Detour

しばし...昭和にとどまらせて下さい...

カテゴリ:おしゃれ > お洋服

もうお盆も過ぎました。
いくつか用事をすませることができましたが
まだまだ計り知れない量のやるべきことが残っています。

でも、それにかかりきりになると
自分の負担になってしまうので、すべてに逆効果なんです。
できるだけ楽しみを見つけつつ、こなしていきたいと思っています。
自分優先(笑)

いったんまた自宅に戻ることにしました。
今回は主人の車で来ているので交通費節約できますからね。

二階にある母の残した生地の風呂敷包み部門(笑)
あちこちにあった残り生地の風呂敷包みを
二階の特大ダンボールにわたしが集結させたものです。
P8182052
これも、ごく一部です。
多分、ややお値段のはる売れ残り(笑)の生地は
母の仕事部屋のガラスケースの中に入っていて
そうではないものや、もっともとっと古いものは
得意の風呂敷包みで適当にあちこちに置かれていたのではないのかと思うのですが...
この中からわたしの洋裁の練習用の生地をいくつか探し出して持ち帰りたいんです。

ちらりと見える昭和レトロなポップな生地たち
さぁ、長い眠りから目を覚まして
P8182042
水玉、花柄、レース...
色も柄も、残っている生地の量も様々
わたしの大好きな水玉もあります。
P8182037
ペイズリー、縞、、小花柄
P8182044
どこかで見たことのある生地...
母が仕立てている時にでも見ていたのかな?
多分年配のお客様のための柄ですね。
いや、それとも母が自分のために仕立てて着ていたのかな?
P8182045

これはわたしの服を仕立ててくれた余り切れです。
10代の終わりから20代の初めの頃のもの
まだ二つともとってありますよ。
もちろん、今は着てませんけど(笑)
いつかアップします。
P8182049
これは間違いなく母が着ていた服の余り切れです。
紫や鮮やかな青、そしてオレンジの華やかな柄
たしかワンピースだったと思います。
これを見つけたとき、しばらく時間が止まりました。
P8182048
母はわたしと違って鮮やかな柄に負けない雰囲気を持っていましたから
とてもよく似合っていました。

わたしに作ってくれるものはこんな感じの花柄でしたね。
P8182046
それにしても、
すっかり忘れていたはずの洋服を
ほんの小さな余り切れをみただけで思い出せる。
そしてその時の周りの雰囲気や、抱いていた感情まで
蘇ってくるのは不思議で、驚きでもありました。

女の人にとって着るものというのは
とても深い部分に
ずっと静かに潜んでいて、
無意識の中で
思い出を彩っているものなのでしょうか...
P9090532
まぁ、ただ、わたしが
母の仕事が洋裁店だから...だけかもしれませんね。


よろしければクリックお願いいたします^^


にほんブログ村

この前本当に暑い日がありました。
もう夏がすぐそこなんですね。
真っ赤なサルビアがあちこちで咲いています。
P7012249
お花から出ている細い先の部分を抜いて
根元を吸うと、蜜があるので甘くて美味しいんですよ。
小学校の時、学校の帰り道、ミツバチに変身して吸ってました。
ツツジも美味しかったですね(笑)
P7012261
今じゃそんなことしている小学生なんているかな?

さてあと七夕まであと三日★☆★彡
七夕推進委員のわたくし、
今日はシルエットの七夕飾りです。
ちょっと地味ですけどロマンチックさは増すような気がします。
P7012255
こんな感じが昔っぽいお飾りかな...
普通の折り紙で作ったものですね。キラキラなしです。
P7012258



実家の片づけそしていたらこんなものが出てきました。

母の昭和時代着ていたお手製のホームウェアです。
母は夏になるとこれを着ていました。
遠い記憶があります。
それにしても柄のチョイスがすごい。
あまりにも大胆なストライプですよぉ(笑)
昭和チックでもあります。

母はかなり体格の良いご婦人(笑)だったので
目の錯覚を狙ったのでしょうか?
c0352413_12033602
でも、家の中だけでなくスーパーくらいには行ってました。
母はわたしと違って派手なものがよく似合うので
おかしくはなかったと思います。...多分、ですけど...フフフ

うちだけかもしれませんが
こういう夏の楽~なホームウェアを
「あっぱっぱ」と呼んでました。
「ムームー」とは言ってませんでしたね。

もう一枚色違いであったので着てみました(笑)
楽です。ハハハ...
この色合いなら少しは目立ちませんが
でもやっぱりわたしには大胆な柄すぎますね。
c0352413_11462986
母はこの他にも更紗柄や花柄なんかも作って着ていた記憶があります。

しかし、このムームーを着てみて感じたのですが
私もずいぶんあの頃の母の体型に
近づいてきたような気がします....(-_-)


よろしければクリックお願いいたします^^


にほんブログ村

今日は4月2日

学校の学年は4月2日生まれから翌年の4月1日生まれの子までが同じになるので
今日生まれた赤ちゃんがその学年で一番のお兄さん、お姉さんになるんですね。

なんだか不自然。
入社式なんかは4月1日なのにね。


今日はわたしが尊敬する先生のお誕生日なんです。

もうずっとお会いしてないし
これから先もよっぽどのことがない限り(笑)お会いすることもないでしょうけれど

まぁ、お会いできたとしても
何ら胸をはって御報告できることもないんですけどね(笑)

でも

この場をお借りして
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・ お誕生日おめでとうございます +;+;☆;+;。・゚・。;+;
P4020778

このブログを読まれるはずもないんですけどハハハ...(笑)

基本、昭和アナログなわたしは
ブログでアップすると、電波に乗って?ん?かな?
その人に何らかの形で届くような気がする...んだけれど...
そんなわけない(笑)

今日は先生のお誕生日でもあるし
桜も咲きました。
結局桜の咲く頃の京都には、残念ながら行けませんけれど

桜色のスプリングコートは絶対着なければなりません(笑)

着ようと着まいと、わたしが処分しなければならないお品ですから。
着ない方がもったいないんです。

今時着ている人がいないデザインですが
色が薄いのでジーンズに合わせてみると、そんなに目立ちませんし、浮きません。

tlXq6C9Dj5ajjT91459591564_1459591608

コートに合わせてローズクオーツのペンダントもしてみました。
AZjHxriHQWGUdDi1459591691_1459591723

お花見もかね、このコートを着て、
戦死した祖父が祀られている神社に参拝してきました。

P4020738


今日は桜を見ながら、先生のことを思い出しました。

わたしは目立たない方でしたから
せいぜい名字を覚えてくださってるかどうかでしょうけれど...

先生がその後、ご活躍されていることは伝わっています。

P4020770

わたしは年齢のわりに幼稚だったので(笑)
きついお言葉をたびたび頂いてましたね。

一度、わたしが言った言葉に対して
「そんなくだらないことは誰もいわないでしょ。」
と怒ったように言われたことがありました。

そう言い放って、くるりと向きを変えて
廊下を去っていく後ろ姿を
今でも忘れることができません。
P4020766

今思い出しても、すごく悲しかったですけれど
その後ろ姿にはとっても威厳がありました。

こんなこと覚えているのは
間違いなく私の方だけでしょうけれど(笑)


決して優しく接してしてくれた方ではないです...
偉くなられる方独特の、ぶれない冷静さというか...冷たさといいうか...

でも、そんなことよりも何よりも

尊敬の気持ちだけは
何十年もの時間を経ても残り続ける...んですね。
はじめて知りました。
P4020767


何十年経ってもお誕生日を覚えている...
それをきっかけに過去の自分のことを顧みる

それだけでも十分
お会いできた価値があったようにも思えます。


神社でお守りを頂いてきました。

P4020813

来年の桜の時期まで大切にすることにします。



よろしければ応援クリックお願いいたします。


にほんブログ村

昭和レトロなモチーフ編...

P2140986

いつものひざかけとは違って少し地味な感じかな。
モチーフ編は昭和レトロな華やかさが好きなんです。

P1013623


ロッキングチェアーにかけてみました。
実はこれはショールなんです。
P2140981
すっきりした北欧風ですね。
おだやかな色合いがお洋服に合わせやすそうです。

キャメルのワンピースに合わせてみました。

NhdPbuRZ_eRRhwx1455123030_1455123131

今はこの上にまだコートが必要ですが
本格的に暖かくなったらこのままでお散歩行きたいです。

また寒くなりました。
雪がちらついています。

あと一週間くらいは冬のなごりがありそうですね。

そう、これこそ
なごり雪
ですよね。

大学生が卒業旅行に行く季節。
最高にロマンチックな雪に思えてきます。




よろしければ応援クリックお願いいたします。


にほんブログ村


昭和レトロなスプリングコートです。
ソメイヨシノのお花の色のようです。

BlogPaint
これは本当の昭和レトロなもので
昭和40年代に仕立てられてコートのようです。

どなたかセレブな方がお嫁に行く時に仕立てられたコートなんでしょう...ウットリ

帯地のような艶があり
多分シルクのような高級な生地だと思います。
P2241286
くるみぼたんといい
生地に織り込まれたお花の地模様といい
気高いですね。

これっは母の洋裁店で仕立てられたものではないのですが
なんと着ず終いでずっと箱に入ったままのものだったらしいんです。
誰かに着ていただきたい...とのことで譲っていただきました。

裏地の部分の処理もなんと美しい...止めの部分が風車みたいです。
P2241284

表側にポケットなんてついてませんから...
何かちょっと入れたいときのために裏側にこんな小さなポケットがついてます。

P2241282
とても長財布なんて入りませんからね(笑)
ハンカチくらいです。

う~ん
どこもかしこも綺麗で繊細で...

これはそう簡単に着ることはできないかもです(笑)
飾っておくべきものかもです(笑)

汚すといけませんからね。

でもせっかくこんなに昭和レトロに美しいんですから
一人でも多くの方に見ていただかないと...


P2241287

でも、一度くらいは着させていただいても良いでしょうか?
春に京都に行く時なんて...いいねぇ

ううん。着るんじゃなくて
この桜色のスプリングコートに
連れて行っていただきたいんです。

このコートにお願いしたい...
そんな気持ちにさせる気高いコートなんです。

必ず一度は着ます。
ううん。
着させていただきます(笑)


よろしければ応援クリックお願いいたします。


にほんブログ村

この頃デパートの洋服売り場に行くのが億劫になりました。
試着室であれこれ試着したり
売り場の人との応対が面倒で...

通信販売を利用することも多いです。

昔、皆がこんな風だったら母の小さな洋裁店はつぶれちゃてましたよ~(笑)
母はお客様との対応に一番心を砕いてましたから

気がつくと昭和レトロな生活からとは離れていってしまってる部分も多いですね。


今、わたしはお洋服は欲しいと思うものは、そんなには見つからないし
お値段との相談&サイズも難しいです...寂しいですかね(笑)


千鳥格子のようなオーソドックスな柄が好きです。
細かめの小さな千鳥格子。
簡単なチュニックを通販で買いました。
P2100583

どことなくレトロ感のある洋服ばかりに目が行きます。
母のトルソーに着せてみました。
BlogPaint
平凡ですね(笑)

こんな靴を見つけまた。
毛がモサモサしてる、昔こんな形の靴がありました。
P2100561
鋲で止められているのが昭和のヒッピーファションぽくないですか?
P2100562

着てみました。
NkuSSZ2SckvtNhK1455084405_1455084485
春先はこんな感じで着ようかな。

今はまだ寒いので中に黒のハイネックのインナーを合わせて...
白の方が季節感に合ったかも...
_k2L_1bHBnkviN11455120421_1455120500
この方がレトロ感アップ?


母がしまい込んであったレトロなお洋服etc.を上手く活用することができないかな?
それがわたしのファッションの目標かも
好きだし、もったいないし...ね

トレンドからは全く離れてしまうかもしれませんが
もう、そんなこと全然気にならなくなりました(笑)

良いんだか?悪いんだか?



よろしければ応援クリックお願いいたします。
↓ ↓ ↓


にほんブログ村

大学時代、クラブのお友達4人でオーダーしました。
スタジャンです。

c0352413_22433851
もう全然連絡を取っていません。
みんなどうしているかな...


懐かしいですね。
大学の近くのお店で作りました。

ワッペンや刺繍を選んで...。

c0352413_01063087


Passionって何でしたっけ?
情熱? わたし自身全く熱心な部員ではなかったです。
テニスするのが素敵なキャンパスライフ...ってそんなのりでした(笑)
c0352413_22495367

こんな感じで着てたかな?
当然わたしではありません。(画像お借りしました。)
stajam02
大学時代、もっと勉強すべきでした。
反省
でも人生の中で華やいでいた時期であることは間違いありません。

あの頃のファッションは今でも好きです。
ハマトラ、ニュートラ、全盛期

トラッドはいつ見てもきちんと新鮮に見えます。

img_0
50代のファションにも取り入れられる要素はいっぱいあると思います。
懐かしむだけじゃなくて取り入れてみようかな。

着方によってはおばあちゃんになっても可愛く着れそうですよ。
それがオーソドックスの良いところですよね。



よろしければ応援クリックお願いいたします。
      ↓  ↓   ↓

にほんブログ村

ガウンというアイテムも今はほとんど登場しませんよね。
母がタンスにわたしのガウンをしまってありました。

確か、わたしが大学に入学して下宿することになった時
持たせてくれたガウンです。
c0352413_22540273

うちは洋裁店だったのでハンドメイドです。
どっしりしたウールで裏までついています。
だから着ると重い重い。

柄が昭和レトロです。

c0352413_22540535
可愛いような、そうでもないような...昭和レトロなポップなお花柄🌺


一年生の時の下宿は学校のすぐ近くで
同じ学校の女の子達が入っているところでした。

せっかく母が持たせてくれたのだから
着なくちゃ...という使命感から
(必要性は全く感じていなかった。)
お風呂上りにこのガウンを着てくつろいでいたら
お部屋に遊びに来たお友達に
「どうしたの?それ?」
ってすごく驚かれたんです(笑)

次の日お友達の間で話題になりました(笑)
「ゆりえがガウン着てたよ~。なんでだろ~。」

確かに家でもガウンなんて着たことなくて
ざっくり大きなカーディガンなんか羽織っていただけなのにね。

なぜ、母が必要と思ってわざわざ作ってまで持たせてくれたのか
本当に謎ですね.

それ以来
着た記憶がありません。

せっかく作ってくれたのに。
大きなものだから作るの大変だったと思います。


でももう着ることはありません。
とにかく重くて、扱いが大変なんです。
お手入れもね。

よろしければ応援クリックお願いいたします。
↓ ↓ ↓


にほんブログ村

実家の2階の風呂敷包みから
こんなワンピースが出てきました。

オフホワイト地に水玉が刺繍されている生地のワンピース。
主人の両親との顔合わせとか仮結納とか...
そんなおめでたい席でわたしが着たワンピースです。
約30年くらい前のお話しです。

母、もしくは母のお店のお針子さんのハンドメイドです。

c0352413_14220147


トルソーに着せてみました。
オーソドックスな形なので、今見てもそんなには違和感ないデザインです。

c0352413_14232645


しかしウエスト細かったんですね(笑)

お袖についてるフリルがない方がスッキリした感じですね。
お目出度い席ってことで華やかに...かな?

あの頃わたしは何を考えていたんでしょうか?

今よりずっと純粋だったことは確かです。
このワンピースのように(笑)

このワンピースを着ていた頃に戻りたいですね。
まだ人生良いことが一杯待っているような気がしてました(笑)

こんなバッグもありました。

プラスチックみたいな固いバッグです。
昔流行りましたよね。

c0352413_20231185

このワンピースにはこんなバッグを合わせたと思います。

あと、姓名判断の人に
わたしと主人との相性を見ていただいたお手紙とかもでてきました。
母がこんなことしてたなんて知らなかったわ。

「相性はまあまあ良い程度です」
って書かれてました。
主人との結婚はお見合いで
母が乗り気ですごく勧めていたくせに
内心心配してたんですね(笑)

まぁまぁ良い程度でなんとか約30年持ってます。



にほんブログ村

古いエプロンが出てきました。
よくこんなものが残っていましたね。
新婚時代かけていたものです。確かピンク色も色違いで持っていたかもしれません。

c0352413_22123860

芦田淳さんのものです。上品な雰囲気。

c0352413_22115973

昭和の若奥さんですね。うん。
c0352413_22120261

懐かしいです。
結婚するまでお料理をほとんどしたことがなかったので
「きょうの料理」を見たりして毎日やっと作ってました。

身に着けてみました。ちょと恥ずかし^^;

a35qf1_pA9KZoFJ1451756223_1451756272

初心を忘れないようにしよう(笑)
この白いエプロンのように

あのころは全てに一生懸命でしたね(爆)


にほんブログ村

このページのトップヘ