Detour

しばし...昭和にとどまらせて下さい...

カテゴリ: あの頃

なかなかラインを出しても既読がつかず
メールを出しても戻ってきてしまう...
そんな寮の時のお友達に
とうとうはがきを出したました。

お友達にはがきを書くなんて本当に久しぶり
_20180109_140321

住所だけはずっと変わってないって聞いていたので
昔々の覚書で見つけて出しました。

メルアドや携帯の電話番号って
けっこう変わるんですね。

このはがきという昭和な手法に辿り着きました^^
切手はかなり進化して可愛いシールになってますけどね。


はぁ~お散歩していても寒い。
冬の今頃のお花ってこんな感じしかないね~

_20180110_185113

で、待つこと2、3日....
彼女からラインが届きました~♪
めでたく個人ライン開通。
(*^^)v

ラインで長くお話ししました。
彼女は子供さんの受験で大変そう。
まだ、しばらくは会えないかもしれないけれど
でも
個人的に連絡がついて嬉しかったです。
いつか、会えるに一歩前進。


そしてこれは何でしょうか~???
ワサビ漬け?かと思いますでしょ?(*^^*)お酒ノミタクナルザマショ?

P1280336

名前も渋く「墨丸」
実は
黒糖を使ったお菓子です。

P1280340


なんだか山本周五郎の本の一節が...由緒正しきお菓子なのかしら?

P1280345
湯島天神さまのお膝元「つる瀬」さんのお菓子で
時々売り切れになってるようです。

こんな感じで黒くて丸くて名前の通りかわいいでしょ?
小坊主さんたちって感じ~(*^▽^*)

P1280343

こんな風に真ん中についている和三盆をかけて
いただきます。

P1280347

プルプル腰があって
黒糖のお味と上品な和三盆が相まって
とってもおいしかったです。

このお菓子を見て湯島天神さまを思いだしました。

今年も鷽替えの神事に行けるかな???
正式には去年の鷽と新しいものと交換するのです。
去年いただいてきた鷽くんたちがあるので
行けたら行きたい....

よろしければクリックお願いいたしまぁ~す^^


昨日の夜は肌寒くて暖房を入れてしまいました。
また温かくなるようですが...

この前の秋晴れの日
雑草ボーボーなのをを見たくなくて(笑)庭に出ていなかったのですが
久しぶりに仕方なく様子を見に...

ホトトギスが咲き始めました。

P8253074
ほっといても元気に毎年咲いてくれるのを見ると嬉しくなる♪

P8253082


ツワブキはまだ固い蕾
寒くなってお花が全て無くなってしまった頃
黄色い元気なお花を咲かせてくれます。

P8253087


紫式部が小さな紫の実をどっさりつけています。
秋だな~

P8253084


天上の青はまだ元気。
今年も種を取ることにしました。

P8253072


生家の傍らに咲いていた野菊を挿し芽したものが
グングン伸びて蕾をつけています。
父と母の結婚記念日に蕾ですが飾ってあげられそうです。

P8253077


十五夜は過ぎてしまいましたが
お月さまの綺麗な季節になりました。

今年の十五夜は満月じゃなかったんですね。
満月は10月6日だったみたいです。
近所のスーパーでお団子を買って飾りました。
...ってすぐに食べたんですけどね(笑)

P8253099


昭和レトロなお皿に飾ってみました。


P8253098


いただいたお茶と一緒に...

P8253102

町の建物に囲まれた空にポッカリ浮かぶお月さまみたい。

お昼過ぎに入院したお友達から
「手術が無事終わった。」
ってラインが届きました(*^-^*)
とりあえず一安心。

何かに反射してガーデンフィギュアの上に虹が出てる^^

P8253093
まだしばらく入院生活は続きますが
絶対大丈夫。

 よろしければクリックお願いいたしまぁ~す^^


桜新町に行って来ました。
桜新町は学生時代、よく使った駅。
思い出深い駅でもあり
一度、長谷川町子美術館に行ってみたいと思っていたので...

地下鉄の駅を降りて階段を登ると
さっそく磯野一家のブロンズ像がお出迎え^^
P8203001
とっても可愛く立体化されてます。
P8203002
駅前なので人通りも多くて
自転車なんかも置いてあって
町の風景に溶け込んでいます...
P8203012
確かにサザエさん一家が住んでいそうな町。
明るくて、上品なんだけど、人情もあって

あちこちにサザエさん一家のパネルが置かれています。
それがとっても楽しいし、雰囲気に合ってます。
金物屋さん
BlogPaint
花沢さ~ん^^
信頼できる不動産屋さんにしか見えませんワ(笑)
P8202988

思わず住みたくなってお家賃チェック👀

IMG_20171003_083951_623
近くに学校もある駅なのでワンルームもけっこうあります。
次男くんの所に比べたらお高め~(笑)
一戸建てなんて凄いお家賃です。サザエさんのご近所さんになるのは、無理みたい(笑)

この通りをまっすぐにいきます。
サザエさん通り
って名前になってるし~
30年前と雰囲気は変わっていません。
IMG_20171003_083712_511
でも、覚えているお店はほとんどなくなっています。寂しい。

お化粧品屋さんにはワカメちゃん💞
P8202986
パン屋さんにもフフフ
P8202989

タラちゃんも大活躍
DSC_4205

ハイミセスの方の洋品店には
ショールを巻いた舟さん
_20171003_083413
背中丸くても立ち姿きれいな美人服専門店
って書いてありました( ´∀`)

ひときはたくさんのサザエさんグッズがならんでいるお店発見👀
P8202945
タマ寝てるし(-.-)Zzz・・・・
IMG_20171003_164326_831
ここは古いクリーニング屋さんでした。
きっとこのお店はわたしの学生の頃からあったわね。

P8202946

自転車の後ろに子供さんをのせてる人が多かったり
挨拶交わしたり、立ち話をしていたり
さりげなく生活感も感じらる
親しみやすい素敵な町

長谷川町子美術館はもうすぐそこです^^♪

よろしければクリックお願いいたしまぁ~す^^



  岩波ホールへ映画を見に行きました。

P7302652

「エミリー・ディキンスン」
大学生の時、好きだったアメリカの詩人です。
「岩波ホール」で上演されているとのことを知り
行くことにしました。

正直、大学時代、
勉強らしき?事を全くしていなかったことを
本当に悔いているのですが...(今さら、笑)
唯一、覚えているともいえる
アメリカの女流詩人なのです(*^_^*)

地下鉄の神保町から降りてすぐの所にあるはずなのですが
当然、私は迷いました(笑)

IMG_20170910_085513_017

昔々お勤めしている時、少し年上の方に
「岩波ホールに行ってみたら?名画をやってるよ。」
って言われたことが確かあったのですが
「あ、はい。」
って答えたっきり、名画に興味もなく(笑)
時を経ること30年以上...
初めて行きました。
このところ時を経て、初めて多し(笑)

(お写真の許可いただきました。)
普通の映画館とはやはり雰囲気全然違います。
年齢層高めです。
もしかして...わたし...若手の方?

IMG_20170910_090526_953

壁に上演された映画のチラシが貼られていて
何というか...映画好き、文学好きの人が集まる古き良き喫茶店...みたいな雰囲気があります。
珈琲飲みたくなります☕

IMG_20170910_085937_433


皆さん文学に通じている知的な感じがムンムン
わたし...場違い感半端ない( *´艸`)

BlogPaint

静かにしてよう。静かに。
静かに下向いてよう...
知的に見えるかもしれん(-_-;)ムムム

スマホで調べたら最後の上演時間が一番空いているようだったので
夕方からのにしました。

あ~、良かった。このくらいが好きフフフ

BlogPaint


映画はアマストにあるエミリが実際に暮らしたお屋敷も使わてていて
風景や建物、衣装などアメリカレトロ美しく、楽しめます。


わたしの前に座っていた文学部の大学生と思われる若いカップルは
ウイットに富んだジョークも全て理解できるようで(;゜∇゜)スゴ
(東大近いから東大生カップル?)
二人で顔を見合わせて笑ったり、
女の子は涙したり...
知的な初秋の映画デートを楽しんでいた模様。
素敵ですね^^
主人なら100%寝ます(笑)

内容はやや重く、エミリーの感受性の鋭さやエキセントリックな面が
垣間見えて息苦しくなります。
生きづらい魂。
おおらかでバランスがとれた人とは言い難い。

神様から与えられた不器用で純粋な魂を
全身全霊で受け止め、向き合った人と感じました。

IMG_20170910_133436_791
晩年、白いドレスを着て自然に包まれたお屋敷から出ることなく
無名のうちに亡くなったエミリ。

もしかしたら、今も
引きこもりと言われている若者が
誰にも知られずパソコンに向かって綴っている詩や文が
いつか何かのきっかけで世に出て
人々を癒し、感動させてくれることがあるかもしれない...

静かな情熱はあちこちに
潜んでいるのかもしれない。

そんなことを考えながら
電車に揺られて帰ってきました。


よろしければクリックお願いいたしまぁ~す^^



今日は雨が降っていて梅雨らしいお天気
半袖が肌寒いくらいです。

今年は北側の隅っこに植えたアジサイが綺麗に咲いてくれました。
お隣のおうちとの目隠しのために植えたものですが
P5020715

こちらは山アジサイ
小さな可愛いお花を咲かせてくれました。
花びらの色が白からだんだん深い赤に変化していきます。
こちらも残酷なほど、ほったらかしにしてしまった...

P5020712


数日前、夢をみました。
中学生の時の同級生の男の子で
大学一年生の6月に心臓麻痺で亡くなった子の夢です。

わたしの夢はほとんどが悪夢ばかりで
良い夢はほとんど見ないのですが...
その時の夢はとても明るくて楽しい雰囲気が漂っていて
登場人物が全員笑顔の夢でした。

P5030724

18歳で亡くなったその子は成長していて
多分大学院生(26~29歳??)くらいの雰囲気...
サッカーで有名になって、海外にスカウトされているという設定になってます。
勉強とサッカーの二つのわらじをはく
スーパースターになっているんです(笑)
わたしは主人と二人でその子がお友達から祝福されているのを見ていて
やっと人が途切れたので
「ヒデ、おめでとう!海外に行くの?それとも勉強を続けるの?」
って聞いたら、嬉しそうに、そして恥ずかしそうに
「うん。まだ決めてないんだ。」
って答えてくれて...
そして目が覚めました。
良い気持ち~ 幸せな気持ち~で胸いっぱい...

P4290690

で、
頭がクリアーになって良く考えてみたら
その子の命日、その日だったんです。

毎年6月になるとすぐ、
ヒデの命日を思い出すのですが
今年はいろいろ重なって忘れてしまっていたのです。
(._.)ゴメンゴメン。
きっと6月中には思い出したと思うけれど
過ぎてからじゃさみしいもんね。

多分、忘れないでって
夢に出てきてくれたのでしょうね。

忘れ去られてしまう...
それは存在していなかったことと同じ気がして
一番寂しいことですから。

優しくて、頭がすごく良くて、ユーモアがあって
クラスの人気者でした。

しかし...中学時代のヒデは
サッカーもしていなかったし、運動が得意とは言えず
クラスの腕相撲大会で、運動神経ゼロ、筋肉ゼロのわたしに負けてしまうという
優しい、ちょっと非力な男の子
(^_^;)ゴメ~ン、ヒデ
夢の中の成長したヒデとは全然イメージ違うんです。

この話をお友達にしたら
「もしかしたら、もうその子は生まれ変わって
サッカーをしている青年になっているのかもしれないよ。」
って言ってくれました。
そしてその言葉に
すごく救われました。

P4250530

もし、そういう青年として生まれ変わっていて
それで、もし、もし、もし、息子たちの周りにいるとしたら
良いお友達になってやって下さい。
ってお祈りしました。
何となく...近くにいてくれる気がしたんです。


生家のすぐ傍に生えていた野菊の挿し芽が大きくなって
もう移植に耐えられそうです。
雑草だらけの庭を開墾して(笑)

_20170621_090507

植えてみました。
梅雨は雨が降るので水やりを忘れても
大丈夫そう...

_20170621_090558

秋の父と母の結婚記念日の頃には
つぼみをつけてくれるかしら。

P5020719

アジサイも菊も強いお花。
その健気な強さに救われています。


 よろしければクリックお願いいたしまぁ~す^^




暮らしの博物館の続きです...

二階に上がります...
レトロで素敵な階段ですね。

IMG_20170503_201053_859

算数のお道具箱
かぞえぼう、いろいた、とけい
一個一個にお名前をつけるのが大変。

P3231403

これ、わたし持ってました。
九九マスター器
押すとピョンって答えが飛び出すんです。
なんたるアナログなお品(笑)
BlogPaint

でも昭和の小学生にしては贅沢品。
単語カード(死語?)に
表に九九、裏に答えを書いて
パラパラめくりながら覚えるのが普通でした。


これは何かわかりますか?
ガリ版の筆記用具です。
学級新聞作りました。卒業文集とかね...

P3231407


大きなそろばん
そろばんの授業の時使いました。
わたしはそろばん習っていたので(習わされて、か?)
皆より少しはできて楽しかったです。
小さな優越感~♪

BlogPaint


大きなコンパス
大きさがわかりにくいですが
先生が黒板にこれを使って書くかなり大きなものです。
主人はこれで頭をポカッと叩かれたと言ってました。
今だったら問題になりそうですね(笑)
わたしの小学校5年生の時、黒板の横に竹刀が置いてあって
「精神棒」という名前がついていて
忘れ物したり、悪い事したりすると教室の前に出されて
おしりをたたかれたものです。
わたしも叩かれたことあったな~たしかフフフ
精神棒で精神を注入されたんですな。

P3231410

木の机
これは学校のものではなく自宅用らしいです。
裕福な家庭のもの
って説明書きに書いてありました。

オーダーみたいです。

P3231396
たしか主人の小学校の時の机
大工さんが作ってくれたんですよ。
豪華さは全く違いますけどね。
主人は全く使わずこたつで宿題していたそうですけど。


ぱかってふたが上に開きます。
中が見渡しやすくて機能的
作りがとても細かくて...
欲しい(笑)

P3231399

確かわたしの小学校低学年の頃の学校の机も
木でできていて蓋が上に開きました。
二人くっついている机でしたけどね。
横の子が動くとこちらも揺れて、喧嘩になったりして(笑)
とっても窮屈でした。

小学生の時。こんな感じの教室でした。
もっと古びた、すべてが木でできた
隙間風が入ってくる教室でしたけど。

P3231398

主人に生徒になってもらいました(笑)
なんか教壇から見下ろすと気持ちいい~フフフ
癖になりそうな感覚ですな。

P3231402

た、楽しい。フフフ~♪
主人はとっても大人しい小学生だったそう
先生に通知表に「消極的」っていつも書かれていたらしい...フフフ
本当かな?でも確かにそんな一面はどこかしら残っている気も
ほんの少しですけどね。


初夏の一日
主人と二人で小学校時代に一時ワープしましたよ。

戻りたいです。
わたし。
ちびまるこちゃんの時代に。
P3231425
もう少し暮らしの博物館続きます...to be continued。。。



よろしければクリックお願いいたしまぁ~す^^


にほんブログ村




暮らしの博物館の続きを...
BlogPaint

中はレトロ感満載の展示です。
主人が懐かしがってます。
おとなりの家にポンプがあったそうです。
うちの実家の周りの農家には
小学生の頃、まだ普通に井戸水をポンプで汲みあげてる
おうちがけっこうありました。
昔話に盛り上がる私たち~♪
ってかそれ以外で盛り上がる事はそうない。。。ネ
年を取った証拠?
P3231361
この台所...
わたしの生家はこんな感じでした。確か。
おぼろげな記憶ですが、お台所はお部屋から離れた所にあって
冬、とっても寒くて、湿気も多くて...
そこで祖母が着物の上に割烹着を着て
お料理していた記憶があります。
P3231360
不便で衛生的とは言えないお台所でしたが
祖母はとてもお料理上手でした。
キッチンの便利さ豪華さって料理の腕前に関係ないんだね~ヘヘヘ♪

そして昭和なお部屋。
ってうちの実家とそう変わらない(笑)
P3231384
お約束のポーズ人形。
P3231383
和的なタンスの上に唐突に飾られてましたね。
昭和あるあるの風景...
西洋に対する憧れがムンムン感じられます。
P3231382
お姫様いっぱいの童話の世界感なのかな~

そして黒のダイヤル電話。
懐かしい。
P3231385
母がしょっちゅう電話で話していました。
もう、母と言えば電話。
とにかく回数も多いし長いんです(笑)

もちろん仕事関係の電話はしょっちゅうかかってきますし
お客様とはとっても気を使ってお話ししているのですが
お客様も女の人なので話し始めると尽きることなく....フフフ
自分が電話したくても、母が電話していて、長くなりそうだと
諦めて10円玉を持って近くの公衆電話へ行きましたとさ(笑)

そして、玉のれんをくぐってお台所へ
P3231389
懐かしい....けど...わたしの実家とそう変わらない.
ってかほぼ同じ(笑)
P3231390
玉のれん....懐かしい。
実家にもかけられていたはず。
どこに行ってしまったのかなぁ?
玉のれんごしに見える景色が好きでした。
P3231393
いつか、必ず、玉のれんを復活させるぞ。
心に誓うわたし。

そしてボンボン時計
実家にもあるのですが動くかな?
メンテナンスできるのかしら?
P3231394
そして昭和の子供の遊びはアナログですよ。
バンカーズ
主人はとてもよくやったそう。
わたしはあまり...覚えてません。
P3231374
わたしはこちら
ダイヤモンドゲーム
P3231375
そして「旗源平」
....主人は知らないみたいで
どうもご当地もののゲームみたいです。
P3231369
確か生家で、お正月の頃
その頃わたしの恋人だった(笑)男の子と
一緒に遊びました。
小さい子でもできる
単純なルールでした。

赤ちゃんが生まれたらご近所に配る
ころころ団子
卵みたいで可愛い。
今は多分、配る人はほとんどいないかもしれませんね。
P3231373
だっこちゃん&モンチッチ
わたしの可愛がっていたモンチッチは今どこへ~
P3231376
お約束のブリキのおもちゃ
鉄琴は甲高い可愛い音が鳴ったのを覚えています。
P3231378

そして豆炭あんか
中に火鉢から出した豆炭を入れるのです。
おばあちゃんが入れてくれました。
そして毛布などにくるんでお布団に入れます。
主人は知らないと言ってます???
わたしは確実に使いました。
朝はもう冷たくなっていることも多かった気がします。
P3231395
でも夜はかなり熱くなっているようで
妹はこのあんかで何度か低温やけどをしました。
低温やけどはひどくなることが多く
けっこう深いやけどで大変でした。

でもわたしは一度も
このあんかでやけどをしたことはありません。
熱くなると蹴とばしてしまうんですね。

妹は小さい頃から
物事を気にせず
ぐっすり眠る子でしたね。

性格の基礎って決まっているんですね。
生まれた時にほとんど。

気まぐれに神様が決めるのでしょうか?

この歳になると
つくづくそう感じます。

もう一回、くらしの博物館続きます...to be contimued...

よろしければクリックお願いいたしまぁ~す^^


にほんブログ村




今日は3月3日
お雛祭り...
そしてわたしの大学時代からの友人のお誕生日です。
わたしと正反対の活動的でおおらかな性格の彼女。
不思議なご縁で結ばれている人なので...
朝一でラインでメッセージを送りました。
こんな可愛いラインのグリーティングカードがあるんです。
BlogPaint
わたしの超数少ないお友達の一人の彼女。
お誕生日が雛祭りだから、忘れっぽいわたしでも
いつも忘れないですんでます。
これからもよろしくです(´ー`)♥


このフォーマル感漂うワンピース
これはもう30年以上前の君島一郎さんのプレタポルテ....ホホホ...
を母が真似して作ってくれたものです(笑)
わたしがお嫁に行く時
もたせてくれたものです。
本物そっくりに出来上がっています。フフフ
だってプロだもん母。
昭和レトロなフォーマルワンピースです。
_20170206_131531

たしかお店のショーウインドウに飾られていたこの形のお洋服を
何度か足を運んで見に行って記憶して(笑)
母なりに再現してくれたものなんです。

もちろんわたしのサイズに合わせて作ってくれた完全オーダーメイド。
今思えばあり得ないほど贅沢ですが
あの頃はそんなに有り難いとも思ってなかった気がします。
何しろ自分ちの商売なので...フフフ
生地やボタンやその他モロモロ
在庫のものや問屋さんで安く仕入れられたものを使えば
買うよりずっと安く仕上がります。
ほぼただの場合も....ヨクアル

_20170206_131429


少しマーメイドラインで大人っぽい感じもあり
結婚してから太っても良いように(想定内、笑)幅は少し大きめにしてくれました。
実はわたしはこの形がそんなに好きではなく...
けど、子供たちの式典やなんかに何度か着ました。
別珍の部分も全然スレがありません。
そんなに着てませんから。

DSC_5172

残念ながらそんなに出番のなかったこのワンピースですが
最初に着た時の事は良く覚えています。

結婚式を挙げたホテルが、確かその年のクリスマス?かな?
何かで、ホテルで催されるディナーショーに無料招待してくれるのですが
その時に初めて着ました。

懐かしいですね。

それでその時の歌手の方が
ジョーンシェパードさん...
千昌夫さんの元奥様です。

何だかぁ...良く...覚えてませんが
知らない外国の曲ばかりで...
ものすごい迫力で歌い、踊っていた姿だけをぼんやり覚えています。

実はその結婚式を挙げたホテルもいよいよ店じまいするみたいで
もう一度だけホテルのレトロな喫茶室に行きたかったんですけど。
もう間に合わないかな。
仕方ありませんね。
周りに比べればずいぶん昭和レトロなホテルですから。
でも淋しいです。


ちょと着てみたのですが...
マーメードラインが...なんか...ムチムチで...
あんこの詰まりすぎた鯛焼きみたいで...ハハハ

このワンピースも処分することにしました。
もう着るチャンスもないでしょうし
やはり肩パットが入っていて時代を感じます...
母に感謝しつつ...

庭に植えた球根のクロッカスが一つ咲きました。
黄色です。
また次々咲きそうです。

P1210166

三月も忙しくなりそうです。
何とか乗り越えなくちゃ。
今日お誕生日のお友達のパワーと心がけを見習って。。。


よろしければクリックお願いいたしまぁ~す^^


にほんブログ村


実家にはそんなに長く居られないので
毎日用事をこなすべく奔走するしかありません(笑)。


この時期の雪国のお天気は変わりやすく雪とまではいかなくても冷たい雨風だったりして
長靴ブーツを履いてバスに乗って回りました。
P1070527
きちんと準備してきたつもりでしたが
やはり足りない書類が発生...はぁ~(;´∀`)
だからと言ってちょこっと戻れるような距離じゃない。
たまらなくめげる瞬間...煩雑です。

DSC_3034


ほんの一日良いお天気の日がありました。
用事の合い間に生家の近くのいつもの神社に顏を出しご挨拶に。
生家も実家もそう近くはないのですが基本的には市内なので
行こうと思えばすぐに行けます。

実家に戻ってくると、ここに来ないと気がすまなくなっている自分がいる。
日陰はまだ雪が解け残っています。


P1070534
今日は手水には白い椿が添えられています。
P1070530
いつもの可愛い三人の神様にご挨拶
雪の帽子をかぶっている時には来れなかったな。
P1070533
この頃この神社にはお参りしたり、お願いしたりというよりも
近況を報告するという感覚になってきました。
BlogPaint

用事をこなしている最中はもちろん大変ですが
遠い実家にやるべきことを残していると感じている長い時間の方がよっぽど苦痛です。

この頃になって...
ホント、母も父も亡くなってしまった今頃になって
自分の実家が遠いことを、つくづくと嫌だと感じるようになりました。

子育ての時も、ほぼ10年に一度くらいの割合でしか実家に戻れなかったし
全く知らない土地で、頼る人もなく
一日たりとも子供を安心して誰かに預けることができませんでしたが
その時よりも、今の方が
本当に実家が遠いのは嫌だな...って感じるのはなぜでしょうか?

父と母、その娘としてのわたしの人生が終わってしまって
振り返ってみると両親と孫とわたしと
その関係の中で、共有したかった部分や風景が
全くというほど
共有できなかったからでしょうか?

電話魔の母から、電話は嫌というほどかかってきましたがねフフフ。
やはり電話だけでは現実問題、埋められないものがありますね。

それとも...、ただ...、
わたしが年を取ったからでしょうかね(笑)
IMG_20170219_095410_211
もう、小学生たちが帰ってきました。
わたしもずっと生家で育っていたならこの子たちと同じ小学校だったはず。
夕方になってしまう~
もう、次の用事に取り掛からなければ...
IMG_20170219_094948_883
でも、母とあまりに近くに住んでいたら
自分対しても、わたしに対しても厳しい母に、いろいろチェックされて(笑)
も~う大変!だったかもしれませんね。

母は正論でバンバン攻めてくる人でしたからね。
到底かないませんフフフ

よろしければクリックお願いいたしまぁ~す^^


にほんブログ村


大学時代、お世話になっていた寮へ行くことができました。

お友達が声をかけてくれたのです。

今までに一度だけ、行く機会がありましたが
寮の中には入れなかったのです。

今回、それこそ30年以上ぶりに潜入(笑)することができました。

わたしの大学時代の良き思い出の原点である場所

もう、すっかりお店が変わってしまった商店街を通り抜け
細めの路地に入っていくと
...見えてきました。
前にあったおうちが壊されていて
建物が見えてきました。
IMG_20170212_130222_036
近くまで来てみるともうすっかり様変わり。
新しくなったと聞いてはいたのですが...
昔の面影はほとんどありません。
IMG_20170212_130114_438
お玄関もまるでおうちのよう。
昔は小学校の玄関みたいな雰囲気でした。
わたしがいた頃、寮母さんをして下さっていたシスター方にもお会いすることができました。
わたしはそんなに印象が濃いタイプではなかったので
わたしの事を思い出していただくのに、しばらく時間がかかってました。
まぁ、当然ですが、完全に年をとってますからね。わたしフフフ
BeautyPlus_20170216021933_save
寮の中を案内していただきました。
アットホームな雰囲気事体は同じですが
とても可愛い、おうちのような感じですね。
昔はまさしく「寮」という造りでした。

ここは毎日のお祈りをするお部屋です。
わたしたちの時はお御堂まで毎晩行きましたが
今はこのお部屋で行われるようです。
くつろげるリビングのようですね。
IMG_20170215_091237_622
娘がいたらここに住んでもらいたいものです。
いやいや、自分が今住みたいくらいです。

清らかなマリア様の像
欲しくなっちゃう。
IMG_20170215_090055_359
わたしたちの時は門限が9時で、連絡を入れれば10時まで大丈夫でした。確か。
遅れそうになると駅からハイヒールで突っ走ったものです。
とにかくたった一分遅れただけでもシスターの表情が豹変してしまうんですよねぇ。
今も門限はあるそうです。
今時ですかね?
でも、手作りの温かいお夕飯が待ってますからね。フフフ

あらかじめ登録してある(笑)親戚、友人の家には届け出を出せば泊まれます。
ただし、絶対届け出を出さなきゃいけませんよフフフ
親にもちゃんと連絡がいきますからね~
わたしたちの時代でさえ窮屈で出てしまう子も少しはいましたからね。
今は少しは規則は緩くなったのでしょうか?

懐かしい~
お風呂の順番表です。
お風呂は小さなお風呂がいくつかあって一人で入れますが、順番です。
表に記入して順番を取るのですが人気のある時間帯をとるのは大変でしたよ。
BeautyPlus_20170216032558_save
正直言ってすべての中で昔の面影を残しているのは
このお風呂の順番表だけです(笑)
昔は食堂の入り口にある黒板でしたけど。

洗面所で髪を乾かしながらおしゃべりしたことを懐かしく思い出します。
あの頃聖子ちゃんカットにブローするのがトレンドでしたからね。
あ~懐かし~
今は、まず、白髪染めが先決ですフフフ

電話も公衆電話が二台しかなくて
みんな10円玉をいっぱい持って並んでました。
いつも気をもんでいましたよ。
なんせ電話も10時半までしか使えませんから。
自分の一人前で
「はい。今日は終わりです。」
って言われた時のあせり、怒り、失望は忘れられませんわ~。
今みたいにスマホがあればどんなにスムーズだったでしょうか!
きっと交際範囲も全く違っていたでしょうね。
つくづく時代を感じます。


お庭のマリア様はあの頃のまま
IMG_20170212_120858_007
この前で撮った写真があったはず。
どこに行ってしまったかなぁ...
今度訪れるのも30年ぶりだとすると
もう80歳をゆうに超えてしまうよ~なんか怖いな~
その頃は、もしかしたら寮じゃなくて...
介護施設に入っているかもしれませんね。わたしたちフフフ。
ただし、生きていればですけれど。

 
よろしければクリックお願いいたしまぁ~す^^


にほんブログ村


このページのトップヘ