この前、物産館の地下にひっそりと飾られている「金花糖」を見つけました。
綺麗ですね。
お菓子なんです。全てお砂糖でできてます。
食べるとものすごく甘いです。当然(笑)
DSC_1552
こんな風に籠に入って売られているのもよくあります。
リボンが昭和レトロしてますね。
今、こんなリボンそうそうないかもしれません。
懐かしい。
IMG_-1iki6g
女の子のお雛祭りに飾られることが多いです。
鯛、野菜、果物、貝、さまざま...
春がメインなのでタケノコがよくありますね。
(画像お借りしました。)
hina525
お砂糖のお菓子ですが落雁とは違います。
作り方も違うんでしょうし、食感も全く違います。
IMG_-8trhnk

ちょっと透明感が残る、すりガラスのような地に
ふんわりとしたパステルの色合いの絵付けがとても可愛い...
見ているだけでほんわか幸せ気分になります。

猫やおしどり...
IMG_-6vjrdl
ぞうさんなんかもありますね。
なぜかぞうさんって昭和レトロに懐かしい動物の一つなんです。
お人形さんとしてそ~っと遊んだりもします。
壊れるといけないのでそ~っとね。
(画像お借りしました。)
doubutu21
男の子用?にこんな立体的な車や馬も...
でもあまり実際にはお目にかかりません。
IMG_-5h6wr4
多分、男の子はあまり興味を示さないかもしれませんね(笑)
やっぱり女の子用の甘~い可愛いお菓子というイメージなんです。

季節には街のお菓子屋さんの店頭に飾られていていますが
うちの場合はほとんど買ったことはなく
店頭のものを見て楽しむ...というスタンスでした。

もちろん食べられますが、と~っても甘いですし(当然、砂糖の塊)
割って紅茶や珈琲に入れたり、お料理に使ったりはできるんですが
基本は見て楽しむものなので
母や祖母はそんなには買ってはくれませんでしたね(笑)
菱餅と雛あられがメインでした。

食べ物には思い出が詰がたくさん詰まってますね。
金花糖を飾ったり、遊んだりした楽しい思い出が心に残って、
自分の子どもの雛祭りにも飾ってゆくんでしょうね。

生まれ故郷で女の子を育てられなかったのが
なんだか、ちょっと残念でした。

よろしければクリックお願いたします^^


にほんブログ村