冨岡製糸場の中へ...お天気はいまいちでしたがけっこう見学者は多かったです。
ガイドさん付のミニツワーのような形の見学を選びました。
IMG_20180603_115845_774

美しいレンガの建物 
IMG_20180603_220019_847

白い木の壁と扉、そしてレンガのコントラストが懐かしく美しいです。
IMG_20180620_230728_596

天井が高く広々としています。
IMG_20180603_221021_096

人の手での作業ではなくなり
自動化された時の工場のお写真。
IMG_20180620_231039_019

敷地内には診療所や外国から招かれた技術者の方の立派な宿舎があります。
IMG_20180603_215748_014
実はわたし「ああ野麦峠」のイメージを持っていたのですが
ここは製糸の技術を広めるための先生を養成する場所。
野麦峠での過酷な労働環境を強いられた工女さんたちとは違う
先生となるべく集められた士族娘さんたちが働く場所でした。
労働環境も整っています。

この景色...昔の小学校の校舎を思い出します。
全てが木でできた建物。
お掃除の時間雑巾がけをすると
手にトゲが刺さったのを思い出しました。
IMG_20180603_215111_464

工事中の場所もあってそこを見学する時は赤ヘルを被ります。
主人嬉しそうですの~(´艸`*)フフフ
sketch-1529631944462
う~ん...工事が終わってから見学に来たかった気もしました。
もっと見どころが増えると思います。

美しい絹の製品を売っている場所もあって...
IMG_20180620_173231_421

手作業で糸を繰る技術が見られます。
BlogPaint
美しい絹糸になるまでこんなにもたくさんの工程があるのですね。
IMG_20180620_173030_685
役目を終わった蚕さんたちは鯉の餌となり
もう一つの名産を育てるためにまた働いてくれるのです。

絹というのは本当に生き物の命で作られているのですね。
絹の着物となると、その絹糸からまた数えきれないほどの工程を経て作られるのです。
そう思うとまだ実家に残っている古~い着物の数々も
何とか少しでも役立てて行く方法はないかな~ってしみじみ思いました。
難しいですけどね(´▽`*)


小雨の中のレトロな街並みを後にしました。

IMG_20180620_231249_654
絹糸の生い立ちを垣間見た梅雨の一日。

お富ちゃんの後姿
IMG_20180603_224143_483
タスキがきりっと凛々しいです(*^_^*)

よろしければクリックお願いいたしま~す
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ