Detour

しばし...昭和にとどまらせて下さい...

カテゴリ: 家族のこと

10月16日は
わたしの父と母の結婚記念日。


この前、曇りの日でしたが
秋バラの美しい公園で撮ったお写真を
アップいたします。

OI004906

秋バラは花数も少なく
お花の大きさも小さい気がするけれど
花持ちは良いようです。

OI004903


父も母も二人とも亡くなって
それなりの時間が経ちました。

生前、大変仲が悪かった二人ですが(笑)

今となっては
良い思い出だけが残って...ま...
...せんわね(^.^)ホホホホ...

ただ
記憶にぼんやり霞みがかかってきた
気もします。

OI004911

父が7〜8年間、闘病していた時も
母は一人で面倒をみてくれていました。
遠くにいる娘に
面倒をかけるのを嫌う人でしたから
たまに電話で愚痴を聞くくらいでした。


父が亡くなって
母が自由になれたのは
ほんの2、3年。

今度は母が突然倒れてしまいました。


OI004905

時々
仲が悪かった夫婦でも
どちらかが亡くなった後は、気落ちして
「あー、お父さんがいてくれたらー」
なんて言いながら涙する...
という話を耳にしますが

母は一切そういうこともなく(笑)

OI004899

やっと責任を果たした
解放感半端ない感じ?か?


もし父と母が別れてしまっていたら...

(母は経済的に完全に自立していたから
可能だったと思うけれど)

昭和の時代の価値観で
娘たちの将来に与える影響も
心配したでしょうし

今思えば

一人になってしまった父の
長きにわたる闘病生活は
全てわたしが引き受けることになったと思う...


OI004909


介護の大変さが身にしみた今
厳しかった母の
先を見据えた大きな(男性的な?)優しさを
感じずにはいられません。

OI004895

幼い頃から三姉妹の長女として
独立して働き
苦労してきた母は
先に起こるであろう苦労が
わかり過ぎたのかもしれませんね。

OI004900

今になって
二人に
聞いてみたいことがたくさんありますが
もう叶いません。


うちは息子たちだから
過去の両親のあれこれなんて
全然興味ないかもしれないけれど

話しておきたいことは
いくつかあるな〜なんて
思いましたよ。




クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ

十月桜が咲いていました。

あまり見かけたことがありません。
珍しいのかな?


春の桜と違って華やかさはなく
ちょっと寂しく儚い感じ。

花付きが悪いせい?

OI004773

花言葉は
「神秘な心」「寛容」
とありました。

OI004750

妹の手術が終わり
2日経ってラインを出しても
既読もつかず
えっ?何かあったのでは?
と心配になり
病院に電話してしまいました。

看護師さんに
様子を教えていただければ
と思ったのですが
教えてもらえず
後で妹からラインがありました。

術後の痛みがひどかったらしいですorz

OI004774

直接の面会は一切できないので
今、入院している人達は孤独です。

携帯電話ができて
本当に良かった。


昔、次男君の出産のため
わたしが3ヶ月以上入院していた時は
公衆電話まで歩いていくことも
許されてなかったので
テレビを見ることしかできず
本当に孤独でした。


バラの実

OI004747

コロナの様子をみて
実家にも一度戻りたい。


妹が歩けるようになったら
生家の辺りを
二人で散歩したいのです。



クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ

主人が
「やっぱり〜、一年に一回
群生している彼岸花が見たいな〜」
と言い出し
インターネットで
彼岸花の名所の公園を見つけ
出かけました。

OI004823

もう、真っ赤です(笑)

OI004824

ここまでびっしり咲いていると
赤い絨毯。 


でもよく見ると
そろそろお花も終わりかけのものも多い...
OI004826

彼岸花は花びらが散らず
色褪せてきます。

グレーヘアーの女の人みたい...

OI004819

ん...?わたし世代か...?

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜


妹が膝の手術をすることになりました。

わたしが膝を痛める
半年くらい前から悪かったらしいのですが
良くならず...


母はそう年齢がいかないうちから
変形性膝関節症でした。
ただサポーターをしたり
ひどい時はシルバーカーを押したりして
最後まで手術はせず
過ごしていました。


わたしは母の介護の時、膝を痛めたうえ
軽度の指関節の病気もあります。
変形性膝関節症になりやすい??か?
一進一退の状態だし...
(;゜∇゜)



妹の病院はコロナで
お見舞いできる人の制限があります。

でも
妹は娘と住んでいるので
安心かな。

OI004818

妹は伯母の葬儀の後
膝の痛みが突然悪化したらしく
最後に会った時は
びっこを引いていました。

それでも頑張って仕事は続けていたのですが
生活に支障が出始めたようで...orz


ずっと疎遠だった妹ですが
手術となると
やはり心配です。


自然にゆっくりと
妹との関係が
幼い頃に
戻ってゆく気がします...

OI004832



ここの公園は去年訪ねた彼岸花の名所に比べ
かなり人工的(笑)



それはそれで
ほのぼのしています。

OI004833

花壇みたい。
OI004820


家族連れ、ワンコ連れの真っ赤なお散歩道
OI004817

私たちのことを
母も草葉の陰から
心配しているな...きっと

OI004816

わたしも手術の時間はお祈りしようと思う。

OI004811

きっと大丈夫。



クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ




連休中
横浜のクラッシックホテル
ニューグランドに一泊しました。
go to使わせていただきました♪
OI004518
長男くんには連絡つかず
次男くんと私たち夫婦三人。


次男くんもコロナの中、社会人一年生が始まり
会ったのは半年ぶり...
少しだけ痩せたかしら...
でもまだ太っちょだわね(^^)

まずまず元気そうで安心しました。


ニューグランドはレトロ心にぐっとくる
大好きなホテルです。

学生の頃から何度か立ち寄ったことはあります。
寮の先輩がお一人結婚式を挙げました。



前、ブログにアップしたのが
既に2年前...



宿泊したのは初めて。



旧館は本当にず〜っと同じ^^

DSC_0993

いつの時代も
この空間に身を置いて
楽しむ人がいる...

これから先も
ずっとこの空間を
愛でる人がいる

そして、今、自分は
ここにいる...ジーン(大袈裟?)

ソファーに座って寛ぐと
美しく大きな時の流れの中に
身を委ねているようで
癒されます(ノ´∀`*)

レトロ魂満喫。

DSC_0991



フロント前のお花が豪華
IMG_20200922_132318_327

(本当はかなり混雑してました。
お写真は人がいない時間を狙い撮影、笑)


チェックインした時
3:00頃だったので
スイーツ男子の次男くん
「ケーキ食いたい...」
と申しました(о´∀`о)

ティールームへ
DSC_2215

アフタヌーンティーを皆で分けましたよ^^
Point Blur_20200922_084730

主人はミントティーを
わたしはコーヒーを
何杯もお代わりました。

中庭が見える素敵な風景を
ゆっくりと楽しみましたよ。

IMG_20200924_201247_795




クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ

痛みは軽減したものの
まだ完全には治らない膝。

焦ってもダメね(*_*)


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚
山で出会った
名前もわからないお花たち...
OI003824


主人に
「前、膝を痛めた時と同じ所じゃない?」
と言われ
確かにそうかも...
と、思い起こしました。
似たような場所だった気もします。


母を介護していた時
膝や腰を痛め
少し離れた歯医者さんに行く時
短いバス停一つ分すら
歩けなくなった時期がありました。
それでも介護はやめられず...orz


バスの乗り降りすらおぼつかなく
よたよたしていて
運転手さんに
危ないお客さんとして
ガン見されていました👀

OI003909


母は元気で
一人暮らしをしていたのですが
くも膜下出血で倒れ
要介護5になりました。


頭はしっかりとしていたのですが
突然生活全てに介助と
医療的ケアが必要になり
わたしの遠距離介護が始まりました。


4年以上前のことになりますね。
既にその時期、このブログは始めていましたが
膝のことはどこにも書いてありません。

OI003924


母の介護等に関することは
三年以上に及びました。

あの頃は必死すぎて
自分の体や心情なんて
顧みてられなかったですし

こんな状況じゃ
自分自身に
介護が必要になるんじゃないか??という
恐怖がありました~(;゜∇゜)ヤバイ


オダマキ?...可憐
OI004060


このブログは現実から逃れられる
たった一つの場所だったのかもしれません。


膝の痛みとともに
あの頃の自分の状況も
思い出しました。


介護を終え
時間が経った今だからこそ
冷静に思い起こせる気もして


OI004022

お片付けしつつ
思いつくまま
介護の時代のことも
ブログに書き留めていこうかなと
思います。



クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ

梅雨明け前から頼んでいる
植木屋さんがいまだに来てくれず...


故に窓からの景色は
雑木林...

もはやこうなってしまうと
一歩も庭に出たくなくなる。

OI003743

そう大きな木はないのですが
主人は絶対切ってくれないし
自分の関節だけは
大切にしているんでしょうか...(-_-#)


ま、狭いくせに木の数だけは多いから
老夫婦(笑)で何とかするのは
難しいかもしれない。

雑草ボーボーの中に
花らしきもの発見(笑)

OI003746

しばらくはしゃがんで草なんか取れないわ...
ずっとかも...???

それにしても
膝のために
「体重を減らす」と「安静にする」
って
相反する二つ...無理じゃね?

ま、
コロナが収まったら
プールに通おうかと思います。
プールの中での運動は
大丈夫らしいから...


そう乗り気になれない( ´_ゝ`)

OI003744

色々パソコンで調べてみたら
膝の内側が痛い時は
変形性膝関節症の場合が多いらしい。

だとしたら加齢によるもの...orz

母も変形性膝関節症だった...

サプリや体操もあるみたいだから
もう少し調べてみようと思います。



クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ

もうお盆休みの人も多いでしょう。

音沙汰なしの息子君たちに
「お盆どうするの?」
ってラインしてみたら

コロナ騒動かつ休暇もほとんどないらしく
帰省は眼中にないみたいでした(笑)

ま、元気で働いていてくれたら
それでじゅうぶん^^



裏通りのザクロの実がまだ青いです。
少し遅いのかな?
緑から朱色へと変わる
微妙な色合いが美しいです。
OI003635


二人で過ごすのが定番になりつつある我が家ですが

主人は休みといっても
家事はもちろんのこと
重たいものの片づけ、庭仕事、高い所の掃除などなど
どんなに暇でも一切しません(;'∀')

その代わりと言っては何ですが
もろもろのことに
全くうるさくありません

ご飯さえ出てくれば
あとはどうでもいいみたい(笑)

人間二つのうちどっちを取るかだと思えば
耐えられるわよね~( ´_ゝ`)

でも年々関節のトラブルが多くなるわたし。
いつまで今まで通り
できるかしら...

OI003634

叔母の供養のことも
頭から離れません。

伯母か亡くなったのは
七月八日なので
新盆はいつかと調べてみたら
地域の習慣もありますが、
一般的に、お盆までに四十九日忌が過ぎない場合は
翌年のお盆が新盆となるらしい...。

叔母の新盆は来年にしようと思います。

その頃は
絶対コロナが収まっているに
違いない!!




クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ

実家でもう一つ和菓子を買っていたのですが
このわたしが(笑)
何となく食べ損ねてしまい
自宅まで持ち帰ってきました。

でも生菓子は形が崩れやすいので
お写真は実家で撮ってから持って帰ってきました。


「日輪草」です。
OI003504
ひまわりの別名です。

公園にひまわりのお花が咲いていました。
背が低めのミニひまわりです。

この日も梅雨らしい曇りの日で
まだこのお花の本番という感じはしませんけれど
OI003498

もうすぐ来る夏を思わせてくれます。
可愛い^^




叔母の葬儀で
色んな経験をしました。
(まだいろいろとやるべきことを残していますが...)

妹との距離が近づいたことが
一番の変化です。

妹とは二十年以上
疎遠でした。
わたしが遠くに住んでいたということもありますが
家を出ていった妹と
再会したのは
なんと父の葬儀でした。

それから母の介護を通じ
少しずつかかわるようになりました。


母も
妹の結婚を許す?というか受け入れる?
に至らず亡くなったと思います。

母は侍的な(笑)強く真っすぐな性格で
「武士に二言はない」的な人でしたから
自分の体が弱った時でも
心細くなってしまい
大きく考えが変わるということは
なかったです。


わたしが母から聞く妹の話は
最後まで愚痴のような感じで
時に涙声...
哀しい雰囲気でした...


ただ、
心配はし続けていました。


OI003506

今でも
妹とわたしの考え方が違うのは
変わりません。
やはり、
「はぁ?」とか「なぜに?」とか「そこ、逃げるん?」
などなど
感覚の違いは度々見せつけられるのですが(笑)

妹はずっとフルタイムで働き
精神的にも経済的にも
頑張ってきたことは事実で

二十五年以上の長きにわたって
実家に頼らず
根をあげず
生活し続けてきました。

それは
普通の人より時間の流れ方が遅い
気の長~いわたしも
充分な長さだと感じます。

同じ状況になったら
わたしにはできないかもしれない
と心から思う。


やはりその時間の長さと
一貫して言い訳をしないことが
「妹の生き方」として
くっきりとした形となって
迫ってくるのです。

そのことが
無理をしなくても
距離が縮まった理由だと思います。


これはわたしの方の考えで
妹だってわたしに対し
同じように
ん?えっ?と思う部分は多々あると思うわ。
うん(^_^;)


OI003508

これから先
どうなってゆくかはわかりませんが

やはりお互い
「無理やり仲良く」
と思わないことが
わたしたちには大切かもです。

けれど

今までとは違った
姉妹関係が始まったことは
事実だと思います。



クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ


叔母の葬儀のお花は
妹とわたしが
それぞれお花屋さんで買ってきて
当日持ち寄りました。

母の時は市場まで買いにゆきましたが
今回は時間がなくて
近所のお花屋さんで
買い求めました。

ほんの一晩入れておく
大きな花瓶をさがしたら
こんなカラフルなのが
ホコリだらけで
見つかりました。

OI003477

実家を建てたばかりの頃
母が応接間の飾りとして
買ってきたものです。


あの頃は
異国情緒ただようものは
珍しく(笑)
綺麗な色合いにウキウキしながら 
触ったり持ち上げたりして
叱られてました(^_^;)

OI003480

今では珍しくもなんともありませんね。
家を新築した頃の
家族の雰囲気を思い出します。

もう残っているメンバーは
わたしと妹だけ

OI003479

初めて花瓶として
お花を入れたのが
今回です。

OI003466

葬儀の朝まで玄関に置きました。



妹はアレンジメントを
作ってもらってきました。
IMG_20200711_130755_788
叔母の雰囲気にぴったり。


お人形とモチーフ編みの膝掛け
そしてお花いっぱい
棺に入れて
見送りました。
OIP00230

荼毘に伏す間
妹と二人で
元気な頃の叔母の
思い出話をしながら待ちました。


思い出話は
わたしたちの心の距離も
縮めてくれました。

それぞれ違った情景を覚えていて
思い出が二倍に膨らみました。


私たちの意見が一致したのは
病院に入院している時の
すやすや眠り続けている叔母は
認知症が進んで
意思の疎通ができなくなった叔母よりも
ずっとずっと
苦痛なく
安らかに幸せそうに思えたと
言うことです。


眠っている姿は
もとのままの
叔母でした。


天国で目が覚めた今は
元気な頃の叔母に戻っていて
祖父と祖母と母で
笑いながら
この世での出来事を
報告してると思います^^


クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ

昨日は
曇りながら多少晴れ間もある
動きやすい日でした。


叔母をほんの10日くらい前に
お見舞いした時より
頬がずいぶんこけてしまっていて
驚きました。 


眠るように
全く苦しむことなく
静かに息を引き取った
とのことでした。

OI003420


いざとなると葬儀に
やはり人を呼ぼうか...と
迷いましたが
コロナも増えてきています。

声をかけるとしても
高齢の方が多いし

やはりまずは
妹と二人きりで
見送ることに決めました。


だから
葬儀屋さんとの
打ち合わせといっても
本当に簡単でした。

OI003471

お花もすべて自分たちで用意することにし
葬儀自体の費用は
とても押さえられました。

後で
皆で集まる会の時
ちょっと豪華なお食事と
記念品のようなものを
おわたしできるかな...と思います。


クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ


このページのトップヘ