実家には祖母のものもまだ残っています。
流石に祖母のものはそんなに数はありません。
それに痛みも激しいです。
明治生まれの人ですからさすがに古いのですね。

その中の一つ
祖母の帯です。

P9051442
何の模様かしら...
まりではないですね。
刀のつばかしら...?
シミも出ているし
このまま処分してしまおうかと迷いました。

でも
帯をテーブルセンターにしたり、ランチョマットみたいにしているのを
雑誌で見かけたことがあるので
お菓子とお茶を置いてみましたよ。


「菊慈童」という名前のお菓子です。
P9051430

祖母の名前は「きく」
でも春の生まれなんです。
昔の人の名前の付け方って適当だわ~(笑)

祖母の写真も見つけました。
左が祖母
親戚の人と一緒です。
ねんねこ半纏でおんぶされてるのがわたし...だと思う。

P9051440
ハンチング帽にニッカポッカをはいてる完全昭和している男の子は
わたしの初めてのボーイフレンドなのだ(´艸`*)フフフ

幼稚園の時結婚の約束をしていたのだ(●^o^●)
どうしているかな~。どんな人と結婚したのかちょっと気になる~(笑)

玄関に植えてあった菊の葉を敷いてみました。

P9051432


祖母にとってわたしは初孫
しかし...この時の祖母の年齢は今のわたしよりずっと若いはずなのですが
とっても落ち着いてます。
昔の人はわたしの年代ではおばあちゃんであたりまえなのかな。

P9051443

わたしは祖母にほとんど似た所はありませんが
引き継いたのは唯一...頭痛です。
祖母は小学生のわたしにいつも「ノーシン」を買ってきてと近所の薬局にお使いに出し
薬局のおじさんに
「このお薬は強い薬だよ。そんなに早くなくなるの?」
って心配そうに言われたものです。

菊慈童って検索したらこんな幽玄な絵が出てきました。
何を見つめているのかしら?

o0480066713902309555

(画像お借りしました。)


お菓子もこっくりした秋の色味に変って行きますね。

P9051428
祖母と母は嫁姑のご多聞にもれず
と~っても仲が悪うございましたの(-_-;)
そこに身勝手な父が参戦して三すくみ状態。

「仲良きことは美しきかな」
という言葉がありますが
美しい環境ではなかったですね~(笑)

そんな事こんな事
楽しくもない事ばかりかもしれませんが

皆、亡くなってしまった今となっては
こうしてわたしが思い出すことだけが
家族が生きた証なのかな~って
しみじみ感じてしまう秋なのです。


よろしければクリックお願いいたしま~す。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
にほんブログ村