実家でもう一つ和菓子を買っていたのですが
このわたしが(笑)
何となく食べ損ねてしまい
自宅まで持ち帰ってきました。

でも生菓子は形が崩れやすいので
お写真は実家で撮ってから持って帰ってきました。


「日輪草」です。
OI003504
ひまわりの別名です。

公園にひまわりのお花が咲いていました。
背が低めのミニひまわりです。

この日も梅雨らしい曇りの日で
まだこのお花の本番という感じはしませんけれど
OI003498

もうすぐ来る夏を思わせてくれます。
可愛い^^




叔母の葬儀で
色んな経験をしました。
(まだいろいろとやるべきことを残していますが...)

妹との距離が近づいたことが
一番の変化です。

妹とは二十年以上
疎遠でした。
わたしが遠くに住んでいたということもありますが
家を出ていった妹と
再会したのは
なんと父の葬儀でした。

それから母の介護を通じ
少しずつかかわるようになりました。


母も
妹の結婚を許す?というか受け入れる?
に至らず亡くなったと思います。

母は侍的な(笑)強く真っすぐな性格で
「武士に二言はない」的な人でしたから
自分の体が弱った時でも
心細くなってしまい
大きく考えが変わるということは
なかったです。


わたしが母から聞く妹の話は
最後まで愚痴のような感じで
時に涙声...
哀しい雰囲気でした...


ただ、
心配はし続けていました。


OI003506

今でも
妹とわたしの考え方が違うのは
変わりません。
やはり、
「はぁ?」とか「なぜに?」とか「そこ、逃げるん?」
などなど
感覚の違いは度々見せつけられるのですが(笑)

妹はずっとフルタイムで働き
精神的にも経済的にも
頑張ってきたことは事実で

二十五年以上の長きにわたって
実家に頼らず
根をあげず
生活し続けてきました。

それは
普通の人より時間の流れ方が遅い
気の長~いわたしも
充分な長さだと感じます。

同じ状況になったら
わたしにはできないかもしれない
と心から思う。


やはりその時間の長さと
一貫して言い訳をしないことが
「妹の生き方」として
くっきりとした形となって
迫ってくるのです。

そのことが
無理をしなくても
距離が縮まった理由だと思います。


これはわたしの方の考えで
妹だってわたしに対し
同じように
ん?えっ?と思う部分は多々あると思うわ。
うん(^_^;)


OI003508

これから先
どうなってゆくかはわかりませんが

やはりお互い
「無理やり仲良く」
と思わないことが
わたしたちには大切かもです。

けれど

今までとは違った
姉妹関係が始まったことは
事実だと思います。



クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ