Detour

しばし...昭和にとどまらせて下さい...

カテゴリ:家族のこと > 母


今回はいくつか大切な用事があって
長く実家にいますが
まだ、大切な用事があと一つ片付きません。
...う~ん、でも
もうそう長くはいられない。
そろそろ自宅に戻らなくては...
P5171267
実家にいる間に母のお寺に一度はお参りに。

この刺繍のブラウスは母が最期の頃まで着ていたもの
これを着て行くことに...
母は仕事柄、山のようにお洋服を持っていましたが
前開きでコットンでできていて
洗濯機で洗えるものがほとんどありませんでした。

P5171238
わたしが買ったこの新しいブラウスを
持っていってあげたのですが
初めはなんとなく気に入らないようでした(笑)
自分以外の人に服を選んでもらうなんて
考えられなかったんでしょうね。
確かに母の好みとは違いますけど...
意外と似合ってましたよ。

今は時々わたしが着ています。


お寺の帰り道
お抹茶をいただきました。

お庭をお散歩して...
ギボウシが静かに咲いています。
P5171257

水芭蕉

母は倒れて、いろんなことが自分でできなくなりました。
以前のしっかりした母とは、すっかり違った母になってしまったのですが...
とても不思議なことにテレパシーが通じるようになったんじやないか?
って思ったことが何度かありました。
P5171260

その日の夜、
わたしが、なぜか五人の男の子のお母さんになっている夢を見ました。
目が覚めて朝、母の所に行ってみると、
わたしの顏を見るなり母が
「お前は大変だね。だって五人も子供がいるんだろう。」
って言うんです。....え?何で?
今までそんな事一度も言った事なかったのに...
しばらく話しているうちに
わたしの子供は男の子二人だった事を思い出したようでしたが
とても、とても不思議でした。
今まで一度もそんな事、言ったことないのに
わたしのその日の夢を知っていたのかしら(笑)

わたしの夢や知らないはずのことを
なぜか、母が口にする...
そんな事が何度かありました。

今、振り返っても不思議です。
ただの偶然かな~?

お茶室のお花が楚々として綺麗です。

P5171244
蚊取り線香が懐かしい。
綺麗なお庭ですが、池もあるし虫さんがいるのは仕方ありません。
P5171240

お菓子のお名前を忘れてしまいました...

P5171247

中は黒のこしあんで
赤、白、黒のコントラストがくっきり

P5171248

甘いお菓子の後の
お抹茶がとても美味しかったです。

P5171251

ホタルですね。

P5171916


何だかホタルを見たくなって
3年前くらいに一度蛍を見ることができた
いつもの公園を通って帰ることにしました。

P5171273

日が長くなったとはいえ
暗くなり始めるとどんどん暮れていきます。
ゆっくりホタルを探しながら歩いたのですが
一匹も見つからず...
カラスがカァカァ鳴いているだけでした(笑)

DSC_3717

暗くなると公園は一人で歩くのは何だか怖くて
思わず早足に...
ホタルも見つからず
淋しく帰ってきましたが
また来年。
この頃「また来年」という言葉が何となく、しっくりこない。
今、と思ったら
今やりたい、見たい、行きたいんです。
せっかちになってしまったみたい。

それにしてもこの一年は本当に早かったです。

DSC_3720
母の着物やお洋服、そして大量の生地をどうして欲しいか...
母にテレパシーで送ってもらいたいものです。

そう、わたしの中でひらめいた事が
母からのテレパシーだと信じれば良いのかもしれません。


よろしければクリックお願いいたしまぁ~す^^


七月になりました。
今日は梅雨らしく雨が降っています。
水不足が心配ですから良かったかな~
でも、七夕様も雨になっちゃうかも...

昭和レトロな大きな赤いお裁縫箱です。
P5201358

写真では大きさわかりにくいですが
お裁縫箱の中では大きなもの。

これはついこの間まで母のベッドサイドに置いて使っていました。
大きいのでバスタオルがこんな風に入ります。
P5201365
そして持ち手がついているので
持ち運びにとても便利。

P5201359

すごく活躍してくれたんです。

お花の刺繍がだいぶすれて傷んでますね...

P5201361

中は昭和レトロお裁縫箱仕様
真っ赤なサテン張りです。
中はそんなに傷んでません。
P5201362


わたしは中の、多分ちょっとお針をさしたりするのであろう
このプクプクした部分が大好きで
度々触っています(笑)

P5201363

実は小さい頃、わたし、毛布の端のサテンの部分(わかりますか?)を
指でモミモミしながらじゃないと眠れなかったんですフフフ...
今でもその名残かサテンを見ると触りたくなるんです(笑)

実家の二階の押し入れには
母の職業柄、まだまだレトロなお裁縫箱が眠っているのですが
その実、
母が亡くなるすぐ前に使っていたお裁縫箱がこれです↓

P5211369

な、なんと無印良品のコスメボックス....爆笑
あんなにいっぱいあるのに~
無印の方がチャックがついてたりいろいろと使いやすかったのかなぁ~フフフ
コンパクトで機能的?

でも、母の介護中はこの可愛い赤色のお裁縫箱に
とっても癒されました。
赤で、お花が刺繍されていて、華やかで
見ていて元気が出るんです。

P5211372

母もベッドの上から
いつも懐かしそうに見ていたように思います。



よろしければクリックお願いいたしまぁ~す^^


にほんブログ村




しばらくお休みしていたので実家でのお写真続きます。


実家に会ったわたしのマリア様コレクションの一つです。
なんとも現代風というか
どこかしらアニメ風というか
でも、かなり古いもの。
ふっくらとした可愛いマリア様です。

P3231457

樹脂でできていて、しっかりとしています。
長いベールの後姿...

P3231459

寄り添う羊や鳥たち
童話の挿絵に出てきそうな感じです。
そしてマリア様のスカートに子供が落書きした跡

P3231458
でも
落としても割れたりしない樹脂でできてるし
親しみやすい若いお母さんとして表現されてるマリア様。
きっと子供のたちのために作られたものだと思いますからね。
マリア様怒ってません(笑)

そして一番気に入っているところはこの髪型
横分けなんですね~
わたしの小学校3年生くらいの頃この髪型をしてました(笑)
けっこうこの髪型の女の子多かったです。
そして「ぱっちんどめ」でとめてました。
P3231463
そうこんな感じ
一番右の女の子みたいな...

m_CIMG1769

(画像お借りしました)

お庭のお花を摘んできていけてみました。

P3231470

たしか去年も実家にこのお花が咲いている時
スマートなマリア様の像を飾った覚えがあります。
五月はマリア様の月なんですよ。確か。


実家から戻るとき
こんな風に母の写真の周りにみんな飾ってきました。
母は洋裁店をしていたのでいつも女の人に囲まれていましたからね。

P3231474

そう、母はいつも女の人に囲まれていたイメージがあります。
そして意外と寂しがり屋でした。

よろしければクリックお願いいたしまぁ~す^^


にほんブログ村





レストランを出た後
ゆっくりと
いつも必ずお散歩する静かな公園を歩きました。
ここも桜は咲いていますが、日がさんさんと降り注ぐというより
木陰の多い静かな散歩道です。
一番好きな公園かもしれません。
P2290792
いつもの緑のベールにピンクの彩りが添えられました。

P2290729

普段は人通りが少ない公園なのですが
やはり今日は桜の花が本当に美しい日なので
お散歩の人がたくさん。

P2290728

ここも去年母を連れてきたあげた公園です。
母のお店があった場所にも遠くない
幼い頃からなじみ深い公園です。
P2290785

ここの桜は散るのが早い気がします。
他の場所は満開になりたてで、ほとんど花びらは落ちていないのですが
ここはもう少しだけですがお花が落ちています。
しかもお花の形のまま
ぽとんと落ちているんです。

P2290787

確か去年もそうでした。

道のわきに、夏には蛍が住む小さな小川が流れているのですが
もう桜のお花が流れています。

BlogPaint

友禅の絵のようですね。
P2290799


去年この公園に来た時
落ちてきた桜の花を拾って母の手の上にのせてあげました。
その時の写真です。

612b39f3-s

去年はもっと雪が降るように次々落ちてきてました。

今年は自分の手に乗せてみました。

P2290790


だんだん母の手に似てきたなぁ。。。


来年も青空の下の満開の桜を
この公園で見たいな。

P2290727

母が亡くなって日がたつにつれて
写真の人になりつつあります。

わたしが覚えている限り、母は私の中で生きていると思いますが
100年経てば多分誰も覚えていませんよね(笑)
世の中で名をなした人以外
ほとんどの人はそうかなフフフ

だとしたら
これからは
もっと自由に、自分の好きなように、
楽しんで生きてもいいのかな...
って思いましたよ。

P2290804

で、
どうしたら良いのか、どうしたいのか...
具体的にすぐに考え付かないのが
今、現在のわたしなんですけどね(笑)

ゆっくり考えます。

 よろしければクリックお願いいたしまぁ~す^^




実家の玄関前の松に新芽が...

松ぼっくりの赤ちゃんってことかしら?
P2260558

自分で言うのもなんですが
この日は良く動き回りました。
頑張りました。

もともと要領が悪くて
うまく優先順位をつけて動けるタイプじゃないので
またまた時間不足で走り回りました。

あると思っていた銀行が移動していたり
期日を確認し忘れて戻ったり
関係ないところで受け付け番号を取って待っていてみたり...

BlogPaint

決断力がなくて、出遅れるタイプなのです。
もうこれは一生治らないねフフフ
悩むのはやめて諦めよう(笑)

でも、まぁ、夕方遅くなる前に終わりました。
外に出ると桜が三分咲きくらいかな...

IMG_20170407_163809_237

足かけ3年くらい気にかかっていたことに
いったんですが区切りがつきました。

一人お疲れさま会...
ラーメンで(笑)
わたしが幼い頃からある地元で愛されているお店です。
母はどんな時もでも質素な人でしたけど
まぁ、このくらいなら許してくれるでしょヘヘ

野菜大盛りにしましたよ。
一日分の野菜がとれるらしいんです。

DSC_5397

おまけに餃子もつけました(笑)

DSC_5398

実家に戻ってゼロカクで母と乾杯。
う~ん、初めて飲んだのですが
美味しいのか、そうじゃないのか良く分かりませんでした(笑)

P2260552

そして桃太郎のきびだんご...じゃなくて
「あんころもち」なんです
母の大好物。

BlogPaint

お菓子は数々あれど母はこれが一番好きでした。
一生涯の中で一番たくさん食べたお菓子だったのかも(笑)
いっつもデパートに行った時買ってきて食べてましたから
時々あんころもちは売り切れになっているのでみんな大好きなんでしょうね(笑)

P2260549

中はこんな感じです。
見るからに素朴なお菓子。
餡に黒砂糖が入っていてこくがあって本当に美味しいんです。
う~ん、あまり美味しそうにお写真撮れませんね。残念。

P2260551

何人かで分けて食べられますが
一人でもペロリって食べられます。
次男くんが猛烈にこれが好きなんです(笑)
おばあちゃん譲りフフフ。

今日はわたしにとって一つの区切りの日となりました。
まだまだやることは残っていますし
全てが終わるのは多分...数年、いや私自身が還暦になってしまうのでは?
と思うくらいですけれど...
少しづつこれからの自分を考えることに
重きをおいていきたいです。
そう思えるのも
母の介護をすることができたからかもしれません。

年を重ね、体が不自由になるということがどういうことで
回りのみんながどんな風に感じるのか
身に染みてわかりました。
そして
後悔はいろいろ残っていますが
あの時の自分にとって
できるだけのことはしたと感じています。
母に少しは恩返しができた気もします。
自己満足かもしれませんが
わたしはその気持ちなしには前に進めない。
わたしの中の何かが満たされたのです。

自宅前のおうちの白モクレンがもう満開

P2260553

木全体から圧倒的な白いオーラが放たれています。

P2260560

もう少し花びらが...

P2260555

今年の春の華やぎを終えようとしています。


 よろしければクリックお願いいたしまぁ~す^^



次の日の朝、少し早めに起きて鴨川をお散歩しました。
時間がありませんからね。
苦手な早起きもなんのその。

朝の鴨川...美しいです。

IMG_20170306_003652_474

まだそんなに人は歩いていません。
犬のお散歩の方がほんのちろほら
清々しくて静かです。

IMG_20170306_004348_081

樹齢何百年かの木々が...
ずっとずっと前から鴨川を見ている木
あちこちに歴史を感じさせるものに囲まれた街です。
なにしろ街全体が文化財。

DSC_3124
今日は大切な用事がありますが
午前中にめどをつけて、お寺をいくつかまわりたいです。
一つ、じゃなくてせめて二つは行きたいな。

母がいつも京都や神戸に遊びに行きたがっていたのを思い出します。
結局行けませんでした。
せめて母の傍らにあったお守りは連れてきました。

基本的に母は「旅行は贅沢な遊び」という感覚があったんです。
遊ぶ=悪い事
って感じです。

母が楽しめなかったと思うと
自分だけが楽しむのがちょっと気が引ける...
私自身
母は母、わたしはわたしという感覚を
持ちずらい立場でしたから。

徐々に、わたしが楽しんで
わたしを通じて天国の母にも楽しみを届けてあげるという...
そんな感覚になっていけたらなぁ~と思います。
IMG_20170310_094215_073

ホテルでバイキング形式の朝食をたっぷり食べて
エネルギー補給。満タン。
(やっぱうちはバイキング向きよね。)
まずは大切な用事を心をこめて、済ませて...。


そこここにある文化教育施設...
土日なのですぐにいっぱいになってしまう...
IMG_20170309_215122_856
京都市バスの一日乗車券も買いました。お抹茶色。

_20170310_092826
地下鉄も使いました。
京都は地下鉄のシートもオシャレ
和的デザインのお抹茶色
京都お抹茶色多し(笑)

IMG_20170309_223542_173

またまた今年も用事の合い間の強行軍
京都の旅....何はともあれ、京都に来れて幸せですフフフ。

よろしければクリックお願いいたしまぁ~す^^


昨日、今日、もう冬の寒さです。
外に出るのが億劫になってしまいます。

母の洋裁に使っていた部屋の棚を少し片づけました。
PB181883

色とりどりのパレットのような生地。
ツヤツヤスベスベしている生地なので
多分裏地かと思います。
裏地の余り布をくるくる巻いて取っておいたものですね。
何かちょっとだけその色が必要という時のために取ってあったのでしょう。
洋裁の仕事をしているとよくそんなことがあったのかもしれません。

DSC_3806


レースのテープです。
夏物のお洋服の裾や袖口なんかを飾るための物。
オレンジ色のものが昭和レトロ感ムンムンしてます。
何かに使えないかしらね...フフフ
手芸が好きな方なんかは上手に使われるのかもしれません。
そんなこと言っていたら全てがそうですからね。
せめてアップしてから処分しましょう。

_20161113_235238

ベルトの大群....
本当に古いものなので朽ちていますが未使用のものです。
お客様に作ったお洋服に合わせていくつか置いておかないとね。
「今すぐ合うものが欲しい。適当なものをみつくろって下さい。」
っておっしゃる時もありますからね。

_20161113_234314

昭和レトロな皮の細いひものようなものが懐かしい。
わたしもした覚えがあります。

_20161113_235112

こちらはドレス用?ゴージャスバージョン...なんか絶句しますねぇ。

_20161113_234335

子供のプロレスごっこのチャンピオンベルトにしか使えませんよフフフ

DSC_3811

出番のなかった女らしさを彩る裏方さんや脇役たち...

そして型紙...

IMG_20161114_020046

これ以外にも型紙は本当にたくさんあったのですがもう汚れていたので処分しました。
この紙と、布と、鋏と、針と、ミシンと、アイロン、チャコ、躾糸...
それでどんな形のお洋服も作っていたんだなぁ...と思うと感慨深いです。

役目を終えた落ち葉のようですね。

BlogPaint

庭のシュウメイギクももう小さな花の芯を残すのみ
何だか可愛い小坊主さんみたいです。

PB181868

来年のために実を落とす植物たちが
とっても愛おしく感じられました。

PB181866



よろしければクリックお願いたします^^



にほんブログ村

10月最後の日曜日
山の方へ紅葉を見に行きました。
急に寒くなったので早く見に行きたくなったのです。
平地はまだ紅葉には早いですが
山の上の方ではもう終わっているところもあります。

今年はどうしても紅葉を楽しみたいので
広島東洋カープが日本一を逃して
どよ~んとしている(笑)主人を無理やり誘って出かけました。


一時間くらい山の方へ...
何度か来た事があるお庭の綺麗な神社です。

紅葉が綺麗。
来てよかったです。
4年くらい前、紅葉時、来た日には、
白無垢綿帽子のお嫁さんがいたんですよ。
一枚の絵のようでした。

PA301951

マイナスイオンが漂って清々しい~♪

PA301984

今は赤が主役ですね。

PA301966


快晴ではありませんでしたが、まずまずのお天気なので皆さん紅葉狩りに...

PA301995
ここでも鯉のえさ100円だったので子供たちに大人気。
お母さんが呼んでも知らん顔...フフフ

PA301960


鯉を見ると心が折れる主人...ショボ~ン

PA302008

「短期決戦だから相手の勢いにのまれた...采配ミスなんだ...ブツブツブツ...」
フフフ....あんなに来ていたカープ友のメールもパタリと止まりました...ソコマデ~?

綺麗な紅葉を楽しみましょうよ。ねぇ。
木々が赤く染まって...ってカープのカラーは赤でしたかね。

PA301977

少し早目の七五三のようですね。
みんな子供は鯉の餌やりが大好き。

PA301991

可愛い兄弟。
女の子七歳、男の子五歳かな?
パパがおっきなカメラと三脚持参で頑張って撮ってました。
七五三、懐かしいですね。

子供たちもこんなに綺麗な紅葉を覚えているかな?

PA301968

空気が澄んでいます。

PA301986


もう一回、母に紅葉を見せてあげたかったね。
せめてあと一年、
ただ、わたしの膝と腰が持ったかな...と思うと
それはちょっと不安でした。
介護が終わって腰の方はなんとか良くなりましたが
膝が、特に左ひざが治りません。
自分が介護される側になっちゃったら、もともこもありませんからね。
それで母は逝ってしまったのでしょうか?
そんな風にも思えてきます。

PA301992

母は「なんでこんな体になっちゃったんだろう...」
って夜泣いていて、泣き疲れて寝てしまうことも多かったらしいです。
次の日はもう忘れていて元気になってるんですけどね。
元気ではありましたが
要介護5の不自由な体で生きるのはかなり辛かったと思います。

PA301993


わたしは母に対して深い葛藤がありました。
...というか、今もまだ残っていますけどね。

母は自分に厳しく、そしてわたしにも厳しかったです。
自分が生きてきたように、わたしも生きて当然と思っていて
そのことに対して最後まで何の疑問も、迷いも、持っていなかったです。
それが母で、それで良いです。

でも、最後に弱ってしまった母を、介護できたことは
わたしにとって救いだった気がします。


なんてきれいな赤
実も、葉も、真っ赤ですね。

PA301963

いずれにしても、父も母もいなくなり
わたしは「みなしごハッチ」になりました。

自由に飛んでゆけますが
本当に心配してくれる人はいない。

この年になってみなしごハッチの気持ちが少しはわかったんです。
相変わらず遅すぎますかね。フフフ


よろしければクリックお願いたします^^



にほんブログ村

今日はお天気が良かったので、
母の服をリサイクルショップに持っていくことにしました。
実家の方には車がないし、
オーダーのお洋服を引き取ってくれるリサイクルショップも見つからなかったので
わざわざ大きな段ボールに詰めて自宅の方に送って
主人に連れて行ってもらうことにしたのです。

CA3I0094
わたしにとっては思い出深い母のお洋服ですが
そして品物も良いとは思うのですが
なにしろ古いものなのです。

母が着ていたモスグリーンのコート
これは買ったものですが、母はとても気に入って着ていました。

PA041010

母のスカーフの中から同系色のグリーンのスカーフを合わせてみました。

PA041017


これは母のお店で仕立てたもの
キャメルのマフラーを合わせてみました。

PA041066

写真で色を見たとおりに表現することって
とても難しいですね。
こんなに派手な色合いのチェックじゃないんです。
もっと地味目の目立たないチェックなんですけれどね。

PA010956



あと紫色のコート
フサフサがついたお揃いのマフラーがついています。
わたしの保管の仕方が悪くて裾が皺になってしまいました。
母に叱れらそうですコワ~イ フフフ
母はそんなことに仕事柄とっても几帳面でしたから。

BlogPaint
後ろ向きになった時の感じがとても可愛かったです。
BlogPaint

黒のロングブラウス
アニマル柄のスカーフをかけてみました。
PA041049

母はけっこうアニマル柄を着ていましたね。
多分わたしは一生着ないと思いますフフフ...
PA041055
ラインストーンがキラリ~ン

この4点を含む8点ほど、ダブルのブレザーなど
仕立てたもの、買ったもの、取り混ぜて持っていきました。
よいしょ、よいしょ、...運ぶだけで重労働。

.そしてその結果は...

全て引き取れない....はぁ...予想はしてました。

まず形が古い。
あと金ボタン、ダブルのものは傷んでなくても売れないのでダメとのこと。

生活がカジュアル化しているので
よそ行き風のきちんと感があるものは、逆に売れない。

...う~ん...でもこのままでは帰れんぞ。

主人と相談して何でも引き取ってくれるという
最終砦のような(笑)
リサイクルショップに持って行ってみました。

そこは最後は洋服ならば何でも、
重さで引き取ってくれるという所です。

して...その査定額は...

なんと...8点で 
84円

7kgで84円ということらしい...
84円...(゜レ゜)ヒョエ~

100円にもならないいんです。

自宅に送った宅急便代どころか今日走ったガソリン代にもならないくらいです。

一瞬たじろぎました。(@_@)ブルブル
でも少し考えた末、引き取ってもらいました。

金額の問題というよりも、
これは古布として処分されてしまうに等しい...
タダでも良いから着てくれる方がいないかな...
なんて、考えたのです。
でも、やはりそういう人を探すのもとても難しいし
これ以上自宅のリビングにかけておくのも限界なので...


ず~っと前、手芸が得意な方が
着ないコート等、質の良い古布を探していらっしゃった事を思い出しました。
その生地で座布団カバーや小物、ぬいぐるみ等を作るということだったんです。
そんな風に利用していただくのが一番だったのかな...もう、遅いけどネ
そんなこんな...考えながら帰ってきました。

庭のサンシュの実がほんのちょっとだけついていましたよ。
PA291940
しかし...
予想はしていましたが
現実はこんなものですね。

一瞬、リサイクルショップの店員さんが悪魔に見えましたが...フフフすみません。
現実を知ることはこれから先のお片づけ、
そして自分のためにも大切なこと。

「もう、こっちに洋服送らないで」って主人にも言われてしまいました...
そりゃあそう。送るだけでも大変なんです。

まだまだまだまだある母のお洋服

認識を新たにまた考えてみます。




よろしければクリックお願いたします^^



にほんブログ村

今日10月16日は父と母の結婚記念日です。

そんなことは今まで一切、ただの一度も、話題には出たことはなかったので...(笑)
母は父との結婚をなかったことにしようとしていたんでしょうかね?(爆笑)
この時計の裏側を見て最近知ったんです。

BlogPaint

応接間に飾ってあった時計で
父と母の結婚結婚記念に父の友人から頂いたものらしいです。

動かないし、重いし、石だし(笑)どうやっていつ捨てていいかもわからない...
そこで近所の時計屋さんに持っていったら
意外と簡単に直りました。
新しいデジタル時計になり時を刻み始めました。

PA131620



父と母の結婚記念日を祝して?もう二人ともいないですけど...かな?
動き出した時計とともに写真も飾ってみました。
PA131635


この菊はわたしの生家のすぐ横の道路脇に咲いていたもの。
父と母が結婚して住み始めた家でもあります。

PA131636


そしてこの結婚写真....
わたしが実家の二階の片づけをしていて出てきました。

ただの一度も見たことがなくて
そして
「結婚写真見せて」
ってわたしが何度か母に頼んだことがあったのですが
「そんなものない。」
っていや~な顔をしてきっぱり拒否していたので
てっきり、捨ててしまったか、撮らなかったのか...
どちらかだと思っていました。

PA131638
あったんです。
着物ダンスの下の段に
着物の間に挟まれていました。

正直すごく驚いたんです。
......えっ..あった...
しかも意外と大事そうにしまわれているじゃないか...

わたしが今まで片づけをしていて発掘した
一番のびっくりだったかもです(笑)


なにしろお世辞にも仲の良い二人とは言えませんでしたからねフフフ
どう考えも合わない二人ですワ。
でも母は持ち前の生真面目さ、粘り強さで
最後までちゃんと最低限、妻としての勤めを果たしていました。

平成の世代ならこうはいかなかったと思います。
が、
それが良かったのか悪かったのかは微妙....フフフ

PA131641
秋の真っただ中に結婚したんですね。
その日は秋晴れだったかしら?

なにはともあれ
父と母が結婚しなければわたしという人間はいなかったわけですからね。

母はとてもしっかりした人でしたが
家族に縛られた人生でもあり
人一倍寂しがり屋でもありました。

天国では父と(お互い望めば、ですけどね。笑)
自由に過ごしてほしいと思います。

わたしの大好きな木の実と
母の処分したお洋服についていたボタンも一緒に飾ってみました。

PA131644

わたしも少しずつ自由に過ごしていきたいと思いますよ。

よろしければクリックお願いいたします^^


にほんブログ村

このページのトップヘ