母の三回忌
お天気に恵まれました。
DSC_1970
ほんの数人、市内に住んでいる親戚だけの小さな会なので
お店までの通り道におうちのある方は
わたしがタクシーで拾って行くことに。


母のタンスの中にあった
軽いマントのような羽織ものを
着ていくことにしました。
_20181108_004956
母にちなんだものを着て
母も一緒に参加の気分です(*^^*)


お店に着くと正面に圧巻の金屏風が...
写っていませんが左側に女将さんがお着物を着て
座ってお出迎えして下さいました。
IMG_20181028_101209_035
こんなに立派だったかしら?(笑)
小学生の頃以来ですが
全く記憶にありません。

むろん何度か手直しされているでしょうね。
なんせあれから45年くらい経っているんですから。
IMG_20181028_111044_375

お庭の見える個室を用意していただけました。
IMG_20181028_100931_079

そう。わたしは大広間の記憶しかないのですよ。
今も婚礼に使われているらしいです。
まだみんなお転婆少女たちだったので
足袋が滑りが良いのが面白く
スケートみたいな足さばきで
スースーって感じで走り回っていた記憶があります。
賑やかでした。


静かですね。今日は。
IMG_20181028_111440_194

ご高齢の方がほとんどなので
一番リーズナブルな小さなコースを
お願いしました。

袴みたいになる手拭いで
エプロンにします。可愛い(^.^)
IMG_20181108_170107_416

お料理のお写真をブログに残しておきますね。
よろしければお付き合いください。

一番最初のお料理
秋の演出に魅せられます。
IMG_20181108_171552_805

ごま豆腐
IMG_20181109_014934_051

女将さんが一つ一つお料理の説明をして下さるのですが
わたしは全然覚えていません。
やっぱり話を盛り上げなきゃって
気が張っていたのかも?(・・;)
IMG_20181108_171655_264

IMG_20181108_171806_165
柚子をたっぷり絞って...
温まります。
IMG_20181108_171910_663

お刺身
IMG_20181108_172042_520
 
こちらは郷土料理の治部煮です。
このお椀は治部煮だけのための輪島塗の治部煮椀です。
IMG_20181109_001617_145
絵付けが竹と竹藪で良く見かける蝶々の組み合わせ。
普通のお椀より浅くて食べやすいです。
IMG_20181108_172304_185

食べ終わると中にもう一匹...
_20181109_233009

焼き魚
IMG_20181108_173447_029

蓮根蒸し
もっちりと美味しかったです。
IMG_20181108_173615_920

最後のご飯までいただくと
お腹がいっぱいになりました。
IMG_20181108_173904_555

デザートは日本茶のゼリー
何茶だったか覚えてません(笑)
IMG_20181108_174057_705

母の話をしながら和やかにいただけました。

それにしても主催者のせいか
お味をほとんど思い出せません。
満足していただけたかしら(笑)

お茶を飲みながら
昔話に花を咲かせました。
IMG_20181108_171429_030
母は存在感のあるタイプ。
話はつきません(笑)



無事小さな三回忌を終えて
改めて時間が流れたのだな...って実感しましたよ。

母の思い出は少しずつ遠くはなります。 
大きな丸が小さな点になっていくけれど
色はどんどん濃くなって
凝縮された鮮明さを感じさせてくれます。
IMG_20181028_111247_269

可愛い卓布
お琴の発表会の頃のわたしたちみたいです。
遠い昔。
IMG_20181108_170409_807
実家に色違いがあった気がする...
探してみよう。

皆さんご高齢なので
お疲れが出ないうちに
解散となりました。

女将さんがお見送りしてくださいます。
Point Blur_20181109_015302

でも、もう二度とこの料亭を
訪れることはできないかも

だってまた、あと45年後だとすると
わたし100歳くらいですもん(笑)


一つの区切りが終わりました。



よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村