↑の記事の続きです。

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚



意識がもどらないまま
母は二度目の手術を
受けることになりました。


脳の中の水の流れを
良くするための手術です。
この手術は
実際そう長くはありませんでしたが
長く感じました。


母の状態が良くなる
最後の砦のような
気がしていたのです。

OI005301


手術室から戻ってきた母は
かすかに足が震え続けていて
心配でした。


手術は無事終えたのですが
すぐに意識が戻ることはなく

また母に
刺激を与える日々が続きました。


そんなこんなしているうちに
実家に着の身着のまま駆けつけて
一ヶ月以上経っていました。


担当医からは
もし、意識が戻らなければ
リハビリができないので
リハビリ病院に移ることはできない

言われていました。

このまま植物人間に
なってしまうのではないかと
焦る気持ちはありましたが


意識は戻らないながら
再出血はなく
「命」という観点では
母の状態は
ある程度落ち着いていました。

OI004440


わたしは一度自宅に
着替え等を取りに戻ることにし
学生で休みがあった長男と
交代することにしました。


一ヶ月も家を開けたことは
一度もなかったので
どうなっているかも
心配でした。


長男にマッサージや香りを嗅がせることを頼み
自宅に戻りました。


やはり...荒れ放題...orz

予想通りでしたが
疲れ倍増でした。



クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ