今日はお天気が良かったので、
母の服をリサイクルショップに持っていくことにしました。
実家の方には車がないし、
オーダーのお洋服を引き取ってくれるリサイクルショップも見つからなかったので
わざわざ大きな段ボールに詰めて自宅の方に送って
主人に連れて行ってもらうことにしたのです。

CA3I0094
わたしにとっては思い出深い母のお洋服ですが
そして品物も良いとは思うのですが
なにしろ古いものなのです。

母が着ていたモスグリーンのコート
これは買ったものですが、母はとても気に入って着ていました。

PA041010

母のスカーフの中から同系色のグリーンのスカーフを合わせてみました。

PA041017


これは母のお店で仕立てたもの
キャメルのマフラーを合わせてみました。

PA041066

写真で色を見たとおりに表現することって
とても難しいですね。
こんなに派手な色合いのチェックじゃないんです。
もっと地味目の目立たないチェックなんですけれどね。

PA010956



あと紫色のコート
フサフサがついたお揃いのマフラーがついています。
わたしの保管の仕方が悪くて裾が皺になってしまいました。
母に叱れらそうですコワ~イ フフフ
母はそんなことに仕事柄とっても几帳面でしたから。

BlogPaint
後ろ向きになった時の感じがとても可愛かったです。
BlogPaint

黒のロングブラウス
アニマル柄のスカーフをかけてみました。
PA041049

母はけっこうアニマル柄を着ていましたね。
多分わたしは一生着ないと思いますフフフ...
PA041055
ラインストーンがキラリ~ン

この4点を含む8点ほど、ダブルのブレザーなど
仕立てたもの、買ったもの、取り混ぜて持っていきました。
よいしょ、よいしょ、...運ぶだけで重労働。

.そしてその結果は...

全て引き取れない....はぁ...予想はしてました。

まず形が古い。
あと金ボタン、ダブルのものは傷んでなくても売れないのでダメとのこと。

生活がカジュアル化しているので
よそ行き風のきちんと感があるものは、逆に売れない。

...う~ん...でもこのままでは帰れんぞ。

主人と相談して何でも引き取ってくれるという
最終砦のような(笑)
リサイクルショップに持って行ってみました。

そこは最後は洋服ならば何でも、
重さで引き取ってくれるという所です。

して...その査定額は...

なんと...8点で 
84円

7kgで84円ということらしい...
84円...(゜レ゜)ヒョエ~

100円にもならないいんです。

自宅に送った宅急便代どころか今日走ったガソリン代にもならないくらいです。

一瞬たじろぎました。(@_@)ブルブル
でも少し考えた末、引き取ってもらいました。

金額の問題というよりも、
これは古布として処分されてしまうに等しい...
タダでも良いから着てくれる方がいないかな...
なんて、考えたのです。
でも、やはりそういう人を探すのもとても難しいし
これ以上自宅のリビングにかけておくのも限界なので...


ず~っと前、手芸が得意な方が
着ないコート等、質の良い古布を探していらっしゃった事を思い出しました。
その生地で座布団カバーや小物、ぬいぐるみ等を作るということだったんです。
そんな風に利用していただくのが一番だったのかな...もう、遅いけどネ
そんなこんな...考えながら帰ってきました。

庭のサンシュの実がほんのちょっとだけついていましたよ。
PA291940
しかし...
予想はしていましたが
現実はこんなものですね。

一瞬、リサイクルショップの店員さんが悪魔に見えましたが...フフフすみません。
現実を知ることはこれから先のお片づけ、
そして自分のためにも大切なこと。

「もう、こっちに洋服送らないで」って主人にも言われてしまいました...
そりゃあそう。送るだけでも大変なんです。

まだまだまだまだある母のお洋服

認識を新たにまた考えてみます。




よろしければクリックお願いたします^^



にほんブログ村