Detour

しばし...昭和にとどまらせて下さい...

カテゴリ: 母の介護時代


この頃は
秋晴れに恵まれ
しかも温か^^


菊のお花をあちこちで
見かけます。
OI005200


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

母の急性期病院でのお写真が
何枚か見つかりました。

この頃は
全く余裕がなく
ほとんどお写真ありません。



やっと意識を取り戻し
色んなことを思いだし始め
病院の中をお散歩している頃。

b0333361_18213224

母は頭の手術のため
ツルツル坊主頭にしました。

もう、だいぶ髪が伸びてきていますね。

顔が丸く
ベティちゃんみたいな
ファニーフェイスだった母は

昭和の男子中学生みたいな坊主頭も
そうおかしくなく

看護師さんたちからは
「今まで見た中で
一番坊主頭が似合うおばあちゃんだね。」
って言われてましたよ(^^)


初めて坊主頭の母を見た時は
やはりショックでしたけれど

命の瀬戸際だったので
それどころじゃありませんでした。



病院の中にあった
母が好きだった駅の絵

b0333361_18044403

昭和の時代の駅の絵です。



思い返せば
意識が戻ってからが
本当の大変さの始まりだったかな


b0333361_18264686

車椅子の母の後ろ姿

写真を見ていたら
車椅子のグリップを握る
手の感覚を
思い出しましたよ。


OI005198


この頃はまだ
「もしかしたら
また、手すりに掴まりながらでも
母は歩けるようになるのではないか...」

淡い希望を抱いていたのですが
結局
亡くなるまでずっと
車椅子でした。



クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ

今日は暖かです。
庭の小菊が咲いています。
OI005109


この写真を撮った日も
こんな陽気の日だったと思います。

母がくも膜下出血で倒れ、
緊急入院し
二度の手術を終え
初めて外に出ることが許可された日の写真です。

キンモクセイの香りの記憶があるので
11月ではなく10月くらいかな。


記憶に鮮明に残る一枚。
Point Blur_20201107_221211

まだ、車椅子が頭を支えるタイプのものですが
意識も戻り、お話もできるようになり
安堵した時期のものです。


今思えばまだこれからが
介護の始まりだったのですが...

この日三か月ぶりくらいに外に出られた母。


お出かけが大好きだった母を
外に連れ出せたのが
無条件に嬉しかった^^

この時母はちょっと眠そうでした。


救急搬送された急性期病棟での三か月
毎日がわたしにとっては
「戦い」みだいだったな。


赤茶色の小菊
OI005108

昔は好きじゃなかった。
今は渋めの可愛さが素敵だと感じます。


.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆

「母の介護」というカテゴリーを作りました。
その時、その時、見つかったお写真をアップして
ブログに残しておこうと思います。

なるべく季節は合わせたいな。
その方が記憶が良く蘇るので...


う~ん
それにしても
全部書き終わるのに何年かかるかしらね...(笑)



クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ

このページのトップヘ