Detour

しばし...昭和にとどまらせて下さい...

カテゴリ: 家族のこと

五月一日はスズランの日だったのですが
stay home していたので(笑)
スズランを買いに行くことができなかったのです。


でも
この前、やっとスズランに出会えて
写真を撮ることができました。
OI002856

スズランは可憐ですが逞しいお花。

一度、根っこ付きで
いただいたことがあって
「土が合えばどんどん増えすぎるくらい増えていくよ。」
と聞いていていたのですが
残念ながら
うちの庭では
姿を消してしまいました。


今はどこでも見られる外来種のケシ
可憐ですが
増えすぎ注意報みたいです。
OIP00216

ゴールデンウイークに入る前あたりから
叔母の病院とのやり取りで
ものすごくストレスを感じることがありました。

入院中の
叔母の居場所が
無くなってしまいそうだったのです。


叔母の命は
誰が考えても
もうそう長くはありません。


今更、転院?
この状態で?
どこに?


ケアマネージャーさんに
ご尽力いただいて
やっと
何とかなりました。



コロナにより
当然、面会全面禁止なので
実家の方に戻っても
お見舞い一つできませんが

遠く離れた場所からの
電話だけでのやり取りは
無責任な気もして
何とも心もとないのです。


喪主として
必ず駆けつけますが
タイミングも全く計れず


妹も力は貸してくれてますが
いつも結局
最終的には
「姉である私がやる」
という流れです。


OI002854

こんな時
どうしようもないことを
堂々巡りに
考えてしまう。


なぜ、
こんな遠くに住んでいるの?
実家から遠く離れて
色んな面で全く良いことはなかった。


この土地に来るまでの
経緯を
久々に思い出して
やりきれなくなる。




子供二人を抱え
頼りたい時は誰にも頼れず

面倒を見てあげたい時は
遠すぎて思うようにならない。

往復に
お金と体力が必要。



嫌だったこと、不自由だったこと
困り果てたこと
普段は忘れている過去の負の感情ばかり
思い出されて
度々
制御不可能になってしまっていた(-_-;)


何よりお花が好きだった叔母

今はお花が美しい季節

せめて
美しく咲くお花を見守るように

和やかな気持ちで
叔母を見送ってあげなくちゃ。



クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ


今日はとても良いお天気。

久しぶりに自宅庭の雑草を少しだけ抜きました。
珍しく主人も手伝ってくれたりして...(笑)


もう忘れるくらい昔
多分子供たちが小学生くらいの頃
下草として植えたアシュガが
綺麗に咲いてくれました。
OI002749


シラユキゲシ
この儚げなお花も毎年咲いてくれます。
でも年々花数が少なくなってきているかもしれない。
OI002747


来週の初めからゴールデンウイークが始まるまでの二日間
主人は都心の職場までは行かなくてすむことになりました。

ちょっとホッとしましたが
ゴールデンウイーク明けからは
どうなるか決まっていません。


息子くんたちは
自宅待機になることはないので
心配はまだまだ続きます。


感染経路の不明者が増え続けています。

「もしコロナにかかったとしても
若いからきっと軽くすんでくれる...」

そんな風に考えて
心の安定を図っている次第です。



ボタンの蕾がはちきれそう。
OI002748

ここまでくれば
あっという間に咲いてしまうのですよ。





長男君の小学校入学の年にいただいた
記念樹のハナミズキ

ず~~っとお花が咲かないままでしたが
ここ一、二年、数輪咲くようになりました。
OI002750


息子くんたちは二人とも
ほとんどお料理したりしないので
栄養がバランスよくとれているか
心配です。

そう。
今まで一度も
外食が安心してできなくなる日が来るなんて
想定していなかったのです。


まぁ、多少作れる人だったとしても
仕事から戻ってきたら
料理するどころじゃないほど
疲れているみたいだし。

とにかく免疫力を落とさないように
しなくては。


何かお料理を
冷凍して送ろうかな...
マスクと一緒に。





クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ



今日は晴れの良いお天気なのですが
風が強くて
外に出ると
髪の毛が
ぐちゃぐちゃになります(゜ロ゜;

コロナだけ
飛んでけ~
OI002613

叔母が回復しません。
妹が見に行き
医師やソーシャルワーカーさんと
話をしてくれましたが

こちらの意志が
うまく伝わらず

変な具合に
ことが進んでしまいました。

OI002606

妹に任せきれない...

わたしと相談したことと
違うようになっていても

どうしよう??
って丸投げしてくる。



とうとうわたしが
病院に電話して
話を聞くことになりました。


叔母はどうなって
しまうのか?? 

というより
どうしたら良いの?

叔母自身の資金は
そうない。
OI002644

コロナのせいで
一般の病院も混乱していて

面会禁止にもなっているから
そうそう様子も見れず

一般患者への
病院側の対応も遅れていて

老人で、認知症もあり、身寄りもほとんどいない
叔母のような
患者さんは

ちっぽけな存在なのでしょう...

妹の対応も
理解に苦しむ。


それでも叔母の命は
風前の灯のようにも思えるけれど
そう簡単には消えない
残り火のようでもあり

細々とだけれど
確かに続いているのです。




クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ

昨日の夜、
突然長男君から「自宅に戻る。」と
ラインが来て

夜の11時頃、車で戻ってきました。
本当に久しぶりです。

音沙汰なし人間でしたから...


次の日、
仕事の急用で
どうしても行かなければならない場所が
時間的に、自宅からしかたどり着けない
という理由らしいです。



夜中まで
主人と長男くんで
仕事のことを話していました。

上の人に怒鳴られたことを聞いた時は
心の中で
「それってパワハラじゃないの!!」
って叫んでいる自分がいました。

コロナだけじゃなく
全てがまた心配になってしまった次第です...

「知らぬが花」
なのですね....


長男君は
元自分の部屋に寝ましたが
わたしがけっこう長男君の色んなものを処分し
わたしの私物を持ち込んであったので

タンスの上には
母そっくりの首振り人形が置いてあったし
OI002647


鏡台の所には母の写真が飾ってあったので
OI002650

長男君は母に見守られて
眠ったことになります...



長男君は朝、自分で起きてきて
わたしの作ったサンドイッチを食べ
自分で買った中古車に乗って
出ていきました。

当たり前のことかもしれませんが
自分で起きてくるなんて
一生ないんじゃないかという時期を思い出し


二階の元長男君の部屋を見に行くと
ふとんは相変わらずぐちゃぐちゃでしたが
電気やエアコンはちゃんと切られていて(笑)
全てつけっぱなしで
走って出ていったことも
当たり前にあったよね~ずっと...
って思い出し

魂が安堵した次第です。
OIP00209


母にとって長男君は初孫で
本当に心配をかけ
色んな面で力になってくれました。

迷い道、回り道で
仕事を始めるのが
皆より随分遅れた長男くん
OI002652
雨の中、車で出ていく長男君を見送りながら

今朝は
頑張ってる長男君の姿を
母に見せたい気持ちで
いっぱいになりました。



クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ

次男くんは昨日
初めて仕事場に行きました。

夕方電話してみたら
何だか...テンション
かなり低め...(-""-;)

OI002580

前、
高校時代の友人が
研修中にうつ病になり
随分長い期間
休まざるを得なくなった話を
していました。


真面目で優秀で優しくて
融通の効かないタイプのお友達。

社会人へのハードルは
かなり高い。

次男くんにもこれから先
嫌なことも
たくさんあるでしょう...


シャガのお花が咲いてました。
随分早い
OI002550

研修は自宅でテレワークになった模様で
本格的に職場に行くのは
来週からのようです。

就職しても
心配は続く...
...だよね。



叔母が検査入院しました。
認知症なので
自分の症状をうまく伝えられないのですが
やはり脳梗塞が
疑われています。

何かあったら
妹だけに任せておけない。
駆けつけなくては...



明るい黄色のヤマブキも
もう少しずつ咲いてます。
OI002582

ま、
もろもろ心配しながらも

楽しもう^^




クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ

昨日、今日と
寒いですが良く晴れています。
関東地方、例年の冬晴れです。


今日は亡くなった実父のお誕生日です。
だから父にちなんだものをアップいたします。

父のお友達が描いた色紙。
実家から持ってきたものの中の一枚です。

父はずっと生まれた市で過ごしていたので
長くお付き合いしていたお友達も多く

この方から頂いたと思われる色紙もけっこうな数。

「蕗のとう」
P2091100



早春を感じさせるパステルな彩りで描かれていて
P2091095
所々シミが出てしまっていますが
好きな感じです。

サラリと描かれていますが
いざ描こうと思ったら
絶対難しいね 。


これは処分しないで来年も飾ろうかな...
父のお誕生日の頃に
ぴったりだから。




P2091097

わたしは父より母を思い出すことが断然多いですが(笑)

父は
家族思い、とか親孝行とは
かけ離れた人でした。


知らぬうちに父が
わたしの男の人の基準になっているせいか
わたしはそう主人に
色んなものを求めないというか...何というか...
(自分でそう思っているだけかもしれませんが...フフフ)

少々のことは我慢してるという感覚なしで
いられるとというかなんというか...

真面目で家にすぐ帰ってくるし(笑)
無駄遣いもしないし
それだけでかなり満足(*^-^*)


これってある意味
父のお陰?
かもかも?

良きパパに育てられた女の子は
男の人に求めるハードルが
かなり高い人が多い気がするけど(*^。^*)
違うかな~?



ま、
主人はかなり威張ってるし~
家事は何にも手伝ったりはしてくれないけれど
鍋帽子でおでんを作っただけで
すごく喜んでくれる~♪

主人を喜ばせるのはかなり簡単ですの。
IMG_20200209_130040_280


それにしても

責任ある部分は
母に全てを押し付けて
自由に生きた父を

今となっては
ちょっと羨ましくもありますね。

そんなこと言ったら
母が怒るかしら?
(>_<)


よろしければクリックお願いいたしま~す

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

実家から運んできた荷物があるので
自宅の荷物は増える一方ですが
ゆっくりと処分もしています。

ただ、今は出かける用事が多く
自宅の整理の時間が取れません。

別にそう焦らず
これはもう手放そうと
自然に思えるものだけを
処分していければ
それで良いと思っています。


お手紙の本を資源ごみの日に出すことにしました。
OI002342

もうボロボロやん。
結婚してすぐのもの。
OI002343
これを見て何度もお礼やお悔やみのお手紙を書きました。


書き出しの言葉に迷ったとき...
月ごとになっているので丸ごと拝借(笑)
OI002346
「春寒」「晩冬」という言葉が美しいです。


そしてその手紙の例文が
今読むと滑稽で
昭和初期の映画のセリフみたいなんです。
OI002345
処分する前に
読みふけってしまった(笑)


OI002347

完全時代遅れ(笑)
でも
丁寧語がいい感じ。


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚


義母は80代も最終盤戦になってから
思い切りよく色んなものを
処分し始めました。

でも...
別に...
充分間に合いそうです(笑)


昭和一桁生まれなので
御多分に漏れず
物を大切にする人ですけれど

人間本気で
「もうここまで」と観念したら
思い悩まず
捨てられるのですね。
ま、そう、
人によるのでしょうが...


お義母さんは
足が悪いのですが
頭はすごくしっかりしていて
指示は出せるので
90歳に向けて
絶賛断捨離中です(笑)

ただ、息子たちのアルバムは
大切にしてる(^^)



まぁ、わたしも
お義母さんまで生きるとすれば
あと30年もあるんですよね~。



そして30年以上前に
お義母さんが言った言葉で
今でも忘れられないものがあります。

それは
「わたしはもうすぐ死ぬ年寄りだ。」
って
わたしに向かって言ったんです。


その時のお義母さんは
今のわたしより
やや若いくらい年齢でした。


そう思うと引くわ~。まじで。
わたし、言えない(笑)



で...その瞬間、
わたしはとっても嫌~な気持ちになりましたの
(~_~;)

「わたしはもうすぐ死ぬんだから
儚い存在なんだから
言うことを聞いて。大切にして。」

言われた気がしたのです。


その事をわたしの母に告げ口すると(笑)
「あ~、そういう人、一番長生きするわ。
一番最後まで残るわ~。」
って真面目な顔して言ってました。



母の予言は
ずばり的中ざます(^_^;)



OI002344




お義母さんは
くよくよ悩んだり、反省したりしない
ケセラセラな性格


よく言われるように
それが長生きの秘訣なのかしらね...


わたしの母は
仕事を持ち、姑も98歳まで生きていて
自分に(わたしにも)
厳しすぎる人でしたが

何だか...
生物としての
根本的な部分
お義母さんに
敵わない気がする...
絶対に。


よろしければクリックお願いいたしま~す

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ


昨日の夜、叔母の施設から突然電話がかかってきて
ちょとだけびっくり(;´_ゝ`)

叔母が軽い肺炎を起こしていて
入院するかもしれないということでした。



今日、暖かい窓辺に
年末に激安で買った(笑)シクラメンを並べてみました。
OI002285
春が待ち遠しい...




今日、朝、問い合わせたら
大事には至らない様子なので
わたしが駆けつける必要はないとのこと。


良かったです(*´▽`*)


お日さまを浴びてるお花は
イキイキしてる(*^^*)
OI002283
やっぱりお花は好きだ~



わたしが行くとなると
バス、電車、新幹線、バス
乗り継いで
かなりの時間&お金がかかるので


叔母のことはこれからもちろん
わたしがメインでやるけれど
急な時は妹にも
助けてもらうことにしました。

妹は仕事をしていますが
わたしよりずっと実家の近くに住んでいます...
頼めばそれなりに
やってくれそうな感じがしました。


前、11月にわたしが叔母を尋ねた時は
元気そうでしたが
この頃こんな風に体調を崩すことが増えてきました。

ちょっと前も入院しそうなことがあった...

仕方ない...
80歳を超えてます。

赤ちゃんの頃
大病をしてから体が弱くて
心臓に持病もあり
体も本当に小さくて...

母は
自分より10歳くらい年下の妹である叔母ですが
自分が生きているうちに
看取れると確信していたのです。

叔母は認知症になりながらも
母が思ったより
ずっと長く生きられています。

もし、これから何かあって
大変な時には
もちろんわたしが駆けつけますが

食べることができなくなって
胃ろうの選択を迫られたりした時は
どうしようか...と考えて
憂鬱になってしまいました。

自分の親ではないですしね。
そこに大きな壁があるのです。


母のすぐ下の妹とは
母といろいろ揉め事があった上に
遠くに住んでいることもあって
絶縁に近い状態。


誰かに相談できる境遇じゃない。

OI002282

それにしても...

これからの叔母の人生の全てを


わたしが決めて
良いのかい?



よろしければクリックお願いいたしま~す

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

実家のおとなりさんに
果物を持ってご挨拶に行きました。


ずっと空き家にしていて
何かとご迷惑でしょうし
この前、玄関の松に
雪吊りをお願いしたのですが
お隣の敷地まで
植木屋さんの車や道具類が
はみ出してしまうのです。
OI002152
...なんだか憂鬱...

というのも
母はお隣のおうちのおばあちゃんと
そう良好な関係とは言えなかったのです。

前は違いました。

お互い高齢になり
どんどん頭が固くなり
譲れなくなったのだと思います。
OI002158

お隣の娘さんは
わたしよりかなり年上で
わたしには穏やかに接してくださるのですがね。

母と同じように
娘さんに愚痴を言っておられたと思うので

何だか...何だか...何だかです。

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚


いつもお願いしていた植木屋さんが
去年で引退されました。

新しい方もご高齢です。
いつまでお願いできるかな。


頼んでおいた雪吊りは
既にかけられていて
前の植木屋さんとやり方が違うのが
すぐわかりました(^.^)
OI002159
それぞれの奥義あるのですね。


冬を迎えようとする町
OI002146

紅葉が最後の美しさでした。
OI002161
あちこちで雪吊りをした木を見かけます。


片付けはいっこうに進みません(笑)
今回の滞在は短いので
空気の入れ替えだけでも
まぁ、仕方ありません。

今度いつ来られるかしら?

やっぱり遠いな...。
そう気軽には来られません。
今も、昔も。



よろしければクリックお願いいたしま~す

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

実家の玄関先の植え込みに
菊のお花が満開でした...
OI002135
お手入れ0でも
奔放に枝をひろげて可愛いお花をつけてくれる
逞しさ(*^^*)



今回は2、3日の滞在予定なので
いそいで叔母の所に行かないと...
OI002137
この時期
ちょっとでも風邪などが流行りだすと
面会一切禁止になってしまうのです。


受付はいつも可愛く季節のお飾りが置かれています。
IMG_20191123_162237_603
手作り感が温かい。


施設の高い所からの眺めは最高。
IMG_20191123_162334_278
お天気が良いので
ちょっとでも外をお散歩できないかと思いましたが
午前中に行ったので
お風呂に入った直後でした。
...風邪ひいたら大変
やめて、施設の中をぐるぐるお散歩。
IMG_20191123_162508_615
でも、叔母は眠そうで、眠そうで...(笑)
何か、迷惑そう(~_~;)??

体調も良く
認知症も進んでいない模様。
逆に食欲は出てきたみたいです。
Point Blur_20191124_093014
施設の方にドライヤーで髪を乾かしていただいている叔母はなんだか子供みたい...(*^^*)

 その姿をぼんやり見ていたら

赤ちゃんの頃大病し
体にハンディを抱えた幼少の頃の叔母を
見守り、育てていた祖母の気持ちが
しみじみと
伝わってきましたよ。



今回、自分の都合で
施設の方の忙しい午前中に行ってしまったのは
良くなかったな(^.^)
IMG_20191124_094216_566
ちゃんと叔母の調子のよさそうな
午後の時間帯に行かないと

叔母の神の声と(笑)
笑顔には
出会えないのだ...( ´∀`)


よろしければクリックお願いいたしま~す。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

このページのトップヘ