6月のはじまり
梅雨と初夏を両方感じる季節です。


主人が少し体調を崩しました。
仕事をお休みするほどではないのですが
やはりどんどん年をとっているのは
どうしようもない現実ですから(笑)
健康に留意してゆかなくては。



お寺の奥様から
いただいた薔薇...
DSC_1139

義実家のごたごたが
主人の体にこたえている気もします。
人一倍親孝行な人なので
今の状態が心外なのでしょう。
気持ちはわかります...


どうしようもな~い~(ー_ー;)
親兄弟とはいえ
違う人間です。
Point Blur_20190604_115021

うちはまだ
次男が学生ですが
卒業したら
自分たちの老後を真剣に考えようという
きっかけには充分になりました。

IMG_20190604_115543_510

今のお義母さんの一番の希望は
「義兄夫婦と一緒に暮らしたい。」
ということで...

それにしても

義実家から5分の距離のマンションに住む
義姉はほとんど顔を見せません。
なぜ、それが許されているのかは

謎、σ(^_^;)?


まだなんとか一人暮らしできる義母の
人の手が必要な身の回りのこと
大量のごみ捨てや重い買い物は
義兄がやっているみたい...
仕方なく...


老後、たとえ極近くに
子供夫婦が住んでいてくれても
思ったようにケアしてくれなければ

誰もいないより
もっともっと淋しい...
ということが
しみじみわかって
やるせないです。


誰がいても一人
ということでしょうか。


よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村