Detour

しばし...昭和にとどまらせて下さい...

カテゴリ:おしゃれ > お洋服

今日はクリスマスイブで
お友達三人とその中の娘さん一人とで教会で会うことになっています。
何だか曇ってますけど。イブはイブ。混んでるかもしれません。

今日は母のブローチの一番華やかなものをつけていこうと思ってます。
ゴージャスですがもちろん全てイミテーションです(#^^#)

BlogPaint

こんな風にこんもり小さなお花が前にもついていて二段になっていてます。
小さい頃、このブローチがキラキラしてお姫様みたいで
ちょっと特別のものとして好きでした。
わたしが身に付けるのは初めてかもです。
おか~さ~ん。見てる??(笑)

PB084446


横顏も一枚(笑)
母は仕事をしていたので付き合いも広く
結婚式など色々華やかにして出かける機会がありましたが
わたしはクリスマスイブくらいしか思いつかないので
今日思い切ってつけて行こうと思います。

PB084445

青はマリア様の色ですからね。
マリア様の衣は青で描かれていることがとても多いのです。

  
    
t02200280_0300038212297880242 puffer (3)
puffer (2)    
 


母がベルベット風のオフホワイトのスーツに着けていた記憶があるのですが
今日はお料理教室の時と同じラメ入りの黒のワンピースにつけて行くことに
PB124559

いつも忙し過ぎて会えないお友達にも今回は会えるので
とても嬉しいけれど
そんなに時間がありません。
PB124556

それともこの前自分でお丈直しをしたコートのマフラーを止めるのにつけて行こうかな。

PB124545

白の毛で編んだレースのマフラーも
もったいなくて滅多に使わないうちにアイボリーっぽくなってきてしまたので
今日は思い切って(笑)

PB124551

白の上につけるとこんな感じに
柔らかい雰囲気が変わります。

PB124547

こうして一番好きな母のブローチをつけて
母も良く知っている学生時代のお友達に会えるなんてネ^^♪
素敵なクリスマスイブになりました。

行ってきます(^-^)/

よろしければクリックお願いいたしまぁ~す^^


にほんブログ村



自宅に戻り
本当にご無沙汰してしまっていた洋裁教室の先生に連絡しました。
先生もお忙しいし、わたしもいろんなことがあったので
なかなか通うことができなかったのです。
なんとほぼ一年ぶり。
どうりで窓からの眺めが同じです(笑)
でも、まだまだ、諦めてはいませんよ(^^)/
IMG_20170803_183631_541
あ~懐かしいこの洋裁の仕事場。
母の昭和レトロな小さなお店もこんな雰囲気でしたから...
わたしが赤ちゃんの時、たまには籠に入れてられて
母のお店の床で寝ていたらしいです...
IMG_20170803_183902_032
先生はお客様に頼まれて黒のスカートを製作中です。
アイロンの香りが懐かしい...
う~ん、わかるかな?...アイロンの香りフフフ...
IMG_20170803_184150_837
実は去年製作途中のノースリーブのレースのブラウスが
まだ出来上がってませんハハハ...
でも、先生のご都合もあるし、私の場合不定期になりがちなので
まずは一回完結の裾上げやお直しで
基本的なものを身に着けたり、ミシンに慣れたりしていくことになりました。


今回は裾上げです。
初めてロックミシンをかけました。
面白~い( ̄▽ ̄)
DSC_3985
裏付きのものなので、やはりひと手間はかかります。
DSC_3986

そしてこの裏地と表地をくっつける紐もつけました。
一番細いレース針でボタン付け糸を縄あみを編むんです。
指で編む方法も教えていただきました。
フムフム。何気なく見ていましたがけっこう大変な作業。
_20170804_094322
さら~っとできたように書いてますが
先生にガッツリ手伝っていただきました(笑)
ってか先生にやっていただいたも等しいフフフ(´艸`*)ダカラ、デキアガリ、マジキレイ

けっこう前、家庭科の先生をしていた方が縫ったものをいただいたのですが
ワンピースにしては短く、チュニックにしては長すぎて
もったいなくも、ず~っと着てなかったのです。
で、思い切ってチュニック丈にしました。
_20170804_100113
これで少し涼しくなったら着られる。嬉しい。
可愛い(すぎる?笑)デザインなので早く着ないとハハハ
年取るスピードが半端ないからね~

先生のおうちの可愛いにゃんこ
おばあちゃんにゃんこでとっても大人しい。
そしてよく躾けられていて決して仕事場には入ってきません。
IMG_20170803_184249_216
また来るからこれからもよろしくね。

そして今回は母が残した生地を持って行って
先生に作っていただくようにお願いしました。

昭和レトロな華やかなプリント生地です。
イタリア製のシルクなので買えば高いのでしょけど
いつのものかわからないくらい古いものです。
ダメージがないか心配。
IMG_20170803_184511_228
ブルーの物は透け感のある薄い綿で
ブルーのチューリップの柄が入っています。
水彩画みたい。やはり一部シミがありました。
これは同じものを母がワンピースで着ていた気がします。

先生からスタイルブックをお借りして
体形カバーできて(笑)ゆる~い着心地のものを
考えました。
_20170804_091410
黒はチュニック、ブルーはワンピースにしていただくことにしました。
わたしも縫える部分は縫わせていただこうかと...(´ー`)デキルカナ~

秋になったらこんなワンピースもあるといいな~
夢は広がる、予算内に(笑)
DSC_4008
母の仕事を思い出してとっても幸せな瞬間でした。
IMG_20170803_184407_068
母の残した生地を生かす
第一歩。
やっと始められました。

 よろしければクリックお願いいたしまぁ~す^^


昨日寒かったけれど東京で桜の開花宣言がされてましたね。
本格的な春がやってきました。

庭のクロッカス...咲いたよ...(´▽`*)

P2070336

こんなものがありました。
友禅のお札入れですね。
桜の模様ではないようですが
お花が満開の模様のお財布ですね。
きちんと木の箱に入っています。

P2090360

多分お母さんのタンスの奥深く、こんな感じのものが
眠っているおうちも多いんじゃないかしら...?

出してみました。
とっても綺麗ですね。
でも、お着物でも着ない限り
積極的に使おうというデザインではないかもしれません。

P2090361

でも使うことにしました。
多分、リサイクルショップに持っていっても100円?くらいでしょうしね。
なにしろ柄が綺麗で
いろんなことを抜きにして好きですから(笑)

ATMや銀行でお金をおろした時に横に置いてある封筒には入れず
この中に納めたりして使いたいと思います。
手前のポケットに残高明細を入れるのがピッタリ。

中も紫色で綺麗。
とっても丁寧な造りですね。

P2090362
きっと買うと高いと思います(笑)
ずっと置いておくと布のものなので使わなくともシミが出てきたりしますからね。
まだ綺麗な状態の今
わたしが使いましょ。


そしてこんなものも出てきましたよ
スモーキーなピンク色のカーディガン
昭和の時代のものだと思います。

P2090371

フクゾーのカーディガンですね。
サイズの91、36というところに時代を感じます。
多分今お店で売っているものはS、M、Lだけでサイズを表してあると思います。

P2090372

古いものでけっこう着た感じもありますが、まだまだ着られそうです。

P2090366

家にいる時、
桜の季節にぴったりなので着ることにしました。
自撮り棒で撮ってみましたよ(笑)

IMG_20170321_143949_120

実はこの自撮り棒、京都に持って行ったのですが
せっかく買ったのに一回も出番なし(笑)

8286ebec-s

写真は好きなのですが
若い人たちと違って
そうそう自分を撮る機会ってないんですね。
そう、それに、現実を突きつけられると
わかっていても凹みますしねフフフ

でも、これからなんらかの形で活躍させようと思っていますよ(笑)


よろしければクリックお願いいたしまぁ~す^^


にほんブログ村


母からずいぶん昔にもらった昭和レトロなブラウスです。

「これあげる。高かったのよ。」...(笑)って言ってくれたものです。
多分、自分用に問屋さんか何かで買ったのだけれど、
着ないのでくれたのだと思います。
でも、ただの一度も着てません。
一度でも着たいんです...

P1250216
シルクとかではなく化繊なのですがツヤツヤしています。
フリルがついていて、カットワークが綺麗です。
P1250221

一度も着てないし、これからも着る予定も全くありません。
だから、長男君の終了式に着て行こうかな~とも思います。
ただ、行こうかやめようか考え中なんですけどね。

長男君いわく
「父兄の人はほとんど来ないよ。」
...う~ん、そうかもね。
でも、母が長男君をとても可愛がってくれていたし
せっかくの式なのだから母が残した服を着て
行ってみたいな...という気もしています。
母と洋服は切っても切れない関係ですからね。
母も一緒に来てくれているみたいな気がするんです。


襟元...アップで見ると、オスカル様みたい...フフフ

P1250220
お袖もロマンチックですよ。
P1250219

そして母のちょっとフォーマル感のあるジャケット。
母のお店で仕立てたものです。ず~っと前。
昭和のお仕立てなので品質は良いものです。
ただ肩パットが付いていたのでそれは取りました。
P1250209
着てみるとフィットはしませんが、何となくは着られる(笑)
誰も注目してないと思うし、気にせず着て行こうかな...

生地も黒地に黒のベルベッドの半月の模様がついています。

P1250213
ボタンもフォーマルな雰囲気のもの。
このジャケットだってもう処分するしか道がないものですから...

ブラウスの上にチュニックを着て
黒のパンツをはいて

P1250225
寒かったらジャケットはおった上に
昔々のカヨコートの黒でも着て行こうかな...
P1250222

これも何年前に買ったものかも忘れてしまいましたけれど
ずっと着ていません。

昭和レトロなお洋服たちの出番を作るべく(笑)
長男君の式に行こうかどうしようか
考え中です。

P1310296

長男君の学校関係の式としては最後のものとなると思うので....
まぁ、もう行かなくても良い気もしますけれど...

それにしても
早いものです。


よろしければクリックお願いいたしま~す^^



にほんブログ村


今日は3月3日
お雛祭り...
そしてわたしの大学時代からの友人のお誕生日です。
わたしと正反対の活動的でおおらかな性格の彼女。
不思議なご縁で結ばれている人なので...
朝一でラインでメッセージを送りました。
こんな可愛いラインのグリーティングカードがあるんです。
BlogPaint
わたしの超数少ないお友達の一人の彼女。
お誕生日が雛祭りだから、忘れっぽいわたしでも
いつも忘れないですんでます。
これからもよろしくです(´ー`)♥


このフォーマル感漂うワンピース
これはもう30年以上前の君島一郎さんのプレタポルテ....ホホホ...
を母が真似して作ってくれたものです(笑)
わたしがお嫁に行く時
もたせてくれたものです。
本物そっくりに出来上がっています。フフフ
だってプロだもん母。
昭和レトロなフォーマルワンピースです。
_20170206_131531

たしかお店のショーウインドウに飾られていたこの形のお洋服を
何度か足を運んで見に行って記憶して(笑)
母なりに再現してくれたものなんです。

もちろんわたしのサイズに合わせて作ってくれた完全オーダーメイド。
今思えばあり得ないほど贅沢ですが
あの頃はそんなに有り難いとも思ってなかった気がします。
何しろ自分ちの商売なので...フフフ
生地やボタンやその他モロモロ
在庫のものや問屋さんで安く仕入れられたものを使えば
買うよりずっと安く仕上がります。
ほぼただの場合も....ヨクアル

_20170206_131429


少しマーメイドラインで大人っぽい感じもあり
結婚してから太っても良いように(想定内、笑)幅は少し大きめにしてくれました。
実はわたしはこの形がそんなに好きではなく...
けど、子供たちの式典やなんかに何度か着ました。
別珍の部分も全然スレがありません。
そんなに着てませんから。

DSC_5172

残念ながらそんなに出番のなかったこのワンピースですが
最初に着た時の事は良く覚えています。

結婚式を挙げたホテルが、確かその年のクリスマス?かな?
何かで、ホテルで催されるディナーショーに無料招待してくれるのですが
その時に初めて着ました。

懐かしいですね。

それでその時の歌手の方が
ジョーンシェパードさん...
千昌夫さんの元奥様です。

何だかぁ...良く...覚えてませんが
知らない外国の曲ばかりで...
ものすごい迫力で歌い、踊っていた姿だけをぼんやり覚えています。

実はその結婚式を挙げたホテルもいよいよ店じまいするみたいで
もう一度だけホテルのレトロな喫茶室に行きたかったんですけど。
もう間に合わないかな。
仕方ありませんね。
周りに比べればずいぶん昭和レトロなホテルですから。
でも淋しいです。


ちょと着てみたのですが...
マーメードラインが...なんか...ムチムチで...
あんこの詰まりすぎた鯛焼きみたいで...ハハハ

このワンピースも処分することにしました。
もう着るチャンスもないでしょうし
やはり肩パットが入っていて時代を感じます...
母に感謝しつつ...

庭に植えた球根のクロッカスが一つ咲きました。
黄色です。
また次々咲きそうです。

P1210166

三月も忙しくなりそうです。
何とか乗り越えなくちゃ。
今日お誕生日のお友達のパワーと心がけを見習って。。。


よろしければクリックお願いいたしまぁ~す^^


にほんブログ村


二月も終わりに近づきました。
桃の節句まであとわずか...

街を歩くとショーウインドウにお雛さまが飾られています。
可愛くて見ているだけでも楽しい。

IMG_20170224_024129_131

二月は事実、ほんの少しだけ短いし、
移動も多い、やること満載の月だったので
ますます短く感じます。

母のタンスを片づけていたらこんなものが出てきました。
アメジスト?
色が薄くてキラキラしてます。
アメジストは色が濃い方が良いものと聞いたことがありますが
いずれにしても高価なものではないです。

P1170135

でも、綺麗。
昔のおかあさん風のデザインです。

P1170134

持っていた古いペンダントにダブル付けしてみました。
こうすると意外と可愛い。今風に変身。

P1170137

指輪も...
果たしてキラリと光る石は本物のダイヤか?ガラスか?
内側に刻印があるのだけれど
小さすぎて老眼のわたしには読むのがきつい(笑)

P1170145
サイズは中指にピッタリ合います。
母の方がサイズが大きいってずっと思っていたんですけどフフフ
わたし、ずいぶん指が太くなったんだね(笑)
P1170142
いずれもリサイクルショップに持って行ったところで
ほとんどお値段ないも同然と思うので
わたしが活用します。
この頃リサイクルショップに持って行くのが恐怖のわたし(笑)

傷がついても、石がとれちゃったとしても
日常的につけて楽しもうと思います。

エンジと黒のチェックのジャンパースカートを着ました。
レトロな千鳥格子。
家庭科の先生をしていた方が手作りして下さったものです。
とっても綺麗に縫われていて、実は、またしても「もったいない病」で(笑)着れなかったのですが
いよいよ出してきましたフフフ。ドンドン使う方針に変えようと努力してます。
記念撮影。

IMG_20170225_091624_712

裏地もついているし、ポケットもギャザーが入っていて
ちょうちん袖(古っ)...じゃなくてパフスリーブの
手の込んだ形です。
あたたかいし、体型もしっかりカバーしてくれる...

こんな風に自分で縫えたらね。
良いよね。
母が残していった大量の生地も
生かされるのに。

去年の秋頃始めた洋裁もなかなか行くことができません。
とっても行きたいのですが。
洋裁の先生もお忙しいですし、わたしもなかなか時間が取れず、
すっかりご無沙汰してしまいました...
なんと、まだ一作目の途中...
でも、諦めてはいません。
また機会を見て再開したいと思っているのです。

少しずつ、すでに持っているものを
活用していかなくては。

この調子、この調子....


 よろしければクリックお願いいたしまぁ~す^^





父はだいぶ前に亡くなりましたが
父の服がほんの少し別の場所に残っているのを見つけました。

父は昔の男の人にありがちですが
着るものはすべて母に丸投げしてました。
服にはほとんど興味がない人だったし
残っていた父の服は傷んでいるものばかりでしたので
処分する時もあまり気にせずできました。

ほんの少し残っている中の一枚なんですが
ウールのシャツです。
_20170121_093119

懐かしい色使いのチェック。
ちょっと惹かれます。
でも写真って本当に色が難しいですね。上の写真の方に本当の色合いは近いです。
男物のLサイズですがそんなには大きくありません。

DSC_4732


ほとんど着てないようでとっても状態は綺麗。
そして袖の長さが短く直してあるんです。
母が直したものだと思うのですが新品同様で色も好きだったから
自分が家で羽織ものにでもしようと思ったのだと思います。
袖を短くするのって結構手間がかかります。

DSC_4733
何となく捨てられなくて
そしてレトロなチェックも好きだったので
こんな風に合わせてみました。
そんなにおかしくないかな...
_20170121_092836
色違いのコーデュロイワンピースに。
シャツはそんなに着ないのでちょと着慣れませんが
温かいし、ポイントになってちょといいかんじ。
_20170121_094456
次男君のところに行った時ずっとこのシャツを着て過ごしてました。
何となくおじいちゃんが次男君の近くにいる気がしましたよ。

家庭を一番に考えてくれたとは、決して言えない父ですが(笑)
赤ちゃんの時の次男君と
気長に遊んでくれていた父を思い出しました。

良く見るとほんの少し虫食いの穴があったので
春になったら処分しようと思います。


よろしければクリックお願いいたしまぁ~す^^



今日はお天気が良かったので、
母の服をリサイクルショップに持っていくことにしました。
実家の方には車がないし、
オーダーのお洋服を引き取ってくれるリサイクルショップも見つからなかったので
わざわざ大きな段ボールに詰めて自宅の方に送って
主人に連れて行ってもらうことにしたのです。

CA3I0094
わたしにとっては思い出深い母のお洋服ですが
そして品物も良いとは思うのですが
なにしろ古いものなのです。

母が着ていたモスグリーンのコート
これは買ったものですが、母はとても気に入って着ていました。

PA041010

母のスカーフの中から同系色のグリーンのスカーフを合わせてみました。

PA041017


これは母のお店で仕立てたもの
キャメルのマフラーを合わせてみました。

PA041066

写真で色を見たとおりに表現することって
とても難しいですね。
こんなに派手な色合いのチェックじゃないんです。
もっと地味目の目立たないチェックなんですけれどね。

PA010956



あと紫色のコート
フサフサがついたお揃いのマフラーがついています。
わたしの保管の仕方が悪くて裾が皺になってしまいました。
母に叱れらそうですコワ~イ フフフ
母はそんなことに仕事柄とっても几帳面でしたから。

BlogPaint
後ろ向きになった時の感じがとても可愛かったです。
BlogPaint

黒のロングブラウス
アニマル柄のスカーフをかけてみました。
PA041049

母はけっこうアニマル柄を着ていましたね。
多分わたしは一生着ないと思いますフフフ...
PA041055
ラインストーンがキラリ~ン

この4点を含む8点ほど、ダブルのブレザーなど
仕立てたもの、買ったもの、取り混ぜて持っていきました。
よいしょ、よいしょ、...運ぶだけで重労働。

.そしてその結果は...

全て引き取れない....はぁ...予想はしてました。

まず形が古い。
あと金ボタン、ダブルのものは傷んでなくても売れないのでダメとのこと。

生活がカジュアル化しているので
よそ行き風のきちんと感があるものは、逆に売れない。

...う~ん...でもこのままでは帰れんぞ。

主人と相談して何でも引き取ってくれるという
最終砦のような(笑)
リサイクルショップに持って行ってみました。

そこは最後は洋服ならば何でも、
重さで引き取ってくれるという所です。

して...その査定額は...

なんと...8点で 
84円

7kgで84円ということらしい...
84円...(゜レ゜)ヒョエ~

100円にもならないいんです。

自宅に送った宅急便代どころか今日走ったガソリン代にもならないくらいです。

一瞬たじろぎました。(@_@)ブルブル
でも少し考えた末、引き取ってもらいました。

金額の問題というよりも、
これは古布として処分されてしまうに等しい...
タダでも良いから着てくれる方がいないかな...
なんて、考えたのです。
でも、やはりそういう人を探すのもとても難しいし
これ以上自宅のリビングにかけておくのも限界なので...


ず~っと前、手芸が得意な方が
着ないコート等、質の良い古布を探していらっしゃった事を思い出しました。
その生地で座布団カバーや小物、ぬいぐるみ等を作るということだったんです。
そんな風に利用していただくのが一番だったのかな...もう、遅いけどネ
そんなこんな...考えながら帰ってきました。

庭のサンシュの実がほんのちょっとだけついていましたよ。
PA291940
しかし...
予想はしていましたが
現実はこんなものですね。

一瞬、リサイクルショップの店員さんが悪魔に見えましたが...フフフすみません。
現実を知ることはこれから先のお片づけ、
そして自分のためにも大切なこと。

「もう、こっちに洋服送らないで」って主人にも言われてしまいました...
そりゃあそう。送るだけでも大変なんです。

まだまだまだまだある母のお洋服

認識を新たにまた考えてみます。




よろしければクリックお願いたします^^



にほんブログ村

久しぶりの秋晴れです。

PA141659

自宅も実家もお片づけしなくてはいけないものでいっぱい(笑)

母の秋晴れの日
お出か用のお洋服です。
パンツの上に羽織りもののように着ていたものだと思います。

PA041032

これも母が自分のお店で仕立てたもの。
とっても綺麗な色、柄でわたしも好きなのですが
肩パットが入っていたりして
形もサイズも大幅にリフォームしなくちゃいけないので...
このままでも活用できないかな...と思い
オーダーのものも引き取ってくれるリサイクルショップに
持って行ってみようと思っています。
まぁ、でも期待はしてません。
引き取ってもらえない可能性が高いです。

PA041037


実はこのスカーフ...
つぎはぎして何枚かの生地で作られています。

PA041039


前アップしたわたしのお見合い写真のスカートの生地
このスカートはもちろんお客様に仕立てた残りの生地で
母がわたしに仕立ててくれたものですが
そのスカートを仕立てた残りの生地で
また母が自分のロングスカーフを作ったんですね...

7cc70d0c-s

母はこの生地が大好きでしたから。

では、お母さん、お気に入りだった靴を履いて
お出かけして下さい。

PA111567

母はもちろん洋服の数ほどではありませんが
靴も大量に持っていました(笑)
靴は意外と簡単に処分できます。
まだぜんぜん履けそうな、ほんの数足だけ残しました。

PA111564

多分これらもそう遠からず処分することになると思います。

一度に処分することができないんです...
どこからか
「もったいない捨てないで」
って母の声が聞こえてくるような気がしてハハハ
これでもかなり大胆に処分しているつもりなんですけどねフフ

自宅の庭の秋明菊が満開

PA141655

基本わたしはもったいない病の母の娘なんですね。
いや、
もうそれが私、で何か?
って開き直りつつあります(笑)



よろしければクリックお願いたします^^



にほんブログ村

10月になって少しづつ
実家の二階にある、母のお洋服をメインに片づけ始めました。

PA060934

二階から秋、冬物のお洋服を持ってきて
分類するためにそこらじゅうにかけました。

IMG_20161004_144950

正直、冬物のコートやジャケットは下ろしてきてかけるだけで
大仕事なんです。
手が痛くなりました...
わたしでさえこうなのにあの足の悪かった母が
こんなことできるはずありませんね。
実感します。

とにかくすごい数あります。
なにしろ仕事が洋裁ですからね。
とりあえず、いつもそれなりにちゃんとはしていました。
仕事着なんです。実際。
人様にお洋服を仕立てていただくわけなので
自分も変な服着ているわけにはいかないんですねぇ(笑)

これ↓何かわかりますか?
フフフ...すべてスカーフです。
もちろんすべて母の物

PA071284

何枚あるか数えきれません。
息子風に言うと...「まじ、半端ねぇ数。やばくね?」

100枚はないと思いますけど...何十枚かはあります。
自分がお店を始めた20代後半の頃から辞める67、8歳くらいまで
約40年以上かな?(笑)使っていたものだと思います。
確かに母はよくスカーフをしてました。
すごくレトロな雰囲気のものもあります。
捨てられないんですね。母は(笑)


母がよく着ていたジャケットです。
もちろん自分のお店で仕立てたもの。

MYbF8KqiMKiywdt1475856380_1475856528

肩パットをはずそうとしていた跡があります。
途中でやめたみたいです。
疲れたんかな?(笑)
自分で今風にプチリフォームしようとしていたんでしょう。
これはリサイクルショップに持って行けないね。

BlogPaint
生地がとっても良いかんじ。
昔のオーダーなので生地も厳選されたものを使っていたと思います。
PA071292
母の洋服をこのままにしておいても勿体ないし
リサイクルショップに問い合わせてみたら
そのお店は、「タグのついてないものは引き取れない。」と言われました。
そうかもしれませんね。
生地の素材も、お洗濯の仕方もわかりませんから。

「一応見てみましょう。」と言ってくれたお店が一つあったので
いくつか持って行ってみようと思います。

主人が母の大量の古い服を見て
「これ、無理じゃない。今時。」
って言いました...う~ん。まあね。
そうかもね。

わたしが着れるものは着ようと思うんですがなかなか...

体格も違うし、なにしろ似合うものが違うんです。基本的に。
あと肩パットがど~んというものは流石に....フフフ

これ見よがしにサンローランのロゴのある(笑)
スカーフをかけてみましたよ。
品物は両方良いんですけどね...
両方古いんですねぇ(笑)
DSlsRtXmR2HO6v51475856580_1475856692

玄関に持ってきてみました。
母がお出かけするみたいな気がします。ウキウキ
まさかこんな風にサンローランむき出しにスカーフはしませんけどねハハハ
母に怒られそう...
PA071287
これからしばらく母の秋冬もののお洋服と
向き合うことになりそうです...

少しでも生かせれば...と思うのですが
どうなることやら...
前途多難そう。

ただこうしてブログにお洋服の写真をアップするだけでも
わたしにとっては母の思い出をアップしているのと同じなのです。

ちょっとでも楽しんでお片付けしたいです。


よろしければクリックお願いいたします^^



にほんブログ村

このページのトップヘ