしれません。
P2290792
いつもの緑のベールにピンクの彩りが添えられました。

P2290729

普段は人通りが少ない公園なのですが
やはり今日は桜の花が本当に美しい日なので
お散歩の人がたくさん。

P2290728

ここも去年母を連れてきたあげた公園です。
母のお店があった場所にも遠くない
幼い頃からなじみ深い公園です。
P2290785

ここの桜は散るのが早い気がします。
他の場所は満開になりたてで、ほとんど花びらは落ちていないのですが
ここはもう少しだけですがお花が落ちています。
しかもお花の形のまま
ぽとんと落ちているんです。

P2290787

確か去年もそうでした。

道のわきに、夏には蛍が住む小さな小川が流れているのですが
もう桜のお花が流れています。

BlogPaint

友禅の絵のようですね。
P2290799


去年この公園に来た時
落ちてきた桜の花を拾って母の手の上にのせてあげました。
その時の写真です。

612b39f3-s

去年はもっと雪が降るように次々落ちてきてました。

今年は自分の手に乗せてみました。

P2290790


だんだん母の手に似てきたなぁ。。。


来年も青空の下の満開の桜を
この公園で見たいな。

P2290727

母が亡くなって日がたつにつれて
写真の人になりつつあります。

わたしが覚えている限り、母は私の中で生きていると思いますが
100年経てば多分誰も覚えていませんよね(笑)
世の中で名をなした人以外
ほとんどの人はそうかなフフフ

だとしたら
これからは
もっと自由に、自分の好きなように、
楽しんで生きてもいいのかな...
って思いましたよ。

P2290804

で、
どうしたら良いのか、どうしたいのか...
具体的にすぐに考え付かないのが
今、現在のわたしなんですけどね(笑)

ゆっくり考えます。

 よろしければクリックお願いいたしまぁ~す^^



朝から良いお天気。
今日は自分のための桜の日と決めました。
青空を背景に満開の桜をどうしても見たかったんです。
すべては後回しフフフ〜

そして行きたかった所があるんです。

P2290725

それは去年の春、
母をお花見につれてきてあげた時
見かけたホテル。
母の車イスを押しながら「いいなぁ~」って見上げたホテルです。

P2290753

その二階のレストラン
「お花見の時期に行ってみたい~」ってずっと思っていたんです。
今日行くことができました。
しかも桜が満開の美しい日に。
二階に行きましょう~♪
光が溢れています。

IMG_20170412_213038_747

レストランへ...
混みあっていましたが
窓側の席に案内していただけました。ヤッター♪
こんな綺麗な眺めです。
なんだか夢みたい(笑)
小さなことのようですが
わたしにとってこれは大きな変化。
DSC_0111
初めて入りましたが
お値段、お財布にやさしめです。
平日はランチ1000円以下で食べられます。
今日は桜ランチ
パンやサラダはバイキング形式で
お代わり自由です。 ご飯もサービスでつけていただけます。
_20170412_234635
サラダもお代わりしてたくさんいただきました。
美味しかったです。

そしてデザートは桜のムース
_20170412_234702

お口の中が桜餅....フフフ
桜じゃなくて、桜餅なんです(笑)
P2290743

窓辺の春爛漫の景色を楽しみながら
ゆっくり一人でお食事をいただきました。
P2290744

。。。。そしたら車いすを押しながらお花見を楽しむ方が...
なんだか、胸がつまってしまいました。
P2290748
去年の今頃はわたしは向こう側にいたんだな...確かに。
そしてこのレストランを見上げて
桜の咲く頃行きたいな...そんな日がいつ来るのかな...
って考えていたんだなぁ...って

でも、同時に
今までの事が
すべて幻みたいにも思えてきました。

お食事を終えて
下の水辺の桜を見に...
これは今年の桜の写真。
P2270664

去年、母と来た同じ場所です。
桜の枝ぶりも、同じです。
母にとって最期の桜。

f5b67e84-s

この写真を見て母に謝りたいことがあるんです。
それはもっとオシャレして連れてきてあげれば良かった...
母は年をとっても職業病?で、外に出る時は常に、
身なりに気を付けている人でした。

あの頃のわたしは
母を連れ出すことで精いっぱいだったのですが
せめてこんな時くらい
もう少し髪に気を付けてあげたり、お洋服やアクセサリーを
選んであげれば良かったとつくづく思うんです。

やはりオシャレするってことは
どんな時でも
自分にとっても、周りの人にとっても
大切なことだと
今更ながら気が付きました。
難しいですけどね。

P2270654

去年と変わらぬ美しい景色。
桜の花は去年と同じように美しく咲いている。
でも母はいない。
でもその桜の木にも寿命があって
いつかは枯れてしまう。

P2290769

ずっと同じように続いてゆくものなんて
何にもないんですね。

叶わなかった「いつか」を
想う気持ちだけが
永遠なのかもしれない。

そんな気がしました。


 よろしければクリックお願いいたしまぁ~す^^




朝、起きてみたら体調が戻ってました。
栄養がつくものを食べて早く寝たからかもしれません。
タンポポも元気いっぱいフフフ

P2270602

朝、一番に電話をかけました。
わたしの祖母が住んでいた家(すでに廃屋化現象をおこしている^_^;)
取り壊すべく、かねてから見積もりをとってもらっていた
不動産屋さんにです。

これもわたしに残されていた大仕事の一つ。
母も元気なころから頭を悩ませていたのですが
決断できず、のばしのばしにしているうちに
母が倒れてしまい、今日に至ります。

実家から歩いて行ける距離で
小学生の頃からしょっちゅう立ち寄ってた思い出深い祖母の家

ずっとずっと前からある、昭和レトロな美容室の角を曲がって...

BlogPaint
小学生の頃、母に叱られたりした時、
祖母の家にプチ家出をしたものです...
子供の足でも10分くらいの距離でしたから
泣きながら走って行って、駆け込み寺にしてたんですフフフ。 
IMG_20170410_170840_031
古い町です。

誰も住まなくなって早や20年?くらい?
変な画像アップして申し訳ありませんm(__)m
でも、多分、もうそう遠くない未來、取り壊してしまうので...
_20170412_085322
ご近所の方から苦情をいただくこともあり...
母が倒れてからは謝ったり、業者さんにたのんで手入れをしたり
全てはわたしの役目....(一一")マジツライ

とにかくいっつも気になっていていたのですよ。
ずし~んと心の重荷になっていました。
IMG_20170410_171548_662
夏休みに泊めてもらったりもしました。
昭和の時代、うちは旅行なんかにもほとんど行きませんでしたし...
母も休みなく働いてましたからね。
従妹の男の子たちもいつも来てました。
一緒に虫取りなんかして楽しかったな。

祖母の家の玄関前の溝の所に
黄色のお花が咲いていましたよ。
どこからか種が飛んできたんでしょうね。
暖かな春の日差しの中
黄金に輝くような黄色。 
救われます。 
IMG_20170410_120759_350

まだ詳しいことは決まっていないのですが
やっと、取り壊す方向へ動き始めました。

よろしければクリックお願いいたしまぁ~す^^



実家の二階から可愛いポーズ人形が出てきました。
るん~るるる~ん♪
ピンクのミニワンピなのよ。
桜の季節に暗闇から出してあげられて良かった♬

P2280714

白のハイネックにワンちゃんのアップリケ
半袖なのにハイネック。ちょっと今風じゃないですか?

P2280713

乙女らしく白いお花をもってますよ。
そしてカチューシャ

P2280715

思いっきり女の子の可愛い要素が詰まっている
昭和レトロなお人形さん。

あと、
こんなゴブラン織りのお裁縫箱も出てきました。
お裁縫箱は母の仕事柄、まだまだたくさんあるんですけれどネ。
このお裁縫箱はちょと痛みが目立ちます。
がたつきがあるんです。

P2280717

でもまだまだ使えます。
留め具の所が可愛いでしょ。ハサミの形になってるの。

P2280718

中も真っ赤なサテン地で綺麗。そんなに汚れもないので
タロットカードとか占いのカードが入ってま~す(笑)
昔々買ったもの。
使ってないわ~全然フフフ
乙女時代をこのお裁縫箱に封印してますハハハ

P2280719

しか~し、しまいっぱなしだし全然使ってないし。
多分、断捨離中の方なら真っ先に捨てられるものですね。

こうして並べてみると昭和レトロな実家にピッタリ。
でも、やはり少しづつ整理していかなきゃならないけれど...

P2280720

もうしばらくは実家で過ごしてくださいね。
もうしばらくだけ。。。

いろんなものを数を決めて残していこうと思っています。
難しい選択を迫られそう。
わたし母譲り
捨てるの苦手です。

実家自体どんな風にしてゆくか決まらない今
やはり荷物は減らしてゆく方向です。
しかし落ちついて実家を片づけられるのは
いつになることやら...
バタバタ自宅と実家を往復してるような感じで疲れます。

昔からあるレトロ床屋さんの前にこんなに華麗な椿の鉢植えが...。

なんともレトロな雰囲気の椿
お店の雰囲気にとても合ってました。
P2270593

大好きな昭和レトロを残しつつ
自分らしいお部屋作りができたらいいな...

よろしければクリックお願いいたしまぁ~す^^


にほんブログ村



今日はとっても寒かったです。
花冷えというのでしょうか。
そのうえ体調がいまいちでした。
前から疲れすぎたりすると
歯茎が腫れてしまうことがあったのですが
今回もそんな感じになってしまった...

あっという間に前のおうちの白モクレンが散り始めました。
お花が大きいので白いハンカチを撒いたようですね。

IMG_20170409_214511_746


実家に戻って来たなら、やはり叔母の所に顔を見に行かねば。
冬場はずっと面会はお断り状態なので
久しぶりになってしまいました。
やはりちょと前まで外来者は面会禁止だったらしいです。
お年寄りにとって風邪は命取りになってしまいますからね。

小雨も降り始めましたが
いつまで実家にいられるかわからないので
コートを着て傘を持って出かけました。


バスを降りると靄がかかっていて怖いです。
今日は私自身の体調もいまいちなので
早く叔母の所に行かなければ。
IMG_20170409_214552_013

叔母は元気ではありましたがとても眠そう...
リビングでほかの方たちと一緒に座ってはいましたが
もう眠くてしょうがないようでした(笑)
持病の方はあまり良くはないようですが
そんなに悪化もしていないようでした。
小康状態というところでしょうか。

IMG_20170409_215023_693
眠すぎてわたしのことを見てもくれません(笑)
まぁ、でもお昼眠くて寝てしまっても
夜もそれなりに眠れているようですし
ごはんも食べられているようなので安心しました。


帰り道、あちこちで桜のお花が満開。
IMG_20170409_214700_615

実家のすぐ近くの公園前の桜並木
小学校の頃からいつも見ていた桜です。
薄曇りですね。

桜並木の下、自転車を猛スピードでこいでいる女の子。
小学校時代のわたしのデジャヴかい?

P2270611

あ~青空の下の
満開の桜が見たい...


よろしければクリックお願いいたしまぁ~す^^




桜の花が満開になりそうです。
木の幹からちょっと咲いているこんな桜のお花もとても可愛い。
P2270668
少し曇りでしたけれど歩きながらきれいな桜を見られました。
青空の下の桜も見たいですけれど
今年は見られるかな...


帰り道大好きなホテルに寄り道しました。
ステンドグラスがたくさん飾られているレトロな雰囲気のホテルです。

P2270675

ちょうど玄関の入り口のところにある夜桜のステンドグラスの季節になりましたね。
母と来る予定だったホテル。
実家に戻ると立ち寄りたくなります。

P2270674

ここのホテルのロビーはぐるりと四季の和的なステンドグラスに囲まれていて
お席が空いている時はその季節のステンドグラスの前に座ることにしてますフフフ。

ほんの少し前までは梅の季節でした。

P2270689

そして春モクレンが咲き始め...

P2270687

...と少し遅れて早咲きの桜のお花がちらほらと

P2270681

そして今、桜が満開...
バスで移動する時、川べりの桜の木の下でお花見をするファミリーをたくさん見かけました。

P2270683

夕方で空いていたので桜のステンドグラスの前に座りましたフフフ。
満開の桜はこの上なく華やかで、あでやかで酔いしれますが
先回りして考えてしまい
ちょと淋しい(笑)
あとは散ってゆくだけですからね。
そこが良いのかもしれませんが
散り際は潔く美しく...日本人の美意識にピッタリなのかな。

P2270682

母はいつも「いつか、いつか」と言っていましたが
結局そのいつかはほとんど実現されないまま亡くなってしまいました。
それがとっても残念で、悔しかったのですが
でも
その「いつか」って思っている時間や心の様は
そんなに捨てたものじゃないのかも...哀しいものでもないかも...
ってこの頃感じています。
そう思いたいだけなのかな(笑)カモネ~。

せっかく来たのだからお抹茶生菓子セットを
IMG_20170408_225231_304
お抹茶にはうっすら金箔が

P2270686

お菓子の御名は「ひとひら」
桜の花びら一枚をかたどったもの
綺麗です。食べるのがもったいないフフフ

P2270684

中は上品なこしあんです。

IMG_20170408_225343_163

あ~あっという間に食べちゃうのよね。これって(笑)
でも日本人に生まれて良かった~。

外に出てみると
枝垂桜がピンク色の暖簾のようですね。
P2270671
できる限り桜は楽しみたいな。
一回一回の季節を大切にしていきたい。

一区切りはついたものの
まだまだやることいっぱいの春。


よろしければクリックお願いいたしまぁ~す^^


にほんブログ村






このページのトップヘ