↑この記事の続きです


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜




リハビリ病院に着き
母を車いすで押しながら
入院の手続きをするために
受付に向かいました。



まずは外来で担当医の
診療と検査がありました。

終わると
リハビリ病棟ではない
古~い病棟に案内され

「リハビリ病棟に空きがないので
今日はここにいてください。」

突然言われました。



今年初めて関東地方にも雪...
OI006144


なんと
リハビリ病棟に空きがない
と言うのです。

...???  えっ?
入院の日取りも時間も
このリハビリ病院が指定してきたものです。
全てそれに合わせて
行動してきました。



そして
看護師さん二人で
ベッドの上に母を移動させたら
後は完全に放置状態になりました。


だ~れも出てきてくれません。


そこは四人部屋で
動くどころか言葉を発することができる患者さんは誰もいなく...
シ~ンと静まり返っていました。

療養型病棟という所だったと思います。


OI006146

わたしは母のベッドの横に座り
荷物を床に置いて
ボーゼンとしていました。


母が不安そうな顔をするので
事情を話して笑おうとしましたが
笑えませんでした。
ダメなわたし...orz


OI006147

おむつも前の病院の看護師さんに替えていただいてから
もう何時間も経ってる。

触ってみるともう限界。

ベッドを汚すといけないから
わたしが変えようか?


上手くできるかな...
でも
今日のお薬や栄養はどうなるんだ?

本当に今日だけなのか??
いつリハビリ病棟に移れるの?


頭がモヤモヤモヤ~~~(@_@。
不安、不安、不安


かなり長い時間そのままの状態でした。
どのくらい時間が経ったかしら...

母は疲れからかウトウトし始め
わたしは担当の方と
きちんとお話するまで帰れないと思い
気をはっていましたが
だんだん疲れ果ててきました。

OI006145


そう。
今、思えば
まずは
ナースコールを押してみれば
良かったのかもしれない(笑)



こういう場合は、待ってるのではなく
こちらからアプローチしていかなくてはいけなかったのですよ。


病院の方は病院の都合に合わせるのは
当然のことなのかもしれなし
母は多くの患者さんの中の一人。
忘れられていそうなら
こちらから動いて問いかけていかなきゃです
...(-_-メ)ファイト



しかしながら

予想外の展開に
わたしは混乱し
失望し始めていました。





クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ