Detour

しばし...昭和にとどまらせて下さい...

カテゴリ: 母の介護時代






↑この記事の続きです。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


面会に行く度に

母が倒れた時
持っていたショルダーバッグや
棚の中にあった
アクセサリーを包んだハンカチなどなど

色々と持っていきました。


このバッグは
未だに処分できません。

b0333361_19323729


まだらになってしまっている記憶と
認知能力を
戻すきっかけにならないかな~と思い


母は良く覚えていて
「あ~。」
と笑顔で声をあげていました。



手先は少し動くので

バッグに入っていたポーチのチャックを
スーっと開けたり

ハンカチの結び目をほどいたり
何気なくできました。

いつもの、普段の
仕草、感覚、
それはしっかり残っていて


まだまだ潜在能力は
あるのです。

OI009916


でも
途中で無口になって
手を止めてしまったり...

感情の起伏は激しくなっていました。



リハビリ室に行って
初めは調子が良くても
だんだん無口になり
自分の殻に閉じこもってしまったり...


突然不自由になってしまった
自分の体に対する
絶望感があるのでしょう。

当然だと思います。

自分だったら
どうなってしまったか...

母のようでいられたかどうかさえ
自信ありません。



しかしながらリハビリは
本人がやるしかないのです。


せめて寝返りだけは
できるようになって欲しい。

OI009913


夕方寒くなって
カーディガンを着た私に
母が
「ゆりえ、もういい。帰りなさい。
風邪引くから。」

心配そうに言った顔は
昔のままの私を心配する顔でした。


悲しかったです。


前のしっかり者の母は、
子供のようになってしまった母の中にも
確かに存在している。


やはり良くなること
(少しでも生きやすくなること)
を信じて
付き添ってあげようと思う。





クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ





↑この記事の続きです。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;



久しぶりに母の介護時代のことを書きます。

自分の体調が悪いと
何となく介護時代の母を
思い出すのが
重いのです。

重いのですが
逆に頻繁に思い出すのです。


それは自分が年を取ってゆくことを
体で実感して
あの頃の母に
近づいていく気がするからかもしれません。



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;





母がリハビリを拒否しないかいつも
心配でした。



病室を明るくするために
お人形を飾りました。
母は意外にも(笑)
可愛いものが大好きなのです。

b0333361_20071831 (1)


それにしても母は
さみしがり屋の駄々っ子みたいに
なってしまいました。


わたしがいないと
リハビリの背中を押す人が
いないのです。


リハビリは午前、午後、二回あるのですが
なるべく午後に付き合うようにしました。


午後はやる気が
出ないことが多いのです。


二回とも付き合うのは
わたしもさすがに疲れてしまうので
ほんのたまにです。


Point Blur_20210407_104726


母は起きている時は
しっかりとしているのですが

頭の手術をしているせいか
眠り始めると
昼でもずっと寝ているし
お風呂や栄養補給の時間もあるので
リハビリを良い状態で
できる時間帯は限られています。


調子良く頑張れて
手を借りながらも立ち上がろうと
する時もあれば


一切リハビリできなくて
何のために今日、母の所に来たのか?
と思うことも度々ありました。

b0333361_20062829



母のリハビリ担当の若者二人は
母がやる気が出ない時も
頑張って声がけしてくれて
ありがたく感じていたのですが...

初めのうちだけでした...( ´_ゝ`)ね...


b0333361_20064331

介護時代のことは
写真以外
簡単なメモしか残していませんが
読み返してみても

リハビリ病棟の師長さんは
えっ?と思うことが多かったです。

まずこちらの病院の言った通りの日程で
急性期病院から転院してきたにもかかわらず
病棟が空いていなったことに対して
一言もない(-_-;)


そして
入院当初から
母の病状はリハビリしても良くならない...
諦めろ...的なことばかり言うのです。


不思議、
母のリハビリ期間は
最長6か月あります。
まだ転院してきたばかり。


母が完全に元に戻るなんて
誰が見たって思わないでしょう?

リハビリは
魔法じゃないんですから。


母は最重症のくも膜下出血で
命を取り留めただけで奇跡的。

でもできるだけ努力して、
少しでもできることを増やしたい
と思ってるし
ここの病院は
そういう趣旨の病院のはず。


腑に落ちないことだらけでした。





クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ






↑この記事の続きです


゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆



母のリハビリ病棟での生活が始まりました。


本格的なリハビリが始まると
母は自分の病状の重さを

ますます実感することになりました。


母は負けず嫌いで頑張り屋。
けれど
孫くらいの若い療法士さんたちに
指導されることが
プライドの高い母は
苦痛そうでもありました。


その頃のわたしのメモに
「今日は瞬間的にだけれど
手を借りながらも、すくっと立てた!!」
と書いてある日もありました。

リハビリを頑張れる日もあるのです。


寝返りは母にとって
簡単ではなく
なかなかできませんでした。



リハビリ病棟で雛祭りの頃の母
坊主頭だったのが随分髪が伸びました。
IMG_20210302_010720_506
リハビリ病棟での生活も4ヶ月目
途方にくれていた(笑)時期です。




わたしは単身赴任の専業介護人。
自宅の家族は放りっぱなしなわけで...
負い目を感じます。


そこまでしてここにいるのだから
介護人として
やれることはやらねばならない...。

その
自分自身の意識が重かったです。


OI006741



母の要望もあって
午後のリハビリは毎日付き合うことにし
バスの定期も買いました。


そしてその他の時間は
実家を片付けまくっていました。
先は全く見えませんでしたが
必ず一度は
母が自宅に戻って来ると
信じていましたから。


しかしながら
月に一度くらいは
自分の家族の様子を見に戻りました。


OI007297

入院当初から看護師長さんに
介護認定を受けるように言われていたので

頼んであった(自分で電話する)
 要介護認定の認定調査の方が
母のベッドにみえる日になりました。



家族の立ち合いが必要なので
時間を合わせました。
50台後半?くらいの
穏やかな女性の方でした。



その日
認定調査の方が帰られたら
わたしもその足で駅に向かい
自分の自宅に戻ることにしていたので
荷物のカートを引いて立ち合いました。



認定調査の方は担当の看護師さん等に
様子を聞いたり
母に質問したりして状態を判断します。



母は自分の生年月日や住所などの質問には
きちんと答えられましたが
やはり認知能力が低い分野もありました。


食事も自分の口からはほんの少ししか取れず
寝返りもできず
生活の全てに介助が必要。



調査が終わり
わたしがこれから関東地方の自宅まで
電車で6時間以上かけて帰ることを知ると


調査の方がしみじみ
「あなた、大変ね。
これからですよ。これからが大変なんですよ。」
とおっしゃるので

「これから、ですか?」
聞き返すと

「そう、これからが本当の大変さなんですよ。」


心配そうに言って下さったのが
印象に残りました。



しばらくしてから郵便で
母は
「要介護5」
という判断が届きました。




クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ





↑この記事の続きです


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆




病院から家に戻ってきても
また母が意味不明なことを言い始め
騒いだらどうしよう...と思ったら
その日はほとんど眠れませんでした。
あんな母を見たのは初めてでしたし...




玄関前のサンシュのお花が咲き始めました。
OI006744



その晩、病院から連絡はありませんでしたが
朝、様子を見に行きました。



その日の午前中からリハビリが始まるので
母の様子が気になりました。


病院に出向き
看護師さんにお尋ねすると
その後、せん妄は起きなかったようでした。


そして
母はそう変わった風でもなく
リハビリ室では笑顔を見せてはいました。


でも、娘のわたしから見たら
明らかなお愛想笑いだとわかるのです。


OI006748


そう
母はある部分は
全く前のままの母。


母はまだ自分の体が
完全に自由を奪われているということを
受け入れることはできてはいないのです。


当然だと思う。


長い意識不明の状態から目覚めて、
徐々に色んなことがわかってきて
自分の持ってる自分のイメージとは
全く違った自分になってしまっているのだから。


自分でトイレに行くなんてもちろん
寝返りすらできない。


多少、認知能力が落ちている事が
むしろ救い。


とにかく母は昔から
人に頼ることが何より嫌いな人なのです。


OI006745


リハビリ室で
黒坊くん(母の担当の年長者の方)が
母のリハビリを担当してくれて
声をかけて一生懸命やってくれました。


「家族の方がリハビリに付き合ってくださるのは大歓迎」
とのことだったので
一緒にいて寝返りの練習や
背もたれなしに座る練習に付き合いました。


母は療法士さんたちの前では
「よろしく。」とか「どーもありがとう。」
と笑っていましたが

ベッドに戻りわたしと二人になると
本当に疲れた表情になりました。

何だかその様子に危機を感じ...

「明日も来るから、一緒にリハビリに行こう。」
とわたしが言うと
力なく頷いてくれましたが


何だか一人にはしておけず
母が眠るまでそこにいました。
情緒不安定になって
またせん妄を起こしたりしたら
大変ですし。




クリスマスローズ
今年もたくさんお花をつけてくれるかな...
OI006746



その日は初日。


まずは
一日のリハビリのルーティーンに
慣れてくれれば
きっと何とか上手くいく


そう信じて頑張るしかありません。



クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ





↑この記事の続きです。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜




母がリハビリ病棟に移り
その日するべきことが終わったら
もう夕方になっていました。



ベッドに戻った母も
新しい環境で一日忙しく過ごしたせいか
ウトウトし始めたので
わたしも実家にもどることにしました。



午前中早くから来ていたので
さすがにわたしも疲れました。




リハビリ病院まではバスを乗り継いで一時間はかかります。
やっと家にたどり着いた頃
突然わたしの携帯電話が鳴りました。
病院からでした。



OI006740



びっくりして出ると
その日の病棟の担当の看護師さんからで

「お母さんが不穏な様子なので来てください。」
とのことでした。


タクシーを呼んで
すぐにかけつけました。


母のベッドまで行ってみると
母の目つきは険しく、興奮したようで顔は赤く
わたしの顔を見るとすぐに眉をひそめて
「事件だよ。...男の人が来た。あの扉の所...警察を呼ばなくては...」
と言い始めました。


「どうしたの?どうしたの?」
と聞きながら
こんな異様な母をみたのは
初めてだったので
わたしは本当に驚きました。



その日の夜の担当の看護師さんが見えて
「興奮がひどくて、娘を呼んでくれ、警察を呼んでくれ。
というので申し訳ないけれど来ていただくよう連絡しました。」
と言って困った顔をされていました。



OI006739



今までも急性期病棟で看護師さんに
妙なことを言い(笑)
報告を受けたことはありましたが
多分こんな状態では
なかったのだと思います。



わたしはお詫びして
落ち着くまでずっと母の傍で座って
話をし続けました。


どのくらいの時間だったかな...
忘れてしまったけれど
実家に戻ったのは
完全に夜でした。


OI006741




「せん妄」と呼ばれるものだと思います。

後で入院している高齢者に起こりやすい現象で
部屋を移動したり、ベッドの向きが変わったり
そんな些細なことだけでも原因となり
夜起こしやすい症状だと知りました。


OI006742


意識不明の時は
目が覚めたらそれで良いと思っていたのですが



母の内面性が変わってしまったのだと感じ
ショックが大きく哀しかったです。


くも膜下出血で倒れるまで
母はしっかりしすぎるほどしっかりした
おばあさんでした。



これ以来、母が別人のようになってしまう瞬間を
度々、垣間見ることになります。





朝起きたらユリがまた二つ花開いていました。

OI006738

もっとゆっくり花開いてくれれば良いのに...





クリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ





↑間があいてしまいましたが
この記事の続きです。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



リハビリ病院入院当日
ベッドの空きがなく 
療養型病棟に入ることになってしまったのですが
次の日の午前中リハビリ病棟に
移れることになりました。



久しぶりに産直所でユリを買いました。
OI006734
二月は父と母の誕生月です。





次の日、朝早く
母のベッドに行ってみると
もう病棟を移る準備ができていて
母の担当の
療法士さん二人が
迎えに来てくれました。


一人は30歳を少し過ぎたくらい
もう一人は25歳くらい
若い独身男性たち。
二人とも立派な体格で
力持ちそうです。


30過ぎの方は
屋外でスポーツでもされているのか
日焼けして色が真っ黒。

もう一方の若い方は
色が雪のように白く

オセロのような黒白コンビ
対象的で
笑ってしまいました。
(心の中でね。)

それ以来、わたしは
二人を
「黒坊」と「白坊」
と呼んでいましたの。
(心の中でね)


OI006735


リハビリ病棟は綺麗で明るく
気持ちが晴れました。
下見に来て決めた時
それが大きな理由の一つでした。
 


移動当日は
これからのリハビリ計画の説明があり
午前、午後と
リハビリ室でのリハビリがあり
(担当、二人が交互に担当)
時間になると
ベッドまで迎えに来ていただけます。


一日一回は
摂食嚥下訓練・言語訓練
もあるということ。


時々は皆で集まって
レクリエーションのようなものもある。


話を聞いて
これだけしていただければ
少しずつ良くなる気がしました^^


そして師長さんからは
早めに介護認定を受けるように
連絡を取ってください
とのことでした。

その他事務手続きもろもろ...

OI006736



母は急に新しい環境になり
戸惑っている様子でした。


でも、皆さんに頭を下げて
笑顔をみせていました。

ずっと仕事をしてきた人なので
その様子は
お客様にご挨拶している様子に似ていて

リハビリ室にはたくさんの患者さん、
療法士さんたちもいて賑やかです。

刺激のある環境で
認知機能も
しっかりしてくれるといいな...
と願いました。


OI006737


急性期病棟から
たった一日だけ療養型に入院
そして次の日の午前中にリハビリ病棟へ



その環境の大きな変化が
大病した母には負担だったかもしれません。






クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ




↑この記事の続きです。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



看護師さんを全く見かけないまま
呆然と母の横に座り続けて

どのくらい時間が経ったかな...

突如、
リハビリ病棟の師長さんらしき人が現れ
もにょもにょ理由を話し始めました。
(後でわかったことだけれど
リハビリ病棟の師長さんではなかった。
結局誰だったかは全く不明)



何だか...
急なことがあってお部屋の調整が
うまくいかなかったとか何とか...

一瞬、心によぎる
「本当〜...( 一一)?」



そして、明日の午前中には
リハビリ病棟の方へ変われる
とのことで
安心したけれど...

OI005982

だったら
今日、午後からの転院だったのだから
午前中に急性期病院の方に
「明日の転院にしてください。」

連絡してくれたら...?


急性期病院の方は
まだ滞在日数に余裕があったのだから
明日の午前中の転院でも
全く問題ないはず....


それって難しいことなのかしら?
病院間
ソーシャルワーカーさん同士?かな?
そう密に連絡取り合ってる
ものでもないのかも?

忙しいですしね。


それにしても
倒れて以来、初めての移動だったので
母にはけっこうな負担でした。


いずれにしても
病院の事情ちゅうもんは
わたしにはわからんの
┐(-。ー;)┌ゼ〜ンゼン


OI005964


わたしが取急ぎ
オムツの交換をお願いし
お薬、栄養のことなど
お聞きしたら

お詫びしてくださり
すぐ対処して下さいました。

良かった(*^^*)



もう夕方になっていたので
わたしは実家に戻ることにし


明日、病棟を変わる午前中に
再び来ることにました。

OI005779



前の病院は実家からアクセスが
とても良かったのですが
今度の病院はバスを乗り継いで
一時間くらいはかかります。


帰り道とても遠く長く感じました。



病院という所は
アクシデントの連続なんですよね。
患者さんは人間
しかも弱っている方ばかり。



予定通りにいかないのは
当然なのでしょう。


けれど...

初日から
疲れ果ててしまった
リハビリ病院生活の
はじまりでした。



クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ




↑この記事の続きです


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜




リハビリ病院に着き
母を車いすで押しながら
入院の手続きをするために
受付に向かいました。



まずは外来で担当医の
診療と検査がありました。

終わると
リハビリ病棟ではない
古~い病棟に案内され

「リハビリ病棟に空きがないので
今日はここにいてください。」

突然言われました。



今年初めて関東地方にも雪...
OI006144


なんと
リハビリ病棟に空きがない
と言うのです。

...???  えっ?
入院の日取りも時間も
このリハビリ病院が指定してきたものです。
全てそれに合わせて
行動してきました。



そして
看護師さん二人で
ベッドの上に母を移動させたら
後は完全に放置状態になりました。


だ~れも出てきてくれません。


そこは四人部屋で
動くどころか言葉を発することができる患者さんは誰もいなく...
シ~ンと静まり返っていました。

療養型病棟という所だったと思います。


OI006146

わたしは母のベッドの横に座り
荷物を床に置いて
ボーゼンとしていました。


母が不安そうな顔をするので
事情を話して笑おうとしましたが
笑えませんでした。
ダメなわたし...orz


OI006147

おむつも前の病院の看護師さんに替えていただいてから
もう何時間も経ってる。

触ってみるともう限界。

ベッドを汚すといけないから
わたしが変えようか?


上手くできるかな...
でも
今日のお薬や栄養はどうなるんだ?

本当に今日だけなのか??
いつリハビリ病棟に移れるの?


頭がモヤモヤモヤ~~~(@_@。
不安、不安、不安


かなり長い時間そのままの状態でした。
どのくらい時間が経ったかしら...

母は疲れからかウトウトし始め
わたしは担当の方と
きちんとお話するまで帰れないと思い
気をはっていましたが
だんだん疲れ果ててきました。

OI006145


そう。
今、思えば
まずは
ナースコールを押してみれば
良かったのかもしれない(笑)



こういう場合は、待ってるのではなく
こちらからアプローチしていかなくてはいけなかったのですよ。


病院の方は病院の都合に合わせるのは
当然のことなのかもしれなし
母は多くの患者さんの中の一人。
忘れられていそうなら
こちらから動いて問いかけていかなきゃです
...(-_-メ)ファイト



しかしながら

予想外の展開に
わたしは混乱し
失望し始めていました。





クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ


今日はもう二十三日
二月まであと一週間ほどとなりました。

お正月気分も完全に抜けた頃でしょうか...


実家のある町は今年は雪深く....
ライブカメラでチェックすると...

_20210123_145343

う~ん、雨になっているのでしょう。
雪は溶けきてるみたい。


わたしの幼いころ
一月、二月はた〜んまり雪が降っていたので
そうビックリはしませんが
実家の前は雪がうず高く積まれているのでは??と思います。
空き家になっている実家は
誰も雪かきに参加できず
ご迷惑をかけているのだから
かまいません。


雪国では雪かきした雪を
どこに置いておくか...
大問題なのですよ。



お正月飾りの繭玉を見かけたので
思わずお写真撮りました。

IMG_20210123_143710_378


わたしはお正月飾りの中で
繭玉が一番好き

OI005971

可愛くて華やかで(#^^#)


それにしても
実家のある町の
春はまだ遠いね。

帰りたいです。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

新年、
小正月も二十日正月も過ぎましたので
ボチボチと母の介護記録の続きも
思いつくまま
書き始めたいと思います。


急性期病院のことを書く時は
思い立ってすぐに書き始められたのですが


リハビリ病院のことは
書き始めるのがなぜか億劫。

多分、
リハビリ病院ではあまり良い記憶がないからで...


急性期病院の記憶は
母が倒れ、手術をしたという
どう頑張っても避けることはできない
ウルトラショッキングな出来事から
始まったわけなのですが

意識不明の状態から目を覚ましてくれたという事実


最悪の時期を切り抜け
退院した時の方が
状態が良くなっていたわけですし


スタッフの方々への
感謝の気持ちが込み上げてきて
一気に書き上げる意欲が湧いてきたのですが



半年間入院したリハビリ病院に関しては
わたしの期待が大きすぎたのか
がっかりしたことばかりが思い出され


結論から言うと
入院前より退院する時の方が
良くない状態だった...
という事実がありました。


でも
思い出したくはないものの(笑)
なかったことにはしたくなく
自分の中の記録としてブログに残しておきたい
気持ちはあって
その頃のお写真を探しながら
ぼ~ちぼち
書いてゆきたいと思います。




クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ




↑この記事の続きです。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


転院先が決まった頃
お世話になった担当医から
お話がありました。

「リハビリをしても色んな機能が回復することは難しいかもしれない。」
とのことでした。

高齢だし、重症だし、意識不明だったし...
頭の片隅ではわかっていたことなのですが
これから本格的にリハビリが始まると
希望を持っていたところだったので
ちょっと気持ちが折れました。


うちは祖母が98歳まで生き
晩年、20年以上臥せっていて
最後の10年くらいは完全な寝たきりでした。

その時、褥瘡に悩まされていた姿が
頭に焼き付いていたので
何とか少しでも動けるようになって欲しかったのです。


たくさんの患者さんを見てきている先生や看護師さんたちは
予後の察しがついてしまうのでしょうね。


しかしながら
知らないということは素晴らしい(笑)
わたしはまだ希望を持っていました。


b0333361_17295164


大部屋に入院中
母のお向かいのベッドのおばあちゃんが
末期がんのために亡くなりました。

看護師さんに
髪の毛を三つ編みにしてもらったりしている
可愛い(*^^*)おばあちゃんでした。

80歳を過ぎたご主人がまだ現役で働いていて
娘さんがすぐ近くに住んでいて
もうすぐひ孫さんが生まれるという...

わたしの目から見たら
理想的環境で老後を送っているかのように見えた
おばあちゃんでした。


おうちも近くなので
時折、ご主人様が顔を見せ
お仕事をしていると思える娘さんも
ポチポチ面会に見えていたのですが...


わたしが行くと

いつもいつも話しかけてきて
「寂しい、寂しい、」
と言うのです。


寂しさというのは
その人にしか
わからないものなのですね。


一人ぼっちになった時
そして動けなくなった時
そして最後を悟った時
自分を支えてくれるのは何なのかな?

あの時のおばあちゃんを思い出し
今でも時折考えます。



答えは出ませんが...

私の場合、
まだ見ぬ天国を思ってウキウキする自信はないから(笑)

やはりこの世での
「思い出」
かもしれません。




退院の日を迎えました。
良いお天気でした。
b0333361_17361299


病棟の看護師さんたちが
笑顔でエレベーターの前まで送って下さいました(ノ´∀`*)

皆様、本当にお世話になりました。
ありがとうございました。



☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

無事年内に
わたしも急性期病院を退院できました(笑)
ブログに書いたことで
私の心の中での置き場所が決まった気がします。


重たい話にお付き合いいただきまして
すみませんでした。


リハビリ病院、施設での介護時代は
長かったので、一気に書けない...(+_+)
来年からぼ~ちぼちと
思い出すまま
書き残しておこうと思います。





クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラ還主婦へ

このページのトップヘ