Detour

しばし...昭和にとどまらせて下さい...

カテゴリ:あの頃 > 中学時代

今日は雨が降っていて梅雨らしいお天気
半袖が肌寒いくらいです。

今年は北側の隅っこに植えたアジサイが綺麗に咲いてくれました。
お隣のおうちとの目隠しのために植えたものですが
P5020715

こちらは山アジサイ
小さな可愛いお花を咲かせてくれました。
花びらの色が白からだんだん深い赤に変化していきます。
こちらも残酷なほど、ほったらかしにしてしまった...

P5020712


数日前、夢をみました。
中学生の時の同級生の男の子で
大学一年生の6月に心臓麻痺で亡くなった子の夢です。

わたしの夢はほとんどが悪夢ばかりで
良い夢はほとんど見ないのですが...
その時の夢はとても明るくて楽しい雰囲気が漂っていて
登場人物が全員笑顔の夢でした。

P5030724

18歳で亡くなったその子は成長していて
多分大学院生(26~29歳??)くらいの雰囲気...
サッカーで有名になって、海外にスカウトされているという設定になってます。
勉強とサッカーの二つのわらじをはく
スーパースターになっているんです(笑)
わたしは主人と二人でその子がお友達から祝福されているのを見ていて
やっと人が途切れたので
「ヒデ、おめでとう!海外に行くの?それとも勉強を続けるの?」
って聞いたら、嬉しそうに、そして恥ずかしそうに
「うん。まだ決めてないんだ。」
って答えてくれて...
そして目が覚めました。
良い気持ち~ 幸せな気持ち~で胸いっぱい...

P4290690

で、
頭がクリアーになって良く考えてみたら
その子の命日、その日だったんです。

毎年6月になるとすぐ、
ヒデの命日を思い出すのですが
今年はいろいろ重なって忘れてしまっていたのです。
(._.)ゴメンゴメン。
きっと6月中には思い出したと思うけれど
過ぎてからじゃさみしいもんね。

多分、忘れないでって
夢に出てきてくれたのでしょうね。

忘れ去られてしまう...
それは存在していなかったことと同じ気がして
一番寂しいことですから。

優しくて、頭がすごく良くて、ユーモアがあって
クラスの人気者でした。

しかし...中学時代のヒデは
サッカーもしていなかったし、運動が得意とは言えず
クラスの腕相撲大会で、運動神経ゼロ、筋肉ゼロのわたしに負けてしまうという
優しい、ちょっと非力な男の子
(^_^;)ゴメ~ン、ヒデ
夢の中の成長したヒデとは全然イメージ違うんです。

この話をお友達にしたら
「もしかしたら、もうその子は生まれ変わって
サッカーをしている青年になっているのかもしれないよ。」
って言ってくれました。
そしてその言葉に
すごく救われました。

P4250530

もし、そういう青年として生まれ変わっていて
それで、もし、もし、もし、息子たちの周りにいるとしたら
良いお友達になってやって下さい。
ってお祈りしました。
何となく...近くにいてくれる気がしたんです。


生家のすぐ傍に生えていた野菊の挿し芽が大きくなって
もう移植に耐えられそうです。
雑草だらけの庭を開墾して(笑)

_20170621_090507

植えてみました。
梅雨は雨が降るので水やりを忘れても
大丈夫そう...

_20170621_090558

秋の父と母の結婚記念日の頃には
つぼみをつけてくれるかしら。

P5020719

アジサイも菊も強いお花。
その健気な強さに救われています。


 よろしければクリックお願いいたしまぁ~す^^



今日は重苦しい雲と初夏の爽やかさがいり混じった
6月のはじめそのものの日。
DSC_1103


今日はわたしの住んでいる町のお祭りの日で
かなりの賑わいをみせる日です。
一年に一度
祖母とわたしたち姉妹で出掛ける
とっても楽しみにしている日でした。
あの頃は楽しみがほとんどありませんでしたから。
_20160604_075229

お祭りに行った後で
自分達で焼くお好み焼き屋さんに行くんです。

30年以上前のこのお祭りの日
中学校の同級生の男の子が亡くなりました。
sketch-1465006666609


まだ大学一年生になってたった3か月

大学の登山のサークルに入って
山に登っている時
心臓麻痺を起したのです。
DSC_1102


神様がなぜそんなことをしたのか
いまだにわたしにはわからない。


お祭りの賑わいと
蒸し暑い空気
そして早すぎる死

Point Blur_20160604_075037


小柄で優しくて面白くて
頭が良かったその子は
東京の有名大学に進学しました。


葬儀の後
その子のお母さんがつけていた日記を読んでくれました。

「休みの日はただ山手線に乗って何周も何周もします....」


田舎から出てきたばかりのその子は
自分の居場所を必死で探して孤独と戦っている真っ最中だったのです。
P5171525

頭の良さは全然違うけれど(笑)
同じような境遇だったわたしには
その気持ちが痛いほどわかりました。

今思い出しても泣きたくなります。

_20160602_011722

わたしの脳裏には
その子が学生服を着て自転車に乗っている姿だけが残っています。

見かけて名前を呼ぶと
恥ずかしくてたまらないかのように
ちょっと足をブランとさせてくれて...
それがその子の挨拶だったんです。

今でも
この生まれた町を
学生服姿のまま自転車で
走り回っているような気がします。

あなたは確かにここにいました。
20160526_013246

大好きだったヒデ
わたしは決して忘れない。

photo_editor_1464796201223


蓮の葉が一面緑で覆いつくし
つぼみはまだ地中で出番を待つ
そんな季節に
若くして逝っていってしまったあたなに
哀悼を込めて




よろしければクリックお願いいたします
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村<
/a>

遅々として進まぬ実家の片づけ...
また二階のわたしの部屋からこんなものが出てきました。

中学校時代の季刊誌です。
一年に二度くらい発行されていたでしょうか...
P4040897
表紙がなんとも昭和レトロですね。
あの頃の雰囲気を思い出します。


冬...雪国の冬ってこんなんです↓雪以外な~んもない(笑)
P4040899
雑誌の中にこんな写真も...

地獄の雪かき当番です。やりましたよ。わたしももちろん。
なんと、みんなコートなんて着てないじゃないですか~!!
自分自身に雪が積もりながら頑張っていますよ(笑)こんな風でしたね。
P4040903
寒さに耐えて雪国の子は強くなるんです(笑)
確かに辛抱強い子は多かった気がしますよ。
東京の大学に入ってみんなが寒さに弱いのにびっくりしましたから(笑)

夏の林間学校かなぁ
P4040898

修学旅行の夜ですね。一部屋に二十人くらいで寝てました。
今は海外に行くところもあるんんですよね。すごい変わりようね。
P4040906
ギター部?
実はわたしもギターを買ってもらいました。
まだわたしの部屋にハードケースに入ったままあります。

南こうせつとかイルカとか風とか...ね、憧れて、かなり頼み込んで買ってもらったんですけどね。
ほとんど弾かずじまい。英語のカセット同様ものになりませんなぁ。
お母さんごめん(笑)
わたし息子たちのこと怒れるような人間じゃないよね。ホント実感。
P4040905

授業中の教材で良くできたものも載せられています。
家庭科の作品...
おかしい...わたしのものは一度も載ってない。
本職の母に作ってもらっていたのに(笑)
BlogPaint

わたしの大好きなレトロなモチーフ編み...
白黒写真だと可愛さが伝わらないね、残念。
BlogPaint
それにしても女の子のお名前は○○子さんがほとんどですね。
キラキラネームの子は一人もいませんよ。

わたしはたった一回お習字が載りましたよ。↓
「温故知新」が私の作品です.
なんか字の配置がきちんとしすぎてますね。
下にお手本でも敷いて書いたのかしら...(笑)
BlogPaint
周りの作品に比べて勢いがないですねぇ(笑)
のびのびさが感じられません。
小~さくまとまってます。
母に抑圧されていたせいでしょうか(笑)

それにしても「温故知新」とはね...
古きを訪ねて新しきを知る...

今のわたしにぴったりの言葉です。
今のところ、古きを訪ねているだけですが...
BlogPaint
いろいろな古いもの懐かしみつつ、お片付けした後は
そう、新しい自分が待ってるかもしれません...きっと

よろしければ応援クリックお願いいたします


にほんブログ村

このページのトップヘ